JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

現在私はE2VISAを取得して、米国に滞在しております。 日本に滞在中にもめた女性問題(2年ほど前、ストーカー

質問者の質問

現在私はE2VISAを取得して、米国に滞在しております。

日本に滞在中にもめた女性問題(2年ほど前、ストーカーと疑われた)で、その女性が私を刑事告訴しようとされています。他の専門家の方に相談すると刑事も民事も告訴できない事案だそうなのですが、
どんな手を使って告訴をされるのかわからず、不安な毎日を過ごしています。
仮に刑事告訴され前科がついた場合、アメリカから強制送還されるのでしょうか。
このまま住むことは可能でしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

まず、日本での告訴が取り上げられて、刑事事件になり、裁判になるには、以下の手続きが必要です。

1.警察への被害届から捜査をお願いし、犯人(ストーカーを逮捕、起訴してもらう方法。
2.警察または検察に、告訴状を提出して、刑事事件として立件、起訴してもらう方法。

貴方様が、現在、E2でCA州に滞在されているということで、まず、1.の方法で起訴されることはありません。2.には、被害者が、どれだけの証拠(貴方様がストーカー犯であるという確証)を持っているかによって、警察・検察は動き始めます。

「他の専門家の方に相談すると刑事も民事も告訴できない事案だそうなのです」ということが正確な判断であれば、いくらこの被害女性(多分妄想が多分に入っているのでしょうか)が、告訴をしても取り上げられないのではないかと思われます。

親告罪(被害に遭いましたとの申し出が刑事事件立件の条件)である犯罪であるストーカー行為規制法は、通常、行為があった日から6ヶ月以内にその申し出がなされないといけません。事件は「2年前」ということですので、上記の専門家の方もその点から、告訴しても遅すぎるということで「取り上げられない」と思われたのかもしれません。

仮に百歩譲って、告訴され、有罪になり、何かしらの刑を受けたとします。E-2で入国されている貴方様が、現在のE-2有効期間の間、日本での事件が後発的に発生したことで、強制退去されることはありません。日米間の犯人引渡し条約で定められた犯罪にストーカー規制法違反は含まれておりません。

ということで、女性のわだかまりが解けない状態は変わらないかもしれませんが、貴方様が起訴され、有罪になり、日本に強制送還されるということは起こりえません。

E-2の更新を考えると、日本で有罪にならないように、万が一、起訴される事態になった場合は、優秀な弁護士をお探しになるべきと思います。万が一です、文字通り。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。


 


仮に告訴された場合、私は日本に裁判のために戻る必要があるのでしょうか。裁判があるたびに戻らなければならないのは、仕事の支障があるため、難しいのですが、日本に滞在してない状態で、裁判に参加する強制性はあるのでしょうか。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
被告人質問がない限り、弁護士が対応してくれるはずです。ストーカー規制法違反は、刑法犯でも最も軽い、軽犯罪法違反ですので、未決勾留があり、本人がいつも法廷に居てというようなテレビで見るようなことにはなりません。ご安心ください。

2年弱前に日本を離れていらして、その後、その女性と接触されていないならば、先程も申しましたが、親告罪の親告期限が過ぎていますので、特別な事情がない限り、告訴を受け入れて、起訴ということにはならないと思います。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


安心しました。


ところで、優秀な弁護士というのは、どうやって探せばいいのでしょうか。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
これが一番難しい質問ですね。。。。

万が一、起訴されたら、ご相談ください。ご紹介できますので。。。。

奥山
質問者: 返答済み 3 年 前.
示談交渉しないといけなくなる可能性があります。念の為、紹介してもらえませんか?大阪方面でお願いします
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
大阪方面ですか、、、。

神戸の柿沼太一先生をご紹介しますが、「念のため」で紹介を実際にすることはできません。「可能性」が現実のものになってから、ご紹介を致しますので、私までご連絡を頂ければと思います。

ここにはメールアドレスを書けないのですが、下記の署名欄のウェブサイトから私のサイトに行っていただくと、連絡先がわかります。

あるいは、「奥山英二」もしくは「Travellinglawyer」でググって頂くと、私の情報が最初に出てきます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご連絡ありがとうございます。


実際に示談交渉を持ちかけられました。


Webサイトにアクセスさせていただきます。

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
どうぞ、houmubu.weebly.comから、ご連絡を頂戴できればと、存じます。

詳しい事情をお聞かせください。

貴方様が、ストーカー行為をしていないならば、「訴えるとか」「金払え!」は、単なる恐喝です。被害届はこちらが出すべきではないでしょうか?

ともかく、ご連絡を頂ければ、ご紹介できますので、よろしくお願いします。

奥山

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3404
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3404
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問