JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

アメリカで日本の仕事をしたいのですが、どのような手続きが必要なのか教えていただけないでしょうか。 今月ニューヨーク州在住のアメリカ人と結婚するためK-1Visaを使って入国し

解決済みの質問:

アメリカで日本の仕事をしたいのですが、どのような手続きが必要なのか教えていただけないでしょうか。

今月ニューヨーク州在住のアメリカ人と結婚するためK-1Visaを使って入国し、結婚を終え、Marriage Licenseを取得し、USCIS にI-485、I-765,I-131を 申請したところです。
昨年度末長年勤めていた日本国内企業を結婚のため退職し、今月移住いたしました。アメリカ国内で働きたいとは思っているのですが、退職した日本企業からアメリカに移住してからもインターネットを通じて仕事をしてもらえないかと言われており、しばらく慣れるまではそうしようかと思っております。
ただ、どのような手続きが必要なのかが分からず、日本を去る前に、税務署に行って聞いたところ、アメリカに住んでいるのであれば、国籍は日本に残したままで、日本企業から仕事を受けて仕事をするのであれば、日本に税金を払う必要はない。すべてアメリカに払うことになる。と言われました。
そうなると、私は、アメリカに対して何か申告をしなければならないのではないかと思うのですが、I765だけでは不十分でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

このたびはご結婚、大変おめでとうございます。

I-765がWork Authorizationですので、これが通ればアメリカ企業で問題なく働けます。

その間、日本の銀行口座に給与と言いますか、報酬が振り込まれることを前提に、アメリカ国内のアメリカ人の仕事を奪う形にならないようにすれば、「実質的に」働くことが出来ます。「実質的」と申し上げたのは、「わからない」からです。

インターネットでのやり取りは基本的に誰に監視されているわけではありませんので、移民局はこれを把握することはありません。これまでお勤めだった会社さんには、日本の銀行口座に振り込むに当たって、外国居住者への支払い調書への変更をお願いし、10%(だったと思います)の源泉のみの徴収に切り替えていただくようにお願いしてください。(このような勤務形態の経験がある会社さんでしたらご存知です)

そして、アメリカで、来年の4月15にchまでに今年の全世界所得をIRSに申告し、納税(ご主人様と一緒のファイリングになろうかと思います)をしてください。

今月NYに来られたと言うことですが、本年のアメリカ滞在が183日を超えない場合(日本に183日以上居ることになった場合)は、逆に日本での申告が必要です。何かしらの理由で今年の後半日本に長期間お帰りになるなどの事態が発生した場合はお気をつけください。

ご参考になりましたでしょうか?

奥山
質問者: 返答済み 4 年 前.

奥山様
早々の回答、誠にありがとうございました。


概ね分かったのですが、ひとつ、確認させて頂けますか。


インターネットでやりとりして、これまで働いていた日本企業から仕事を受ける場合に会社に頼むこととして、外国居住者への支払い調書への変更とありますが、これを会社が行い、10%の源泉徴収を行うようにするということであると、日本へ税金を払うということになりますが、これは逆に日本の税務局から何か追及されることはありませんか?


この点をすっきりさせていただけると幸甚です。


 

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
はい、大丈夫です。

海外で居住して働いている場合、私もいくつかの会社の役員や監査役をしたり、講演会をしたりで収入が日本においてありますが、源泉税を会社が納めてくれれば、全く問題がありません。

日本の会社のほうから、源泉を納めたという証明がないと、アメリカでの申告時に税額を控除できないので、これを必ず貰うようにしてください。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問