JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

アメリカ人の元ルームメイト兼大家がセキュリティ・デポジットを返してくれない 現在NJ在住です。 以前6ヶ月契約(5/1/2013まで)のルームシェアをしていて、文書化し

解決済みの質問:

アメリカ人の元ルームメイト兼大家がセキュリティ・デポジットを返してくれない

現在NJ在住です。

以前6ヶ月契約(5/1/2013まで)のルームシェアをしていて、文書化した退去予定日より退去が1日遅れただけで、
セキュリティ・デポジットを返してくれません。
理由は私の退去日がころころと変わり(実際、直前まで決まりませんでした)、次のルームメイトを探せず、
結果、家のローンの支払いができずに、Late Feeがかかり、その分も請求してきています。

事の発端は、私がRental Agreementに記載されている日付よりも3ヶ月早く退去を希望し、2013年1月中旬、書面にて知らせました。
きちんと退去希望日の30日前に知らせました。しかし、大家がそれはRental Agreementに違反しているから
訴訟を起こすと言われ(脅しですね)、面倒はごめんなので、その早期退去願いを破棄するよう、また書面を
送りました。我慢してリースが切れるまで、いようと決めました。
その書面の中には、このRental AgreementはRenewしないし、end of Aprilで退去すると記載しました。
ですが、実際新居に入居できたのが、5/1/2013だったため、5/1/2013に退去しました。
大家の言い分は、4/30に出ると 言ったのに、出なかったから、violateしているということです。

でもこれは賃貸契約ではなく、あくまでもルームシェアです。
オリジナルの契約には5/1/2013(記載ミスで本当は5/1/2012となっています)なので、問題なくデポジットを
返してもらう権利があると思います。また、部屋はとてもきれいに使ったので、破損や汚れはないです。(文句を言われていないので)

Small Claim Courtに出て、訴訟を起こそうと思うのですが、勝ち目はありますか?
たったの$975ですが 、海外で一人で生活する私にとっては、大金です。このまま黙っていたくありません。
大家は現在働いておらず、(私が入居する前は働いていましたが、私が入居してい以来、働いていません=家のローンを
ルームシェアで得たRentで払っている)
特に他に収入がないことは知っており、私のセキュリティ・デポジットを使い込んでいるため(家のローンを払っている)、
難癖をつけて返そうとしない魂胆がみえみえなのです。

私に圧倒的な非があり、Courtに出ても勝ち目がないのであれば、あきらめるしかないのでしょうか?
NJのCourtのページを見て、弁護士さんを雇った方がいいといような記述を見たのですが、
弁護士さんに頼んで莫大な費用をかけてまで、法廷で争う価値があるのでしょうか?
かかる費用にもよりますが、相手をつけあがらせない為にも、争って返還してもらいたい気持ちがあります。

ただただ、外国人だから、何も知らないだろうと思われて、このまま泣き寝入りはしたくありません。
それとも、訴訟を起こさずに、相手に速やかに支払わせる方法はありますか?
とにかく、相手の言うことに納得できず、思う壺にはまりたくありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

Small Claim Courtをご利用されるというアイデアは、とても良いことだと思います。是非、トライしてください。

「1日退出が遅れた」ことがデポジットを全額没収する理由になるべきでは絶対にありません。むしろ、1日分の家賃を支払うことを求めるというのが普通だと考えます。5月1日に入居するべき人が見つかって居たのに、貴方様が一日多く居たことでこの契約がなくなってしまったなどの事実を証明できれば別ですが、そのようなことは無いと言うことであれば、大家がデポジットを返さない正当な理由はありません。Late Feeの請求などと言うことも言ってきている以上、Small Claim Courtで戦いましょう。

NJのCourtのサイトをご覧になったようですので、こちらも見ておられると思いますが、

http://www.judiciary.state.nj.us/civil/civ-02.htm#WhereSC

NJのSmall Claim Courtは裁判の前にMediation(調停)を使い、事件の解決を図ってくれるようです。これは、裁判よりさらに話しやすい環境で相手と対峙してMediator(調停人)という法律の専門家に仲立ちをしてもらえる、貴方様にとって有利なシステムと考えます。

事実をゆっくりと順序だてて、説明できれば、好ましい結果を得られると思いますので、がんばってみてください。

Small Claim Courtは、弁護士を立てない人がほとんどです。制限訴訟額の上限に近いような場合や、複雑なケースでは弁護士の例もありますが、通常立てません。相手も弁護士を立てて勝てなかった場合、支払いが倍増することになりますので、通常本人が出てきます。

訴訟をしないで。。。。というご質問もありますが、アメリカでは、訴訟をしなければ、お金を取り戻すことは、特にこのような理不尽な相手からは難しいと思います。

ご参考になっていれば幸いです。がんばって、Small Claim Courtに訴えてみてください。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速なご返答大変感謝いたします。


また、Courtで争うことを励ましていただき、嬉しいです。


 


ただ、5/1から入居したかったルームメイトが事前に2人見つかっており、私が退去日が決められなかったことで、その話がなくなったからという理由で、デポジットを返してくれません。


その事実をあちらが証明できたら、勝ち目はないのでしょうか?


これは推測ですが、その後、他のルームメイトを探した様子がありません。探す努力をしたようにも思えません。どうせ私のデポジットがあるからと。


それにしても、次のルームメイトを間を空けず、入居させるというのは、理想ではありますが、現実的ではないと思います。


大家がお金に困っているのは知っています。なので、なおさら私にそれを負わせようとしているのです。


 


Courtに持っていき、だめならば、泣き寝入りでしょうか?


また結果に不満があればAppealできるようですが、そうするとお金もかかるようですね・・・

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
1日長く居た貴方様にも理由があるわけですし、一日でその一ヶ月を棒に振ることを考えるのは合理的ではありません。

NJのSmall Claim CourtはMediationがある意味「付いてきます」ので、少なくとも痛み分けの半分は、取り返せるのではないかと思います。

Appealは弁護士が必要ですので、あまり考えないほうが良いと思います。

相手が「訴えては来ないだろう!」と高をくくっているとするならば、鼻を明かしてやりませんか!!!

奥山

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3273
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3273
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    438
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問