JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

私は日本人男性で米国人女性と結婚していてグリーンカードを保持しています。今、私事で日本に帰ってきてますが、一年ぐらい日本に滞在する事になります。アメリカを出る前にRe

解決済みの質問:

私は日本人男性で米国人女性と結婚していてグリーンカードを保持しています。今、私事で日本に帰ってきてますが、一年ぐらい日本に滞在する事になります。アメリカを出る前にRe entry permitをとらずに出てきてしまいました。一年以上アメリカを離れるとGC剥奪と移民局のホームページに乗っています。なので6ヶ月以内に日本から一回アメリカに数日帰って、それからまた半年日本に居ようかと思っておりますが、それでは問題になりますか?あとそれをもう一回ぐらい続ける事は可能でしょうか?私の生活基盤はアメリカにありますが、個人の用でどうしてもこの期間を居なくてはならないのですが。日本に来たのは2012年の7月半ばで2013年の9月まで在日したいのですが。本来ならRe entry permitをとっておけば一番良かったのですが、ばたばたして忘れていました。何か良い知恵、アドバイスがありましたら、よろしく御願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

ひとつ確認したいのですが、ご質問の中で「日本に来たのは2012年の7月半ばで2013年の9月まで在日したい」とありますが、これは、2013年7月の半ばに日本に来られて、2014年の9月まで日本に居たいということとの間違いと考えてよろしいですね。

海外、本件の場合は日本ですが、Re-Entry Permitを申請することは、可能です。

日本国内からの申請は、在日アメリカ大使館 Visa 査証課に申請を行います。

アメリカに居住する意思を放棄するものではないということを示すために、以下の項目のいくつかを満たす必要があります。全部である必要はありませんが、多くの条件を満たしていると、居住の意思を放棄していない根拠になります。

1. 税金申告をすること。
2.米国の住所を保持する
3.米国の銀行口座を保持する
4. 米国の運転免許保持。
5. 米国のクレジットカード口座。
6.米国にある財産の所有権
米国における財産、例えば、家、コンド、事業、自動車などの所有権を継続的保持。
7. 長期外国滞在の理由書
雇用契約書:長期滞在任命で米国を離れる前に雇用主からの雇用契約書を保管。契約書には雇用に関する条件、雇用期間を含むものが望ましい。(Notary Public.)。
8. Social Security Number :
Social Security Card を必ず保持し、米国再入国の際、携帯すること。
9.グリーンカードの有効を保持する
グリーンカードを更新し有効なものを保持すること。

ご参考になりましたでしょうか?

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

奥山さん


 


早速の返事、ありがとうございます。


2013年7月の半ばに日本に来て、2014年の9月まで日本に居たいということに間違いありません。


 


Re-Entry Permit申請を日本から出来るとは知りませんでした。どうもありがとうございます。


奥山さんが言ってくれた九つの物はほぼ全てありますが、一番説明の難しい物は7の長期滞在の理由書になります。日本に帰ってきたのは夫婦で沖縄で空手をするためです。ですので会社の雇用主など特にいないのです。素直に空手をするために日本に来たっていう理由をいっても差し支えないのでしょうか?もしそういう理由でも大丈夫なのであれば、私の空手の先生から推薦状みたいなものを書いてもらった方がよろしいのでしょうか?もしこの理由が良くなければ他にアドバイスを頂けたら助かります。どうぞよろしく御願いします。


佐藤

質問者: 返答済み 3 年 前.

奥山さん


 


在日米国大使館に確認したところ、米国外でRE-Entry Permitを申請することは、不可能だそうです。


 


今年の12月に一度アメリカに1週間くらい帰って、2014年の9月位までは日本にいたら問題になると思いますか?


 


大使館のウェブサイトをみると「米国外に12ヶ月以上滞在した場合、永住者としての資格を失うことになります」とあります。一度その間に米国に帰れば大丈夫なのでしょうか?


 


もし何かあればよろしく御願いします。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
いつから、大使館でRE-Entry Permitが申請できなくなったのでしょう?以前、お母様の病気の看病に飛び出して(倒れられたので、RE-Entry Permitを申請している場合ではありませんでしたし、1年以上になるのか全く分かりませんでした)、Re-Entry Permitを日本から申請されました。

そのような場合では今回はないということでしょうか?

そうですね。現在の米国大使館のWebsiteでは、大使館ではファイルできないとなっています。情報が古かったようです。申し訳ありませんでした。

移民局の情報では、Re-entry Permitの申請は確かに米国内でしかできませんが、アメリカを離れてしまった場合は、Form N-470 http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.5af9bb95919f35e66f614176543f6d1a/?vgnextoid=1e6678264614d010VgnVCM10000048f3d6a1RCRD
をFileすれば、Green Cardのステイタスを保持できるようです。

「Form N-470」でググっていただくと、詳細が出てきます。

ご提案の1度アメリカに戻るも選択肢としてはあり得ます。Re-Entry Permitをファイスrする際はアメリカに居ないとだめです。Permitは、行先の大使館で受け取ることも可能です。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3322
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3322
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    443
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問