JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

uslawyer2004に今すぐ質問する

uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 176
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

はじめてまして。 このたびアメリカジョージア州で離婚の手続きをすることになりました。 そこで子供2人(10歳、7

質問者の質問

はじめてまして。
このたびアメ リカジョージア州で離婚の手続きをすることになりました。
そこで子供2人(10歳、7歳)を共同リーガル親権、フィジカルを私ということになり、主人も日本へ連れて行くことに合意しています。

ハーグ条約では共同親権の場合相手の合意が必要となっていますが、その同意書はどのような物がいいのか分からないので教えていただければと思いました。
(notarizeedが必要とか、規定の用紙があるのかなど)

また州によっては国外に連れ出すにあたって裁判所のオーダーが必要だったりするようですがジョージア州では必要なのかがわかりません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

1. お子様達を日本に連れて行かれるというのは、一時的な訪問ですか?それともこれから将来ご主人は米国に残り、奥様とお子様達だけ日本に住まれるということですか?

2. ご主人の国籍は米国ですか?日本ですか?その他ですか?

3. 「離婚の手続き」をされることになったということですが、現在どのような段階ですか?ご主人と奥様が話し合っているという段階ですか?すでに弁護士を雇っていますか?法的手段を開始しましたか?書類関係を作成しましたか?

4. ご夫婦とお子様達は、ジョージア州にはどのくらいの期間継続して住んでいらっしゃいますか?ジョージア州に来たばかりという場合、その前は、ご夫婦とお子様達はどこに住んでおられてその州にはどのくらいの期間住んでいらっしゃいましたか?

質問者: 返答済み 3 年 前.


回答ありがとうございます。


 


1.旦那はアメリカに残り、子供と3人で日本に住む予定です。


 


2.旦那はアメリカ国籍、子供は2重国籍、私は日本国籍


 


3.旦那が弁護士を雇いUncontested DIvoceでアグリーメントを作成してサインするのみですか、これでいいのかまだ決断できずに要る段階です。


 


4.ジョージには2006年9月から住んでいます。結婚した2002年から2006年までは日本に住んでいました。


 

専門家:  uslawyer2004 返答済み 3 年 前.

ジョージア州裁判所規則24.10では子のpermanent custodyについて、親は原則判事にparenting planを提出する義務があると規定しています。そして、JACUSTOMER-8ubc8yd7さんのように両親が子のCustodyについて合意している場合についてジョージア州の法律は次のように定めています。

The judge shall ratify the agreement and make such agreement a
part of the judge's final judgment in the proceedings unless the judge makes
specific written factual findings as a part of the final judgment that under
the circumstances of the parents and the child in such agreement that the
agreement would not be in the best interests of the child.

どういうことかと言うと、両親が子のCustodyについて合意していても、判事がその合意は子にとって最善(best interests of the child)ではないと判断するとき、判事はその合意を認めないことができます。

日本に住むため、離婚後母親が子供を連れて行くというparenting planは、日本がハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)の加盟国ではないことから、判事が認めない可能性があります。

現在、日本はハーグ条約加盟国ではありません。それは何を意味するかというと、もし子のPhysical Custodyを持っている母親が日本にいて、アメリカにいる子のPhysical Custodyを持っていない父親に対して、子に対してアクセスさせない、電話などに出させない、会わせないということをした場合、ジョージア州で作成したparenting plan agreementを日本で強制的に執行できない可能性を意味します。平成24年9月時点で、アメリカ合衆国から日本に対して81件の抗議がなされています。

ですから、判事は子のPhysical Custodyを持っている母親が子を連れて日本に行く予定だと言えば、子がアメリカに残る父親に会えなくなってしまうなどの危険性を心配します。JACUSTOMER-8ubc8yd7さんのご主人が弁護士を雇ったら、その弁護士もご主人に、子供に会えなくなってしまう危険性を指摘すると考えられます。

ですので、このご希望の方式での離婚と子のCustodyの合意は、判事が認めず、たとえ夫婦が合意していても、成立しない可能性があります。では、どうしたらよいか、という疑問がわくでしょう。

夫婦がともに日本国籍であれば、ジョージア法ではなく、日本法で離婚するという選択肢もありますが、そうではないということですので、日本法での離婚は不可能です。いつ日本はハーグ条約加盟国になるのかは、まだ決まっていませんが、現在、日本はハーグ条約加盟に向けて審議中です。

ですので、離婚後日本に子供を連れて行き日本に住みたいという希望をかなえようとすれば、日本がハーグ条約加盟国になるまで、例えば別居などにより、離婚を見合わせることが選択肢の一つとしてあげられます。今離婚をこの取り決めで裁判所に申請すると、先に説明しましたように当事者が合意していても判事が認めない可能性があります。

U.S. Customs and Boarder Protectionは、片方の親だけが同行して子供をアメリカ合衆国から、一時的にであれ、出国させるとき、誘拐罪を疑われないためには、もう片方の同行しない親の書面による同意を携帯しておくことを強く勧めています。特定の書式はありませんが、次のようにに用意することを勧めています。

1.英語で書く。

2.公証notaryは必須ではないが、強く勧める。

3.同意の有効期限を一年以内とするべきである。

4.Who, What, Where, When, Whyと同行しない親の連絡先を書くべきである。

5.同意書の文言は、「"I acknowledge that my wife/husband/etc. is traveling out of the country with my son/daughter/group. He/She/They has/have my permission to do so."」とすべきである。


JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3235
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3235
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    436
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    41
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -