JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

legalsos2011に今すぐ質問する

legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 168
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

初めまして、よろしくお願いいたします。私の状況と質問です。*米国在住、市民権取得済みの日本人男性と婚約、彼は

解決済みの質問:

初めまして、よろしくお願いいたします。私の状況と質問です。

*米国在住、市民権取得済みの日本人男性と婚約、彼は48歳、現地商社勤務、私は39歳です。交際1年です。私は高校の非常勤講師をしており、この3月で1年ごとの契約が切れます。更新するかどうか、というタイミングなのですが・・・。彼は出張で年に4~5回来日します。私の両親には紹介済みで、2月頃向こうの両親にお会いする予定となっております。
彼は以前、「アメリカで働いてみたい」という交際中の彼女のために市民権を得て日本で入籍したが、アメリカにきて2週間ほどで彼女が急に離婚を申し出、さらには「入籍していたのだから」と慰謝料を請求されたそうです。彼はアメリカ人の前妻と、米国での婚歴はないがその日本人女性の二人と結婚していたことになります。私はバツ一です。

Ⅰ①日 本で入籍して渡米するのが一番早くて安心だと思うのですが、上の経緯から「また簡単に離婚されたら・・・」と彼は気が進まない様子。でも、なぜ日本で入籍したことで問題が生じたのかわかりません。なぜでしょう?
②また、慰謝料を取れるのはむしろ彼だったと思うのですが、どうでしょうか?(つらそうな本人には聞きづらくて。)③彼は「アメリカでの婚歴がないから(アメリカで結婚がいい)」と言いますが、これもどういうことなのでしょうか?

ⅡESTAで入国してアメリカでマリッジライセンスを取得、結婚、GC申請、が一番楽のようですが、法的問題にはならないでしょうか?実質的には大丈夫と聞いております。

Ⅲもし、ⅠやⅡの方法が可能なら、K1ビザを取るメリットはどこにあるのでしょうか?

よく彼と話し合うべきことですが、遠距離で時差もあり、また、彼のトラウマがあるので難しさを感じます。また、私なりに知識を持っておかないと話し合いにならない、ということもあります。最初のうちは、彼は「いつ仕事を辞めてもこちらへ来てもいい」、「3か月くらい滞在して様子を知って」「就学ビザを取るのもよい」と言っていました。
最近は、Ⅱの方法で結婚しよう、と言います。書類は弁護士さんに依頼するとのことです。3月で退職するか、まだ日本で働き、ゆっくり準備をするか、私の選択によるところが大きいです。私は仕事は好きですが、このような状態で心のバランスを取るのも簡単ではなくなってきました。もし、仕事を続けたとしても、夏くらいには渡米したいと思います。学年の途中で退職するのは、生徒に対しては申し訳ないのですが・・・。

長々とすみません、お手数をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。
                                                小猫
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

私も4年前にアメリカに渡米して結婚して永住権を取りました。

ESTAができて以来、色々な意味で入国が大変になった部分もあります。

順にまず回答しますね。

Ⅰ.①残念ながら前の彼氏さんの結婚は相手の方が永住権が欲しくて結婚したのかもしれません。また、相手の方も精神的に不安定な場合があり、日本を脱出したくて結婚をして渡米しても、結局アメリカの生活に馴染めなくてすぐに離婚して日本に帰国する場合もあります。日本で入籍することに問題はありません。それは彼氏さんの心の問題だと思います。日本で入籍して問題が起きたので、彼氏さんとしては嫌な思い出があって気が進まないだけであり、法律的には何も問題はありません。

②残念ですが・・・慰謝料の件は双方の言い分を聞いてないのでなんともここではお答えできません。アメリカで婚姻がないということは、彼氏さんはアメリカで正式に結婚しなかったのでしょうか?

③アメリカで婚姻をしても、婚姻してから1か月以内に最寄りの日本大使館または領事館にその婚姻を届けて、お客様の戸籍に反映させなければなりません。彼氏さんは日本人ですよね?彼氏さんは以前配 偶者のグリーンカードを取るためにアメリカ市民権を取られたのですよね?日本サイドで日本の国籍を放棄したのでしょうか?もしも日本国籍を保持したいのであれば、アメリカで婚姻をして、日本大使館または領事館に婚姻届を出す場合、彼氏さんは二重国籍であることが通達しなければなりません。その場合は日本国籍を放棄しなくてはなりません。まだ日本国籍を保持したいのであれば、アメリカと日本とで別々に婚姻届を出した方が良いです。

Ⅱ昔は緑色の入国カードを書き、その入国カードが有効な90日の間に相手と結婚をして、永住権を申請するのが一番簡単な方法でした。今でも移民局のサイトにはNGとは書いていません。

Get a Green Card While Inside the United States

If you are currently in the United States and are one of the specified
categories of relatives of a U.S. citizen in a preference category, you may be
able to become a permanent resident in two steps.

  • Step One - Your U.S. citizen family member(sponsor) must file the Form
    I-130, Petition for Alien Relative, for you and it must be approved. You must
    wait for your priority date in your immigrant visa category to become current.
    Your priority date is the date when the Form I-130 is properly filed (with
    correct fee and signature) on your behalf by your U.S. citizen relative. For
    more information on priority dates, see the "Visa Availability & Priority
    Dates" link to the left under "Green Card Processes & Procedures."

  • Step Two - Once the priority date in your visa category is current, you may
    file for Adjustment of Status with Form I-485, Application to Register Permanent Residence or Adjust Status. Adjustment of Status is the process you go through to become a Permanent Resident. For more information, see the "Adjustment of Status" link to the left under "Green Card Processes & Procedures."

ただ、この場合は必ず結婚のために入国するのではなく、1週間か10日後の帰りの航空券を所持して、あくまで観光で入国をし1週間や10日後に日本に帰国すると思わせないと、入国拒否にあいます。手続き上は、日本でK-1ビザを取ってアメリカに入国、その後グリーンカードの申請に移行することになっています。お客様の場合、結婚する気はなかったけど、彼氏さんにアメリカ滞在中にプロポーズを受け、帰れなくなった・・・という筋書きでESTAを使って婚姻届と永住権の申請をしなければなりません。

Ⅲ日本で入籍をした場合、必ずK-1ビザを申請しなければなりません。

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/acs/tacsj-usmarriage.html

アメリカ大使館の日本語のサイトを参考にしてみてください。

たとえば、日本に駐留しているアメリカの軍人さんと結婚した場合、先に日本で入籍をします。でも任期がきれて旦那さんがアメリカに戻る場合は、妻であってもこのK-1ビザを取得して奥さまは入国して、 永住権を申請するのです。アメリカは州によって法律が違います。日本で入籍しても、アメリカのどこかで、結婚ライセンスを取って、一定の期間内(通常一か月以内)にそのライセンスを取った群で結婚式を挙げ、そこの群に結婚を登記しないとアメリカ国内での結婚は認められません。一番簡単なのがラスベガスです。血液検査もありませんし、約100ドル支払ってライセンスを取得、同日に結婚式を挙げて、登記することが可能です。ライセンス取得後1週間、1か月と結婚式を待たされる州もありますが、ネバダ州は同日にライセンスと登記ができます。実際にCounty(群)に登記の確認ができるようになるのには1週間かかりますが、他の州と違い簡単です。

日本で入籍しても、アメリカでこの手続きをしてない限りアメリカサイドでは婚姻は認められていません。お互い独身状態にあります。その時入国に必要なビザがK-1ビザとなります。でもK-1ビザ申請中は相手の方に会いに行くことができない、お客様が一人でアメリカ大使館で申請しなければならない不安、アメリカと日本のタイムラグがあり時間がかかるデメリットもあり、観光で入国してそのまま現地で結婚するケースも多いです。

ここで一番の問題は、たぶん彼氏さんが日本国籍をどうしたいのか?だと思います。まだ、日本国籍を保持したいのであれば、お客様は学生ビザか観光で渡米後、アメリカで結婚、永住権の申請をして、日本に二人で帰国されたときか、またはお客様のご両親様に日本サイドで婚姻届を提出してもらうことです。

彼氏さんが日本国籍を放棄したいのであれば、K-1ビザを取得して入国してもOKですし、学生ビザ・観光で渡米後結婚してもそのまま日本大使館や領事館に届け出をだしてもOKです。

国籍をどうしたいのか彼氏さんと話し合われてみた方が良いと思います。良く配偶者のためにアメリカの市民権を取られた方は、日本国籍を保持されたい方が多いです。日本国籍を保持したいということで、だいぶ結婚の仕方が変わってくるとお思います。また、将来的に日本に帰国された場合、外国人の方は戸籍がないので、奥さまが戸籍の筆頭者となり、その奥さまの戸籍に旦那様が入ることになり、健康保険などの公的証書には奥さまの苗字になります。男性の方でそれは嫌だと言われる方も多いので、その辺も話し合われた方が良いと思います。

お仕事をされているとのことですから、なかなかその仕事を辞めて渡米というのも決断が必要だと思います。これは私個人の意見で法律問題 とは関係ないですが、アメリカの生活は思った以上に大変です。日本のような医療保険が確立されていませんから、何かにつけてお金がかかります。彼氏さんが企業にお勤めだとのことですから、医療保険をカバーしてもらっているとは思いますが、それでもかなりお金がかかります。また、住む場所によっては車でしか移動ができず、それも慣れないうちは色々苦労があります。3か月間、彼氏さんと一緒に暮らしてみて、アメリカ生活の様子をみてみるということは私は非常に良い申し出だと思いますよ。ただ、お仕事を辞めなければならないのがネックですが・・・

アメリカは日本のように紙一枚で結婚・離婚ができる場所ではないので(協議離婚でも裁判所に申請を出さなくてはなりません)、今後のご自身の人生をよく考えてみられることも必要かと思います。

私の回答が少しでもお客様の悩みのお役にたてていますことを切に願っています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

leagalsos2011様
 このたびはお世話になっております。迅速かつご丁寧なご回答、感謝しております。PCの不調でご連絡遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。


 ①日本で入籍の場合はK-1ビザが必要なのですね。納得いたしました。(彼の場合は、もと彼女さんの意向が日本になるべくいたいとのことだったようです。そうなりますと、なぜ彼と結婚したかったのか謎ですが、恋とはそうしたものなのでしょう。ただ、離婚のさいには、言葉は悪いですが、親ぐるみで彼を陥れたような形で訴訟?したらしいです。)


②彼が米国籍を取得したのも、そのほうが彼女さんの移民ビザが取得しやすいためだったのですね?


③彼は日本国籍は放棄しています。もし先々日本に戻るなら、故郷にお墓もあり、復活させたいようです。私は彼の戸籍に入りたいと思っております。


この場合、私はGCのみなので日本国籍を保持し、帰国する際に彼の戸籍を復活させ、入籍するという形を取れますか?(彼は私には日本国籍を保持してほしいと言っています。)


④移民ビザというものがよくわからないのですが・・・。ESTA入国後、I-130(移民ビザ?)を承認してもらい、のちにGC発行となると理解してよろしいでしょうか?


 


さらにお手数をおかけしますが、上②③④についても教えてください。関係機関のHPを読まねばならないところで、努力不足は恥ずかしく思っております。


 


また、米国生活の困難な点について、先輩としてご教授いただけましたら有難く存じます。彼は「コンビニがない」「店員が愛想悪かったり、長く待つことがある」「ガス屋がこない」「カラオケなど娯楽がない」(職場はダウンタウンですが、郊外に住んでいます。)等と散漫なことを言っているのですが、これまでの訪問では特にいやなことはありませんでした。長く雨ばかりの冬も許容できるかな、と思うのですが、もう少し用心深くなるべきでしょうか?


 


ご指摘の通り、3カ月くらい何らかの方法で滞在できたらよいのですが、年齢的にも難しく感じます。仕事を辞めて結婚するかもわからないのに長期間渡米、というのもちょっと怖いですし・・・。電話ではなかなか話を詰められませんし、彼も私が米国でやっていけるか、この手続きから見守っているのかもしれません。来月彼が仕事を含めて来日するとのことなので、また話し合ってみます。前回会った時は、私は今後の段取りについて話し合いたかったのですが、きちんと調べていなかったので、話が進まなかったのです。反省しました。


ともあれ、彼と幸せになれるよう、努力してまいりたいと思います。


 


散漫になりまして、また甘えてしまって申し訳ありません。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


 


                             小猫


 

専門家:  legalsos2011 返答済み 3 年 前.

小猫さん

ご連絡ありがとうございます。

どうされたのかな?と思っていたところです。

きっと彼氏さんとご相談されているのだろうなと思っていました。

①からお答えしていきますね。

①はいそうです。日本で入籍した場合、配偶者の方がアメリカ渡米するためにはK-1ビザの取得をアメリカ政府は義務付けています。小猫さんの場合、ESTAで入国または学生ビザで入国して一か月後に結婚をして 、その後すぐにGCの申請をして、90日の間にできれば移民局の方から仕事をしてよい許可証や指紋採取などの手続きが済ませられると良いと思います。

②アメリカ市民と結婚しない限り、GCはすぐには取得できません。GC保持者がGCを配偶者のために取得するには10年かかる場合もあります。

③彼氏さんの戸籍は復活できますが、裁判所に申請をして、半年から一年かかると聞いています 。実際に復活させてみたり、その時期の法改正がどうなっているのかにもよります。小猫さんがGC保持者である限り、彼氏さんはアメリカ市民であっても小猫さんの戸籍に入れますから大丈夫です。その場合は小猫さんが戸籍の筆頭者となります。彼氏さんは日本の入管で滞在権をもらい、お住まいになる市町村で外人登録をして、小猫さんの戸籍に入ります。もしも戸籍の復活をしたいのであれば、その後復活をする形になります。間違っても小猫さんがGCを取得したあとに彼氏さんの日本の戸籍を復活させることは考えないでください。それは彼氏さんが職を失い、アメリカ滞在権を失くすことになります。国籍変更はあくまでも最終的にお二人が日本に帰国されるときに行う申請です。

④GCの申請はかなり大変です。

申請書は

Forms

となります。すべての書類を全部いっぺんに出さなければなりません。

また、この他にも彼氏さんの年収の証明3年間分(年収が1万7千ドルを切っている場合はサポートできないとみなされGCは取得できません)、家族を含めた結婚式の写真も重要ですので、絶対にご家族出席の結婚式を挙げた方がポイントが高いです。彼氏さんがアメリカで以前に結婚され離婚された場合、その離婚証明書も必要です。また、不動産などをお持ちの場合は、結婚後必ず小猫さんの名前を付けくわえて登記すること、ガス、電気、水道などの公共料金にも名前を付けくわえてください。車両保険にも名前を付けくわえてください。

アメリカ政府は小猫さんたちがどのくらい真剣なのかをみたいのです。不動産や夫婦名義の口座などは、偽装結婚の場合配偶者の名前を付けくわえたりしないのです。必ず小猫さんの名前と彼氏さんの名前が載っている書類はすべて提出しなければなりません。

私も44歳で結婚しました。

アメリカに住んでいたこともあり、アメリカの生活に支障は感じませんでしたが、とにかくここアメリカの景気が悪く、日本人はほとんど仕事がない状態です。それが小猫さんのストレスにならないように、結婚してからの生活設計を彼氏さんと話し合ってみることも大事かもしれません。

学生ビザで入国して1か月でも一緒に生活を共にしてみて、その間に結婚を決めてみても良いかもしれません。いったん入国してしまうと、アメリカから出国しにくくなります(出国できないわけではありませんが、99%の方はGCが取得できるまで日本への帰国、他国への出国はしません。そのため、結婚式もアメリカに家族に来てもらって結婚式を挙げるケースが多いです。)

GC取得に関しては、また別途ご質問いただければと思います。

どうか彼氏さんとよく話し合ってみて、幸せな家庭を作ってくださいね。

評価の方もよろしくお願いいたします。

legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 168
経験: Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3271
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3271
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    438
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問