JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

uslawyer2004に今すぐ質問する

uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 180
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

アメリカ在住の日本人による詐欺にあいました。 2012年10月頃に、フロリダの会計事務所に、 米国法人を設立してもらいました。 会計事務所の人をOさんとします。 Oさん

解決済みの質問:

アメリカ在住の日本人による詐欺にあいました。

2012年10月頃に、フロリダの会計事務所に、
米国法人を設立してもらいました。
会計事務所の人をOさんとします。
Oさんは、永住権を持った日本人です。

法人設立時点で、その会計事務所の職員(おそらくOさんの夫[アメリカ人])を
無断で、Secretaryに任命していました。

2013年4月15日に、決算の締切が来るということで、
2月1日にTax Returanの費用を支払いました。

その後、5月31日に、その会社のCEOから私をはずし、
会計事務所の人がPRESIDENTになりました。
これも無断です。

Tax Returanの書類のコピーを送ってほしいと、
再三請求したら、偽造した書類を送ってきました。

そして、勝手にPRESIDENTに就任したことを問い詰めると、
また、無断で7月23日に私をCEOに戻しました。

そして、7月24日IRSに問合せをしたら、
Tax Returnの手続きはされていませんでした。

そのことを問い詰めると、IRSに確定申告の延長を申請し、
9月15日までの延長が認められたと言われました。

会社の設立から、今まで、私は一切の書類にサインしたことがありません。
そのため、設立した会社も、一度も私のものだったことはなく、
仮に、その会社を放置して来年になっても、フロリダ州税等の支払い義務は
ないと思います。(営業活動は全くできて いないので、利益はありません。)

これらは、全てが違法行為だと思います。

違法行為ばかりだし、信用出来ないので、
今まで支払った費用を全額返金してくださいと
言っていますが、先方は違法行為をしていないと言っています。

フロリダのDBPRとIRSに苦情を送る準備はしていますが、
訴えたほうが早いのではないかと思っています。

私が所持している証拠は、
メールで送られてきた請求書、偽造書類等のファイル
メールのやりとり
クレジットカードの支払履歴
だけです。

フロリダ州の会社の登記の変更履歴があるのなら、
それも証拠になると思います。

以上のことは、違法行為でしょうか?
登記簿の確認、登記の変更履歴等と確認することはできますか?
これに対する対策は、どのようなものが考えられますか?
日本から訴えることはできますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
対応方法としては、民事上は、1.契約不履行Breach of contractで損害賠償damagesを請求する、2. もし、misrepresentationがあれば、契約は無効であるとして、返金を請求するという主張が考えられます。民事訴訟ですので、日本からですと、フロリダにいる弁護士を雇い訴訟を提起してもらう必要があります。フロリダ州に登記した会社関係の書類は、こちらで検索できます。http://ccfcorp.dos.state.fl.us/search.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

フロリダ州に登記した会社関係の書類を検索できる


このサイトは知っていますが、現在の大まかな情報しかわかりません。


登記簿のどこをいつ変更したのかといった書類を取り寄せる方法はありませんか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

あと、フロリダにいる弁護士を雇い訴訟を提起してもらう場合は、


訴状を裁判所に提出するために、渡米する必要があると聞いたのですが、


本当ですか?


http://www.japaneselawyers.net/


こちらで弁護士探したんですが、見つかりませんでした。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

このページのInquire by Nameのところに会社名を入れて検索すると、会社名のリストが出てきて、該当するものをクリックすると、一番下に州に提出した書類のリストが全部表示されます。それをPDFでひとつひとつ見ていくことはできます。

 

例えば、WALT DISNEY IMAGINEERING RESEARCH & DEVELOPMENT, INC. と入力してみると出ます。提出した書類として何も表示されないのは、何も提出されていないということかもしれません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

書類は出て、見ることはできます。5/31にAmendしたと書いてあるけど、


何を変更登記したのかが分からないので、登記簿そのものを


見ることができないと、実際に何が行われたかわからないと言うことです。


 


お金を払っているのにも関わらず、税務申告をしていなかったということは、


もともとS-corporationで、法人個別のタックスリターンの申告が必要なかったけど、税務申告をしていない理由を問われて、


C-corporationに変更登記したのではないかと思い、


それを調べる方法を探しています。


 


もし、そうだとすると、脱税の可能性がでてくるので、IRSに通報すれば、


脱税額の10%くらいもらえるというのがあったと思います。


そちらの方が、返金要求するよりもよいかと思い、調査しています。


 

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
弁護士を代理人として立てている場合は、原告本人が訴訟を提起するのに、米国の裁判所に出頭する必要はありません。

弁護士探しについては、フロリダ弁護士紹介プログラムを利用することもできます。http://www.floridabar.org/tfb/TFBConsum.nsf/840090c16eedaf0085256b61000928dc/ec2322e512b83d1e85256b2f006cc812?OpenDocument


また、このウェブサイトで、言語Languageのところを日本語とチェックすると、フロリダで日本語が通じる弁護士を自分で探すことも可能です。

http://www.floridabar.org/names.nsf/MESearchDK?openform


S-Corpは法律上米国籍保持者または永住資格保持者でないと設立できないので、JACUSTOMER-42ro3qqqさんが米国籍または永住資格保持者でないとすると、S-Corpは無理なので、会計士がC-CorpをJACUSTOMER-42ro3qqqさんの名前で設立し直したというのなら、それは理にかなっているように思われます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

設立当初からSecretaryに、無断で会計事務所のスタッフを任命されているので、最初は、CEOは私、Secretaryがそのスタッフで、そのスタッフ名義に会社を設立するということは可能なのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

万が一、訴訟で負けた場合の、こちらの費用負担は、何がありますか?


例えば、こちらは安い弁護士を雇っていて、あちらが高い弁護士だった場合、


高い弁護士の費用も負担することになりますか?

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.
会計士とJACUSTOMER-42ro3qqqさんとの間でコミュニケーションがうまくいっておらず、会計士がJACUSTOMER-42ro3qqqさんから了解を取ったり連絡したりしないでしてしまったという印象を受けます。それが、JACUSTOMER-42ro3qqqさんが会計士に対し不信感を抱くきっかけになってしまったということでしょうか。これは法律違反というより、会計士倫理の問題のように思いますので、裁判よりDBPRのほうが該当するように思います。訴訟費用は弁護士費用も含め、裁判の敗者がすべて負担することが一般的です。
質問者: 返答済み 3 年 前.

確かに7/23に私を無断でCEOに戻したのは、
コミュニケーションに問題があったからかもしれません。



私も、当初は会計士倫理の問題なのかと思っていました。



私は、Oさんからの連絡には、ずっと普通に答えていたし、
お金も言われるがままに支払っていました。
ただ、連絡がいいかげんな人だけど、
ちゃんと仕事はやってくれているんだろうなと思って、
揉めることも全くありませんでした。



3/15に決算なので、費用を支払ってくださいと言われて、
2/1にお金を支払いました。
それで、ちゃんと決算手続きをしてくれているものと信じていましたが、
不審な点があったので、決算の書類を送ってくださいと、連絡しました。
すぐに送ると言ったのに、なかなか送ってくれず、
3週間後に、私がDBPRに問合せをしたら、クレーム提出の窓口を紹介されたという連絡をしたら、1時間後に偽造した書類を送ってきました。
その偽造書類を送ってきたのは、7/8です。
あきらかに、IRSやフロリダ州に提出したものではないと思ったので、
IRSに電話したら、申告の書類はないと言われました。
IRSに電話をしたのは、7/24です。



お金を支払ったのに、何の連絡もなく、
仕事をしていなかった上に、
仕事をしていないことを隠そうとしたので、
詐欺に該当すると思いますがいかがでしょう?



ただ、本人は自信満々で詐欺ではないと言っているので、
もしかして、アメリカでは詐欺にならないのかもしれないと
思ってしまいます。



逆に、損害賠償や慰謝料を請求している私が、
恐喝していることにしようとしているような感じです。



私は、Oさんに対して、損害賠償や慰謝料の金額を提示したことはありますが、
それなりの根拠を明示して、金額を提示しています。
損害賠償や慰謝料は支払ってくれそうになかったので、
とりあえず示談交渉はあきらめました。



現時点では、違法行為が多いので、全額返金に応じてもらえないのなら、
DBPR、IRSに調査を依頼します。
DBPR、IRSに調査を依頼して、その結果、違法行為が存在しないのなら、
私は返金をあきらめます。
ただ、DBPR、IRSに調査を依頼されると困るのであれば、
私が調査依頼するまえに全額返金に応じてください。
という趣旨の連絡をしてあります。



これは、恐喝になるのでしょうか?


 

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

「恐喝」であると会計士の側は主張するでしょう。「払い戻しをしなければ、DBPRに苦情を提出する」というのは、フロリダでは、フロリダ州条文法Florida Statutes 836.05の「脅し」「ゆすり」の定義に該当すると解釈されてしまう可能性があるので、おやめになったほうがよいと思います。但し、JACUSTOMER 42ro3qqqさんが日本にいらっしゃるとすれば、フロリダ州条文法836.05が、JACUSTOMER 42ro3qqさんの行為に対して適用されることは考えにくいと思われます。ですので、JACUSTOMER42ro3qqさんご本人からは、これ以上会計士には何も言わずに、弁護士などを雇って返金要求や交渉を代理してもらうことをお勧めします。「詐欺」か否かはDBPRの調査の結果明らかになるのではないかと思います。

uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 180
経験: ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3318
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3318
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    441
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問