JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 216
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

初めてまして。よろしくお願いたます。私は 東京に在住です。彼はalaska州anchoregeに住んでいるアメリカン

質問者の質問

初めてまして。よろしくお願いたます。私は 東京に在住です。彼はalaska州anchoregeに住んでいるアメリカンです。私達は約13年付き合っています。最後に一緒に過ごしたのは12年のサンクスギビングデーです。毎年4.5回アメリカで過ごして居ました。今年の3月ごろに メールでライフスタイルを変えたいと、メールがあってから今日まで連絡がとれなくなくなりました。この間、4年前に一緒に生活をしたいという彼との間で、彼から日本語と、英語の解る正式な意見を聞きたいということからhawaiiの弁護士さんから意見を聞きました。結果、フィアンセビザを取るのが一番だが3年間日本に帰れないという事で私的に無理だったのでのばしてきました。でも彼が私のためにとanchoregeのダウンタウンにコンドミニアムを購入し私は其処に私物をせっせと運びました。今その私物を返して貰いたくても連絡が取れない不安と、こいう場合慰謝料等の請求とか含めてどうしたらいいのか悩んでいるので教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

1.「英語の解る正式な意見を聞きたいということからhawaiiの弁護士さんから意見を聞きました」というくだりですが、意味がよく分からないので、もう少し説明していただけますか?

 

2.あと、米国の移民法上は、婚約者査証を取得したからといって「3年間日本に帰ることができない」ということはないと思います。この情報を受けられたときの状況を説明していただけますか?

 

3. 私物を日本から郵送した証明や、長期に渡って交際していたことを証明できるものはありますか?

 

4.「彼が私のためにとanchoregeのダウンタウンにコンドミニアムを購入し」というのは事実だと思いますか、嘘だと思いますか?

 

5.「anchoregeのダウンタウンにコンドミニアムを購入し私は其処に私物をせっせと運びました」ということは、日本から郵送したということと理解してよろしいですか?

 

6.「anchoregeのダウンタウンにコンドミニアムを購入し私は其処に私物をせっせと運びました」という点ですが、日本から郵送したということとしますと、郵送先(アドレス)は分かっていたということと理解してよろしいですか?そのアドレスは、PO BOXなど、私書箱になっていますか、物理的な居場所を特定できそうなアドレスですか?

 

7.アメリカ人の「彼」のソーシャルセキュリティーの番号(社会保障番号)など、個人を特定できる情報をお持ちですか?

 

8.「彼」が犯罪を犯したり、刑務所や麻薬中毒施設などに収容されている可能性は考えられますか?

 

9.「彼が私のためにとanchoregeのダウンタウンにコンドミニアムを購入し」たとお聞きになったのはいつですか?そのコンドミニアムに行かれたことがありますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速お返事頂けて嬉しく思います。 1)彼は私が英語能力的に 英語だけの弁護士だと理解できないといけないと思って、日本語で私に説明できる方という意味でhawaiiの弁護士を 選びました。彼は日本語は全くわかりません。当時 アメリカに何度も入国するのでイミグレーションから彼に電話をして何の為に何度もアメリカに入国するのかと話を聞かれたそうです。フィアンセビザはとってから一年以内に結婚して、その後三年は日本に帰る 事ができないと言われました。 2)私は現在もですが、エステサロンの店を銀座で経営しています。当時は2・3ヶ月一度二週間休みをとって彼に会っていました。彼はイギリスのオイル会社bpのエンジニアです。彼はもっと会いたがていましたが、これが最大限でした。 3)郵送では無く、スーツケースに入れて毎回私が持って行きました。 彼からのeーmail、彼からの電話の留守電の声、デルタ航空の渡航履歴など有ります。 航空券のボーディングパスは、彼がビザを取るのに必要と言う事から会うたびに彼が保管していました。 4)i buy you.と言った彼の言葉は真実だと思うし、家具も私の趣味で選んだし、インテリア以外も水周りのタイルやデザインも私の意見で決めました。彼の家族や、兄弟も来てお祝いもしました。お姉さんにセンスを褒められました。 5)自分で飛行機でスーツケースに入れて運びました。 6)xxxx xxxx xxxxxxxxxxx Alaska Jxxxx C Jxxx 1959/5/ 30 7)パスポートのコピーはあります。 大学生の時の古いidカードを持っています。 両方とも彼から渡された物です、イミグレーションで聞かれて困った時に私の彼だと言って見せるようにと。 8)無いと信じています。 9)4年位前だと思います。 何度も行って過ごしています。 二月迄は普通のメールでしたが、三月から変わってしまいました。 予定では五月にanchoregeに行く予定でいました。 どうぞ宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速お返事頂けて嬉しく思います。 1)彼は私が英語能力的に 英語だけの弁護士だと理解できないといけないと思って、日本語で私に説明できる方という意味でhawaiiの弁護士を 選びました。彼は日本語は全くわかりません。当時 アメリカに何度も入国するのでイミグレーションから彼に電話をして何の為に何度もアメリカに入国するのかと話を聞かれたそうです。フィアンセビザはとってから一年以内に結婚して、その後三年は日本に帰る事ができないと言われました。 2)私は現在もですが、エステサロンの店を銀座で経営し ています。当時は2・3ヶ月一度二週間休みをとって彼に会っていました。彼はイギリスのオイル会社bpのエンジニアです。彼はもっと会いたがていましたが、これが最大限でした。 3)郵送では無く、スーツケースに入れて毎回私が持って行きました。 彼からのeーmail、彼からの電話の留守電の声、デルタ航空の渡航履歴など有ります。 航空券のボーディングパスは、彼がビザを取るのに必要と言う事から会うたびに彼が保管していました。 4)i buy you.と言った彼の言葉は真実だと思うし、家具も私の趣味で選んだし、インテリア以外も水周りのタイルやデザインも私の意見で決めました。彼の家族や、兄弟も来てお祝いもしました。お姉さんにセンスを褒められました。 5)自分で飛行機でスーツケースに入れて運びました。 6)xxxx xxxx xxxxxxxxx Alaska99501 Alaska Jxxx C Jxxxxxx 1959/5/ 30 7)パスポートのコピーはあります。 大学生の時の古いidカードを持っています。 両方とも彼から渡された物です、イミグレーションで聞かれて困った時に私の彼だと言って見せるようにと。 8)無いと信じています。 9)4年位前だと思います。 何度も行って過ごしています。 二月迄は普通のメールでしたが、三月から変わってしまいました。 予定では五月にanchoregeに行く予定でいました。 どうぞ宜しくお願い致します。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

こちらの事案では慰謝料を得る法律上の権利は恐らくないと思われます。不倫とか妊娠とか関与していますか?こちらの事案は、JACUSTOMER-xqay5r1yさんがお仕事に有能すぎて、恋愛では彼がしびれをきらしたのかもしれません。

 

但し、贈与したのでなければ、荷物の返還を求めることは可能かと思います。日本に送り返すための送料などの経費をご自身で負担をする必要はあります。方法は、「彼」と荷物の所在がアンカレッジであれば、アンカレッジにいる弁護士を代理人として雇って、「彼」と交渉を依頼し、もし応じなければ、訴訟を提起することは考えられます。訴訟の場合、「彼」の方から、荷物の保管料を逆に請求couter-claimされることはあり得ます。

訴訟以外の紛争解決方法の一つとして、調停Mediationもあります。電話で受け付けてくれる場合もあります。

もし、「彼」がどうしているのか、どうして連絡してくれないのか、荷物はどうなっているのかなどが気になって事実を知りたいとお思いの場合は、アンカレッジにいる私立探偵private investigatorを雇うということも考えられます。素行調査などを請け負ってくれます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご連絡ありがとうございます。実際二、三年前から彼がfacebookをやり始めて、タイの友達に会いに行きたいから一緒に行こう、と誘われ12年の2月に行きましたが、旅行中netcafeをしきりに探していて行動が変だったし、私が帰る最後の日も明日その友人と会う予定を作り、夕飯中も、その後もメールばかりで揉めました。羽田空港に向かう飛行機の中で私立探偵のことも考えたのを思い出します。
13年の三月から何回もanchoregeにある私物を取りに行きたい、とメールしましたが全く返事が無いため、まずは代理人をたてて頂き、彼宛にその荷物を送って欲しい、と本人が言っているのでお願いしたい、と連絡する事の方法はいかがでしょうか。その際に、いつい つ迄にご連絡がない場合は、私所有の物でもあり、法的手段を取らざるを得ない、つまりご連絡頂いた訴訟をちらつかせる、そんな方法はいかがでしょうか。
今となってはもめたくはないし、荷物そのものを返して頂くことが一番の希望なので上記のやり方が好ましいと考えました。
anchoregeにある日本人領事館では相談できますか。9月に入れば時間が取れそうなのでanchoregeに行ってできることなどあったら教えてください。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.
荷物と「彼」の所在地がアンカレッジとすると、アンカレッジにいる弁護士を代理人として雇い、荷物返還の交渉を依頼することが考えられます。日本総領事館は、こちらの件では、何もしてくれないと思います。アンカレッジに行って直接対面しなくとも弁護士を雇うことはできます。日本から問い合わせる際に、9月にアンカレッジに行くことができそうであるとの旨を伝えれば良いでしょう。「応じなければ訴訟を提起する」と「彼」に伝えるのは、ご自身で言うのではなく、弁護士の判断に任せてください。