JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

実は、ラスベガスの弁護士さんへの依頼を既に起こしており、ただ、弁護士費用は高額です。この事件に関して、相手側は非の打

解決済みの質問:

実は、ラスベガスの弁護士さんへの依頼を既に起こしており、ただ、弁護士費用は高額です。この事件に関して、相手側は非の打ちどころが無いと言っても過言ではないでしょうけど、専門家に言わせると勝てば弁護士不費用は相手側に請求することが出来るとのことです。例えばこのケースの場合一体どのくらいの被害額を要求したらいいのか検討もつかないのですが、何か被害額を決める基準というのははあるんでしょうか??
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

このご質問は、先に頂いたLas VegasでのHairdressorにより事故のケースに関連していると思いますが、そのことでよろしいでしょうか?

それを前提にお答えします。

相手のサロンもProfessional Liability Insurance(ヘアアイロンによるダメージ、過度のブリーチなどの施術ミスをカバーする保険)に入っているはずです。その辺の事情は、ヘアサロン相手にPersonal Injury訴訟を手掛けた弁護士さんであることを確認されることが必要だと思います。

被害額は、
1.もし、その日の料金を払ったなら(これはまずないとは思いますが)返せ。
2.修復するのにかかった費用を弁償しろ
3.やけどなどを負っていて、病院にかかった医療費を払え
4.こうした別のサロンに行く、病院に行く時間、仕事を出来なかった分の請求
5.精神的なダメージ
6.非常に初歩的なミスでそうしたありえない不注意による施術ミスへの賠償金
7.その他
を、総合した金額になります。

1.から4.は明確な金額が出ますが、5.や6.は、弁護士の経験、ネバダ州の裁判所で過去に出た判例、、、そうしたものを検証して、決めていくことになります。

ご参考になりましたでしょうか?

奥山
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
昨日、お返事をさせていただいておりますが、ご参考になりましたでしょうか?

参考になれば、ご承認を賜りたくお願い申し上げます。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問