JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

こんにちは 私はカリフォルニア在住で旦那との間に、5、3、1の子供達が居ます。 私達は日本で結婚し、アメリカ大使

解決済みの質問:

こんにちは
私はカリフォルニア在住で旦那との間に、5、3、1の子供達が居ます。
私達は日本で結婚し、アメリカ大使館に届けました。
今回、旦那が浮気してもっと遊びたいという事で、離婚を言い出されました。
旦那は軍人です。
今は一ヶ月くらい別居を しております。
12月にアフガニスタンに行くことになっています。
どちらかが、書類を作成すれば良いのですが、私の祖母が亡くなり、日本に子供達を連れて日本に帰れといいます。
私は何かされそうで怖く、帰らないと言っています。
帰ってきたら離婚手続きを始めるそうです。
私は浮気性でDVが私に対して2、3年前にあり旦那との離婚は考えていてアメリカの弁護士さんに相談はしました。
旦那は初めは子供達を連れて日本に帰っていいからと言っていましたが、お金が欲しいのか急に親権が欲しいと言い出しました。
確かに、子供達が可愛いのでしょうが、面倒を見たり、遊んだりは嫌だったようです。
そこで、日本に私と子供達が帰ったら、裁判をおこされないか?それともバーグ条約が稼働するまえに日本に戻り、日本で離婚の手続きをして終わりにしてしまおうかと悩んでおります。
何度も話し合いをしたいのですが、すぐに喧嘩になるか、一方的に言われて解決できません。
私が日本に戻った時、日本の離婚手続きはやはりしない方がいいのでしょうか?
それとも、戻らないで、弁護士さんを通してちゃんと離婚するべきでしょうか?
コロコロという事が変わったり、嘘や、脅しもあります。
きっと日本にいる間に勝手に離婚を始められているかもしれません。
本当にどうしていいのか分かりません
ご回答よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
ご質問ありがとうございます。

最近日本もハーグ条約を批准して、今後、日本に居ても離婚しないままでは安心して暮らせません。子供の養育権・面会権をしっかり決めないと、あとで如何様にもひっくり返されてしまう可能性があります。これまでは、ハーグ条約を批准していなかったので、アメリカ人と結婚されて離婚する、あるいは別居した日本人の奥様は、お子さんを連れて日本に帰ると、法的手段で、アメリカに強制的に帰らされるということはありませんでした。これが、ハーグ条約の批准で変わってきます。

そこで、私のお勧めですが、離婚の手続きをしっかりと終えるまで、日本に帰国しない(一時的に法事に参加するのは大丈夫と思います。離婚手続きを開始してからにすべきと思いますが)方が良いと思います。

離婚手続きは、協議離婚(合意して双方の本人または代理人が同時に裁判所に申し立てる)でなければ、「勝手に離婚が成立」するということはありません。

浮気、DVは、立派に夫婦生活が崩壊している示唆となりますし、離婚原因になります。是非、弁護士さんをRetainして、離婚の申し立てを開始して、弁護士を通じてのみ話すようにしましょう。

奥山
質問者: 返答済み 4 年 前.
すみません、補足です。協議離婚は五年未満の子供なしの方のみできると聞きました。私達は、今年の7月で6年目を迎えます。双方での話し合いでは難しく、一つ私から希望を述べると、親権は渡さないとか、嘘の虐待を言われました。弁護士さんに確認したら証拠がないので、通せないとの事です。DVもずっと続いている訳でもないので、通らないとの事です。言葉のDVは前より収まりましたが、まだあります。バーグ条約が一番心配なので、日 本に帰っての離婚は難しいと思って居ますが、オバマ大統領は過 去の連れ去りは管理しないとニュースで読みました。日本のバーグ条約の方に電話したら、まだ法を変えるので、すぐに適用され る訳ではないといいます。ただ、気が変わる旦那で、上の子の学校が始まる前までに帰ってくればいいとのことですが、いつ気が変わるかも分かりません。私は帰りたくないと言っているのに、チケットを強制的に買うからと言われました。なぜすぐに離婚したがっている旦那が待てるのかも疑ってしまいます。確かに、2人の合意がないといけないと弁護士の方もおっしゃってましたが、ネットで読んでくつがえされている例を見ると、落ち着けません。嘘も作り話も欲しい物があれば、何でも思い通りに手に入れたいタイプだからです。それに離婚手続きを開始して戻ると言われましたが、離婚の手続きが完了するまで州を離れる事も、国外に行くこともダメなのではないでしょうか?それとも、証明書を書いてもらえばいいのでしょうか?
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
スミマセン、私が申し上げたのは、協議離婚は、CA州のSummary Dissolutionの意味で言ったのではなく、双方が離婚することに合意することを前提にしたProcessで、用語の使い方が不鮮明でした。申し訳ありません。CA州では、ご指摘のように「協議離婚は五年未満の子供なしの方のみできる」で正しい理解です。

一方、CA州は、「和解し難い不和」(Irreconcilable Differences)という理由での離婚が可能な州です。もう結婚生活を元に戻すということは出来ないという主張で離婚裁判のプロセスに入れば、最終合意に向かって進んで行くと思いますので、本格的な帰 国(日本で暮らすという意味で)は、それまで待たれたほうが良いと思います。とにかく、離れたいから逃げて日本に行くということが、養育費などの面で不利になることが考えられるからです。

「和解し難い不和」に加えて、あるいは、その原因として、浮気、DVが貢献してくれると思います。

離婚が完了するまで何処にもいけないというのではなく、先日も申し上げましたが、「法事に行く」は立派な帰国理由です。私は、相手に有利な材料を与えないためにも(妻はアメリカに居ないことが多く。。。などと主張されないためにも)、離婚の手続きをCA州で始めてから、日本に一時帰国するほうが良いと考えます。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3409
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3409
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問