JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

現在アメリが在住です。アメリカの市民権を取得するべきか悩んでいます。離婚して、子供を連れて日本に帰国するかも知れない

質問者の質問

現在アメリが在住です。アメリカの市民権を取得するべきか悩んでいます。離婚して、子供を連れて日本に帰国するかも知れないのですが。将来的にもし子供の教育上アメリカに戻った方が良い場合、現在のグリーンカードでは私だけ戻って来れないかもしれません。(子供は市民権を持っています。)
市民権を取得しておけば問題は無くなるのでしょうか? また、日本での生活、また日本で取得した国家資格に支障は出るでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
ご質問ありがとうございます。

NY州弁護士の奥山と申します。

悩ましいところですが、将来何が起きてもアメリカへの入国を拒否されることがないのは、市民権であることは間違いありません。出生地主義のアメリカですので、アメリカという土地に生まれ落ちれば間違いなく市民権を得ますが、GCから市民権にしておくことは、アメリカで生まれたのと同じ状態、動かし得ない生活権を得ることになります。

市民権を得ると同時に、アメリカ国民になりますので、日本の国籍を喪失します。パスポート等を同時に持てるではないかという反論もありますが、日本国籍であると主張することは、嘘をついていることになります。

アメリカに戻ってくるという側面から見ると市民権は一番強力な手ですが、ご質問の後半の日本での生活、日本で取得した国家資格に支障が出るかは、日本への入国には今後外国人としての滞在許可を得なければならないということになります。

反面、現実問題として、「法律上」の国籍喪失が、この場合の日米2国間できちんと連絡されているわけではありませんので、2冊のパスポートを持ち歩いている人は存在するわけです。その結果として、日本での生活もこれまでどおり変わらず、見た目もパスポートも日本人、アメリカ入国の時にはアメリカ市民という状態で暮らしている方がたくさん生まれているのも事実のようです。

国家資格の喪失も同じ観点から、仮に日本人しか取れない資格であった場合、アメリカ市民権を得た時点で資格を喪失しているのですが、アメリカ政府から連絡が行くわけではありませんし、個人情報ですのでどこかに掲示されることもありませんので、日本の資格管理期間も、日本政府同様に知りえないのです。

悪い言い方ですが、貴方様の場合、市民権を得る方が「トク」なケースになると思います。もちろん、GC保持者からそうであったように、市民権であればなおさら、全世界所得にアメリカ政府が課税してきますので、税務申告義務が生じるなどなどの「アメリカ人としての義務」も権利と同時に生じることもお忘れなく、ご自身でご判断されてください。

十分なお答えになっていると良いのですが。。。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

奥山先生


 


親身な回答をありがとうございました。こちらのサイトが初めてだっ


たので不安だったんですが、安心しました。


 


もしも、二重国籍で何かあればと考えるとまだ悩む所です。


すみませんがもう少し質問させて下さい。日本で生活した場合、アメリカに対する税金はどのように計算して、支払うのでしょうか?


子供の養育費にも加算されますか? また、今現在グリーンカードを取得して9年位なんですが、今から市民権を申請して取得、アメリカを離れる状態になるまでにどのくらいの時間が掛かるでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

奥山先生


 


親身な回答をありがとうございました。こちらのサイトが初めてだっ


たので不安だったんですが、安心しました。


 


もしも、二重国籍で何かあればと考えるとまだ悩む所です。


すみませんがもう少し質問させて下さい。日本で生活した場合、アメリカに対する税金はどのように計算して、支払うのでしょうか?


子供の養育費にも加算されますか? また、今現在グリーンカードを取得して9年位なんですが、今から市民権を申請して取得、アメリカを離れる状態になるまでにどのくらいの時間が掛かるでしょうか?

専門家:  eokuyama 返答済み 3 年 前.
お役にたてたようで良かったです。

アメリカに対する税金というより、アメリカ市民の場合は、日本で所得があろうが、中国であろうが、全世界所得申告を義務付けていますので、市民権を得ると、全てを申告しなければなりません。

CPAで弁護士の私が、「個人の税金は苦手で。。。」と言うのは恥ずかしいのですが、この分野は毎年法律が変わりますので、それを専門に扱うCPAまたはEA(Earning Agent。日本で言う税理士)を雇う、申告書作成を専門に扱う業者(H&R Blockなど)やそうした業者などが出しているTax Software(Turbo tax)などを使って、1040NRか、1040という税務申告書でTaxを計算し支払います。

子供の養育費も一旦はすべて収入に入れることになると思います。。。(スミマセン。専門外で。。。)

GCから市民権は、GCを取る時に比べて格段にハードルは低いです。N-400というフォームを出し、フィンガープリンティングの呼び出し、アメ リカに関する基礎知識のテスト(言語と歴史)などを受けて、帰化の宣誓式を経て、晴れて市民になります。どのくらいの時間は?なかなか申し上げられません。市民権を得ないと米国パスポートを持てませんので、貴方様の言う「アメリカを離れられる状態」にはそれまではなりませんから、1年くらいは掛かってしまうのではないでしょうか?スミマセン、この部分も専門ではなく、確定的なことを申し上げられません。

ご参考になればよいのですが。。。。

奥山

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3269
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3269
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    438
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問