JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 175
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

グリーンカード申請中で、本日USCISから書類の再提出を求めるレターが届きました。 配偶者は日本人ですがアメリカ市民権を取得しています。再提出はI-864関連で1つ目は"

質問者の質問

グリーンカード申請中で、本日USCISから書類の再提出を求めるレターが届きました。
配偶者は日本人ですがアメリカ市民権を取得しています。再提出はI-864関連で1つ目は"submit a complete federal income tax return"とあります。ただ、過去3年間分のtax returnの書類は送ったはずなのですが、何か漏れがあったということなのでしょうか。
2つ目は"the income did not meet 125% of the federal poverty line"と言われています。配偶者は2013年から年金生活で年金額は125%を軽く超えていますが、2012年は日本から預金の送金での生活だったため納税はしていません。2011年は収入はありましたが、125%を超えていないレベルの額でした。このことで別にスポンサーを立てる必要などはあるのでしょうか。過去の収入は確かに足らなかったけれども、今年以降は間違いなく収入の目途が立っているのですが。

以上、ご回答いただけますと幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

ご指名ありがとうございました。

 

2013年に永住権の申請をされたのですよね?

その場合、2012年度、2011年度、2010年度の収入証明を提出しなければなります。

1040というフォームを3年間分を提出しなければなりません。それに添えてW-2フォームが必要になります。

2012年度を預金生活されていたため、再提出を求められたのです。

預金は収入とみなされないため、それではスポンサーの条件を満たさないのです。

また不動産、預金などの資産はは収入と満たされません。

 

永住権は連邦政府の管轄なので、郡や州での担当者だと不十分な場合があります。

必ずハワイのHomeland Securityにお電話されて確かめられることをお勧めします。

Hawaii
3949 Diamond Head Rd.
Honolulu, HI 96816
Phone: 808/733-4246
Fax: 808/733-4499
http://www.dhs.gov/redirect?url=http%3A%2F%2Fwww.scd.state.hi.us

 

永住権も年々取得が難しくなっていますが、早く取得ができますことを願っています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


 


2013年の8月中旬に申請書類を提出しました。


郡の担当者では不十分なのですね。。。


同じ担当者のサポートで申請した知人は順調に3か月でグリーンカードが取得できていたのでかなりがっかりしています。


 


form1040は、W-2と合わせて3年分は提出していますが、おっしゃるように2012年度が預金での生活だったため認められなかったということですね。


この場合、別にジョイントスポンサーが必要ということでしょうか。


ジョイントスポンサーはtax returnの書類などのほか、金銭的な負担がかかるということはありませんか?


 


また、uscisからのレターには、ドキュメントのfull translationを送るようにとありました。あまりにも些末な内容はtranslateしなかったのですが、一言一句翻訳する必要があるのでしょうか。


 


また、永住権取得が厳しくなっているとのことですが、わたしの場合、取得できない可能性はありますか?ジョイントスポンサーがつけば収入の件は問題ないと思うのですが、配偶者が3月に市民権を取ったばかりだということがマイナスになることはありますか?


 


いろいろ細かいことで恐縮です。。。


 


 

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

何の書類の翻訳を求められたのでしょうか?

配偶者の方が市民権を取られたことはとても優位なことです。

反対に言えばアメリカ市民権がなければあなたの永住権申請はとても難しく、最低10年は申請しても取得できない可能性がありますから、優位なはずですよ。

ちゃんと、3月に市民権を取得されてから、8月にお客様の永住権を申請しているので、それは問題はないはずです。

ただ、永住権を取るということは、その人を金銭的にサポートできるかどうかということを証明しなければならないのです。

アメリカは難民や生活保護者をたくさん抱えて、国の問題になっていますから、永住権を発行した挙句に生活の保障を政府がみるわけにはいかないため、年々厳しくなっているのです。その一番の例が、永住権申請料です。2007年では700ドルちょっとだったのが、2009年には2000ドルになっています。つまりアメリカで収入があり、永住権を申請した人を金銭的にサポートできるかどうかを一番に確認したいのです。

通常、余程配偶者の方が金銭的に困ってない限り、ジョイントスポンサーに迷惑がかかるとは思いませんが、その方のバックグランドチェックの申請書G-325の申請に必要なお金はお客様か配偶者の方が支払うべきだと思います。

ジョイントスポンサーに関するG-325の申請書類は是非Homeland Securityに確認されてください。

 

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

Affidavit of Support(ジョイントスポンサー)の項目が書かれているサイトです。

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=720b0a5659083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=720b0a5659083210VgnVCM100000082ca60aRCRD

 

ここに書かれているI-864というフォームの申請料はゼロです。

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.5af9bb95919f35e66f614176543f6d1a/?vgnextoid=b70f8875d714d010VgnVCM10000048f3d6a1RCRD&vgnextchannel=7d316c0b4c3bf110VgnVCM1000004718190aRCRD

 

こちらがスポンサーの方のPoverty Lineのガイドラインです。

http://www.uscis.gov/files/form/i-864p.pdf

お客様はハワイですのでハワイの欄のfor all other sponsorsのところを見てください。

お客様の場合、配偶者の方と2人ですので、22,312ドル以上の年収がお客様のスポンサーになるために必要となります。

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

最後の質問の回答をいただけなかったのは残念ですが、基本的なところは理解できました。ありがとうございました。

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

最後の質問に回答したと思ったのですが・・・

 

また、永住権取得が厳しくなっているとのことですが、わたしの場合、取得できない可能性はありますか?ジョイントスポンサーがつけば収入の件は問題ないと思うのですが、配偶者が3月に市民権を取ったばかりだということがマイナスになることはありますか?

こちらですよね?

 

今のお客様の状況だと、永住権取得は難しいです。

1)配偶者の方が3年度分の収入証明ができてない。

2)ジョイントスポンサーが決まってない。通常は親戚なのですが、配偶者の方の親戚がアメリカにいらっしゃいますか?その方がご家族持ちだった場合、あなた達二人を合わせて、先方のご家族の人数を合わせた数でPoverty Line以上の収入が過去3年分ないと難しいです。

 

配偶者の方がアメリカ市民権を取得されたことはとても有利だと思います。

アメリカ市民である方の永住権取得は収入証明のところが明確になれば、最短で3か月で取得できます。しかし収入証明ができなかった場合は、配偶者の方の収入証明が次回確実になるのは、2013年、2014年、2015年なので、申請が2016年になるでしょう。

 

ジョイントスポンサーは上記のサイトに載っていますので、その条件に見合った人を探さなくてはなりません。なかなか友人の方では難しいと思いますが、頑張ってください。

 

評価ありがとうございました。

アメリカの法律 についての関連する質問