JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 199
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

アメリカ人の前夫と離婚後の300日以内に出産。戸籍に生まれた子の実の父親の名を載せられない状況です。裁判の手配はして

解決済みの質問:

アメリカ人の前夫と離婚後の300日以内に出産。戸籍に生まれた子の実の父親の名を載せられない状況です。裁判の手配はしておりますが、前夫の本国法を提出できずにプロセスが中断している状況です。いったい、本国法のどういう内容のものを裁判所に提出するのですか?どんなに探しても、300日以内の問題にふれている州法を見つけられません。ちなみに、子と子の実父と私のDNA鑑定は済んでおります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

1.アメリカ人の前夫が生まれた子の実の父親ですか?それとも子の実の父親は別の男性ですか?

2.アメリカ人の前夫が生まれた子の実の父親でないとすると、「前夫は子の父親ではない」という扱いを家庭裁判所に求めていると理解してよろしいですか?

3.「アメリカ人の前夫の本国法提出を求められている」という点をできるだけ詳しく説明していただけますか?

4.アメリカ人の前夫は、アメリカのどの州の住民ですか?アメリカ国外にいるアメリカ人がどの州の住民にあたるかは、例えば、選挙人登録をどこの州でしているかなどで判断します。

5.お子様が生まれたのは、日本ですか、アメリカですか?アメリカとすれば、どこの州で生まれましたか?

6.お子様は何年何月何日に生まれましたか?

7.離婚が成立したのは、何年何月何日ですか?

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
今晩わ、返答有難うございます。質問の返答ですが、1. 子の父親は別人です。2. 戸籍に前夫の名前が、子の父親として記載されるのを避けたいので、家庭裁判所に民事裁判として扱われ、申請しました。3. 前夫の本国法の提出を求められています。米国では、州によっても法律が異なりますね。ちなみに、前夫は、現在ワシントン州、シアトル在住です。裁判所曰く、この裁判に関係するような本国法が知りたいそうです。しかし、どんなに調べても、ワシントン州法が、離婚後に産まれた子に関する記述が見つけられません。dna鑑定の結果で親が確定される。などの記述を探しているのですが。。4. 前夫は、ワシントン州シアトル在住です。彼の運転免許証と光熱費請求書のコピーを貰いました。住民票の代わりになるかと。。5. 子が産まれたのは、沖縄。日本です。6.去年の12月31日に30週と0日で、産まれました。ちなみに、予定日は2月27日でした。7. 離婚成立日は、平成24年、5月29日です。追記平成24年 4月27日から、アパートを契約しまして、前夫とは別居をしつたいました。し かし、住民票を移したのが離婚後なので、別居の確定が難しいかと。。彼は、平成24年5月下旬に米国へ帰国しております。ちなみに、排卵、着床の判断も考慮しましたが、離婚前に引っかかる模様です。かなり 、プライベートな事ですが、最終月経は5月20日開始でした。親子関係不在の申し立て。に変更できますか?と裁判所に尋ねたところ、それでも前夫の本国法の提出が必要だと言われました。ちなみに、ワシントン州での離婚成立日は二月になっております。十月に提出したそうですけど、役所で二月にしか成立出来ないと言われたそうです。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

1.「この裁判に関係する本国法」というのは、ワシントン州では、Chapter 26.26 RCW Uniform Parentage Act のすべてです。

2. 離婚後300日以内に生まれた子については、前夫を父親と推定すると定めているワシントン州の法律は、RCW26.26.116(1)(b)です。

 

3.「dna鑑定の結果で親が確定されるなどの記述を探している」という点については、ワシントン州の法律RCW26.26.420(1)で、次のように定めています。

(1) Under this chapter, a person is rebuttably identified as the parent of a child if the genetic testing complies with this section and RCW 26.26.400 through 26.26.415 and 26.26.425 through 26.26.450 and the results disclose that:

(a) The person has at least a ninety-nine percent probability of parentage, using a prior probability of 0.50, as calculated by using the combined parentage index obtained in the testing; and

(b) A combined parentage index of at least one hundred to one.


数年前、利益相反マネージメントというプロジェクトのマネージャーとして琉球大学で勤務していました。当時、単身赴任で宜野湾市に住んでいました。沖縄でお子様が健やかに育つことを願っています。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問