JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 176
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

現在、アメリカに滞在中で、主人はアメリカ人です。近々、二人で日本へ移住しようと思っているのですが、主人の方に犯罪歴が

解決済みの質問:

現在、アメリカに滞在中で、主人はアメリカ人です。近々、二人で日本へ移住しようと思っているのですが、主人の方に犯罪歴があります。激しい夫婦喧嘩の末、警察沙汰になり、相手がDVで執行猶予1年を課せられました。日本にただ入国するだけなら大丈夫だと思うのですが、家族滞在ビザを申請する際に正直に答えた方がいいのでしょうか?地方入国管理局が手続きなどを行っていると思うのですが、こういうことはいずれバレてしまいますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

1.DVが起こったのはいつですか?

2.DVで有罪になったのは、どこの州でですか?

3.DVで有罪になったとき、司法取引に応じて判決と刑が確定したと思いますが、Judgement/Sentenceやplea agreementに書いてある判決と刑をそこに書いてあるとおりに書いてもらえますか?

4.そこに、diversionやdeferred prosecutionやstipulated order of continuanceなどの記載がありますか?

5.例えば、1年間刑法違反行為を何もしなければ、chargeをdismissするなどの司法取引の条件を提示されそれに応じましたか?

6.「DVで執行猶予1年」というのを、具体的に裁判所の書類に書いてあるとおりに説明していただけますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

1. 去年の10月と今年の1月二回です。


2. カリフォルニア州です。


3. 4. すみません、私の手元には書類がないのですが、一度目のDVで一年の執行猶予後、dismissされる予定だったのですが、二度目の時にそれが帳消しになり、一度目のDVがcase closedで禁固20日程、二度目のDVがdismissになりました。ProbationはDVのセミナーに週1で一年間通うというもので、それが2ヶ月以内に終わります。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
正確には、やはり裁判所書類を見ないと判断できませんが、こちらに書いていただいた記載だけで判断しますと、一度目のDVがProbation revocationで有罪になっている印象を受けます。ですので、日本へのビザ申請書類の「有罪になったことがあるか」の質問には、YESと答える必要があると思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

質問は、そこでNOと答えると、バレるのかです。日本の組織がアメリカ人のcriminal recordをいちいちチェックするのかをお教え願います。

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

日本への一時的な入国には入国カードに犯罪歴の欄にNOと書いたとしても、入国審査は通ると思います。

日米間の間で犯罪歴やその他の情報は常時つながっていません。

ただし、これから日本で移住される場合、奥さまがアメリカ人の旦那様の永住権申請をしなければなりません。そこには必ずこう書いてあります。

 

 

【永住申請するための条件】


 『素行が善良』

  前科(犯罪歴)が無い
  きちんと納税している(原則過去3年間の納税証明書)
  善良な市民として生活している

 

日本サイドの行政書士、または外国人のビザを扱っている専門の弁護士さんのHPには必ずこう書いてあります。

私には前科があります。
質問:私には前科があります。永住ビザ・永住権を申請しようと思うのですが、何か問題になりますか。隠して申請すれば入管にばれる事はないですか。

答え:そんな事は ありません。永住ビザ・永住権は、他のビザと比較して、在留管理、在留活動、在留期間等、ビザ取得に対する高いメリットがあります。しかし、永住ビザ・永住権の審査はとても厳しいものです。簡単に取得できるビザではありません。永住ビザ・永住権を申請すると、入管は前科照会を行います。前科を隠して申請してすることは出来ません。では、前科があれば永住ビザ・永住権は取得できないのでしょうか。もちろん、前科は無いに越したことはないですが、その一事をもって必ず永住ビザ・永住権が取得できないわけではありません。当事務所では、申請人の方が過去の過ちを深く反省し、正直に申告することによって、永住ビザ・永住権を取得した実績があります。

 

ですので、必ず日本に入国されて永住権申請を行う時に、日本の行政書士や移民法をされている弁護士さんにご相談された方が良いと思います。

日本にはまだ背番号がついていませんが、アメリカにはSocial Security Numberがありますので、奥さまでさえも100ドルほど支払えば旦那様の犯罪歴を24時間以内に調べることができます。オンラインでオーダーすることができるのです。そこには、民事、刑事で訴追されたことが全部出てきてしまいますので、必ず日本の専門家の方にご相談されることをお勧めします。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答、ありがとうございます。


 


度々、申し訳ないのですが、家族ビザを取得することに問題はあるでしょうか?永住ビザは10年滞在してからになるので、その間に前科をexpungeしようと思います。


 


色々、調べたところ、在米日本領事館でビザを申請すると、調べられる確立が高いとあるので、観光ビザで入国、家族ビザに国内で切り替えをしようと思っています。


家族ビザ申請の際、移民局が前科を調べるということはありますか?

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

残念ながらご主人様の前科を調べられる可能性はあります。

ただし、上にも記載したように・・・

 

もちろん、前科は無いに越したことはないですが、その一事をもって必ず永住ビザ・永住権が取得できないわけではありません。当事務所では、申請人の方が過去の過ちを深く反省し、正直に申告することによって、永住ビザ・永住権を取得した実績があります。

 

・・・と書かれています。

これはある弁護士事務所のホームページに記載されていたQ&Aです。

 

ですので、家族ビザ申請の際、ご主人の件で専門家にご相談されることを強くおすすめします。

 

ご主人様の場合、殺人、テロ、麻薬取引、誘拐に関与されているわけではありませんので、申請が通らないとは思えないのですが(アメリカの場合でも同じですから)、100%の確証はなく、どのようになるかは実際に日本の専門家の方に相談されてみて、申請を行ってみないとわからないと思います。何か問題視された場合は、夫婦喧嘩があくまで原因だったわけですから、そこを強調して申請をされることが一番だと思います。

 

日本のように民事不介入と違い、アメリカではちょっとした口げんかでも、それを聞いた周りの人が警察に通報してしまうと、逮捕・訴追されてしまうケースが多々ありますので、なるべく喧嘩しないようにしてくださいね。

 

 

legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 176
経験: Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問