JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 193
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

父の遺産相続について相談させて頂きます。 父は現在70代、米国在住(国籍は日本、再婚女性のグリーンカードで20

解決済みの質問:

父の遺産相続について相談させて頂きます。

父は現在70代、米国在住(国籍は日本、再婚女性のグリーンカードで20年以上米国で生活しています。)
現役を引退した現在は、サラリーマン時代に加入していた年金と再婚した女性の収入(米国で個人事業を営んでいます)で生計を立てています。
父が加入している介護保険が米国のみで適用される事もあり、米国に骨を埋めると申しております。
父には私 を含め4人子供がおります。前妻の子供が私を含め2人(日本在住、国籍も日本)後妻の子供が2人(2人とも米国籍)です。
こういったケースの場合、日本の法律は適用されるのでしょうか?
日本の場合、配偶者が2分の1、残りの2分の1を兄弟で等分して相続すると思うのですが、日本の法律が適用されるのか心配です。投資不動産を売却して前妻の子供達に相続させるという話しを父から以前聞いていたのですが、その後、話が二転三転し、売却した資金を新しいビジネスに使いたいと言っています。
父の抱えている負債は私の知っている限り米国で現在住んでいる住宅のローンです。この住宅ローンは完済せずに売却し老後は夫婦でもう少し小さな家に住み替えるそうです。ただ、米国の兄弟は未だ独立しておらず、転居する様子はありません。
仮に今、父が亡くなった場合、どの様に相続するのか、また今のうちに準備したり調べておくべき事等がありましたら教えて頂きたいと思います。
宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

1.相続の対象となるお父様の財産は、日本にあるのですか?米国にあるのですか?それとも一部は米国にあり、一部は日本にあるという混合状態ですか?財産が日本にあるか、米国にあるかの判断は、個々の財産ごとに判断してください。不動産であれば、ど こにあるかで判断します。日本にある不動産は、所有者が米国に住んでいようとも、日本にある財産と考えます。同様に、米国にある住んでおられるという住宅は、米国にある財産と考えます。銀行口座は、口座がどこにあるかで判断します。日本にある銀行に口座があれば、外資系銀行でも、円以外の通貨例えばドル建てであろうとも、日本にある財産と考えます。


2. お父様は、どこの州の住人ですか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速、御回答頂きありがとうございます。


返信遅くなり申し訳ありません。



1.父の財産は不動産については米国、日本にあり混合状態です。銀行口座については私は全く把握しておりません。シティバンクに口座をもっていますが日本国内の支店に持っている口座なのかは分かりません。



この場合、日本にある不動産は日本の法律に則り財産分与され(配偶者1/2、残る1/2を子供達で等分する)米国内にある不動産、預金は米国の法律に基づくという事でしょうか?



また、父が遺言書を残した場合、遺言書の効力はどの程度あるのでしょうか?



2.父はカリフォルニア州に在住しています。



宜しくお願い致します。




 

専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 年 前.

そうです。財産が日本と米国のどちらにあるかで 、どちらの法律が適用されるかが決まります。不動産は所在地の法律が適用されます。日本にある銀行口座であれば、日本の法律が適用されます。日本法が適用される財産については、日本資格の弁護士にご相談ください。遺言は可能です。財産の所在地で適用される法律が異なるので、遺言が2種類必要でしょう。日本の法律が適用される日本の財産に関しては、日本資格の弁護士に、米国の法律が適用される米国の財産に関しては、米国資格の弁護士に、頼んで作成することができるでしょう。こちらのケースでは、適用されるのはおそらくカリフォルニア州法ですので、カリフォルニア州資格の弁護士が良いでしょう。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問