JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

冬1月はじめに行きましたが、シアトルの暗い天候と 刑務所のような学校イメージ、担任も合わないし授業も自分に必要なも

解決済みの質問:

冬1月はじめに行きましたが、シアトルの暗い天候と
刑務所のような学校イメージ、担任も合わないし授業も自分に必要なものではない簡単な内容で、 もともと日本にいるときも不登校の経験があり、コミュニテイカレッジのランゲージコースをドロップアウトしたというメールを3月26日ぐらいにもらったそうです。
調べて雰囲気のよさそうなカプランという学校に移ろうと思いましたが、出国しなければならないようです。それとも、hpかにほうほうがあるのでしょうか?此方側の立場を考えてくれて相談できるところがあれば、相談したいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

こんにちは。ご質問の意味がよくわからないので、確認させてください。


1.この投稿はご自分のことですか?それとも違う方のことですか?

2.この投稿の発信地域が日本になっていますが、今この学生さんは日本にいらっしゃるのですか?それともシアトルにいらっしゃるのですか?この学生さんは今どこにお住まいですか?

3. この学生さんは、アメリカの学生ビザF-1を今お持ちだということですか?

4.アメリカで最初に通っていた学校に登校しなくなって中退したということですか?

5.次の学校に転校するまでの間の6ヶ月間程度、アメリカを出国しないで、アメリカ国内に学生ビザのまま滞在することができるか、というご質問内容と理解してよろしいですか?

6.「hp」とは何のことを指していらっしゃいますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

1  私の二十歳になる息子のことです。


2 今シアトルにいます。


3 F-1ビザ(2015年3月ぐらいまであったと思います。)をもっています。


4 はいそうです。シアトルノースコミュニティカレッジの3か月の語学コース


5 はい。カプランという語学学校に移ることができるなら、移りたいのですが一度帰国しないといけないなら、また往復してするくらいなら辞めたらいいと主人がいいます。たいして大きなビザのキズにならないのなら、知り合いもいますので栄夫の生活を体験させて、6か月以内でゆっくり帰らせようかとかんがえます。如何なものでしょう?


6ほかの…と、書こうとしてoをpにうちまちがえました。すいません!


 


よろしくお願いします!

専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

学校を退学になってから、勉強を再開しない場合は、なるべく早くアメリカから出国する必要があります。学校を退学になってから5ヶ月以内に新しい学校で勉強を再開する場合は、「学生という滞在資格の復位(reinstatement)」が、移民局に申請して認められれば、可能です。5ヶ月を超える期間になると、天災や病気など特別の事情が復位に必要です。復位できるようにするために、なるべく早期に新しい学校に出願して受け入れを確保しておくことをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


移民局への連絡を、息子がうまくできるか心配です。


 


日本より日常的に弁護士の依頼をすると聞いていますが、移民弁護士など、そういう依頼ができるプロの方がいらっしゃいますか?


いるとしたら、どの程度の額で依頼できるかご存知ではありませんか?


高いならアメリカの知り合いに説明してもらった方がいいのでしょうか?

専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.
ア メリカでは日本よりも気軽に弁護士に相談する風土があります。弁護士報酬は、一時間いくらで弁護士ごとに決まっていたり、場合によっては事件一件につきいくらという固定料金であったり、弁護士ごと、事件ごと、法律事務所ごとに、異なっていますので、一概にいくらとは言えません。各々の弁護士または事務所に尋ねてみるしかありません。弁護士の紹介は私はしていませんが、弁護士会で弁護士を紹介してくれます。日本語を話すことのできる弁護士または事務所がよければ、弁護士またはそのアシスタントが話すことのできる言語に対して希望を出すこともできます。こちらのケースの場合、言語(日本語)、取り扱い分野(移民法)、事務所所在地(自宅の近く)について、弁護士会に希望を告げるとその条件にあう弁護士を紹介してくれます。シアトルでしたら、キング郡弁護士会が弁護士紹介サービスを提供しています。
uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問