JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

WA州在住で、私はグリーンカード保持者、夫はアメリカ人、子供はありません。 夫が先になくなった場合の遺産の質問です。私はアメリカ市民ではないということでこれに対して税金がかかると

解決済みの質問:

WA州在住で、私はグリーンカード保持者、夫はアメリカ人、子供はありません。
夫が先になくなった場合の遺産の質問です。私はアメリカ市民ではないということでこれに対して税金がかかると聞いています。
この場合は、夫の財産と共有の半分に対してかかってくるということだと思っています。

控除金額の設定はないのでしょうか?
どの位の比率でかかるのでしょうか?

近いうちにLiving Trust,Will などを作ることを考えておりますが、この税金に関してはこれらがあっても何しても避けられないものなのでしょうね。 ご回答をよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
はじめまして、NY州弁護士の奥山と申します。

非常にざっくりとしたご理解では、貴方様のご理解で間違いはないのですが、「アメリカ市民でないから」相続税が掛かるということはありません。アメリカ市民、アメリカに居住者のすべてに掛かってきます。

ご質問の控除額ですが、将来のことは言えないのですが、2013年を考えますと、つまり、ご主人がもし今年お亡くなりになった場合、$5Millionの控除があります。これを超える部分は、税率40%でTaxが掛かります。つまり、Taxableな資産が10Millionあった場合、まず、5Millionを差し引いて、残りの5Millionに税金が掛かりますので、2MillionのEstate Taxを支払うということになります。ざっくりとした言い方ですが。。。

Living Trustは、Qualifiedされれば、このTaxを回避できます。Willは、そのものは税金の回避にはなりませんが、Estate Planning(Living Trustなどを駆使して、相続財産を税金で欠くことが起こらないようにする方法)の一つの手段ではあります。

また、州レベルのEstate Taxを課している州があります。WA州もその一つだったと記憶しております。そこで、WA州のEstate Planning Lawyerにご相談されることをお勧めします。

十分なお答えになったでしょうか?

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問