JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

カリフォルニアでのスピード違反に関する質問です。 12月23日にデスバレー内のR190(60マイル制限)で 38マイルオーバーで違反切符を受け取りました。 その際、後

質問者の質問

カリフォルニアでのスピード違反に関する質問です。

12月23日にデスバレー内のR190(60マイル制限)で
38マイルオーバーで違反切符を受け取りました。

その際、後日裁判所から通知が来るので裁判所に行く様に言われました。
おそらく、3月ぐらいになるとの事です。

違反切符には
IF BOX A IS CHECKED, YOU MUST APPEAR IN COURT.
にチェックされています。
YOUR COURT DATEに記載はありません。

違反金・保釈金?(必要があれば)はもちろん支払う予定ですが
アメリカ東部にて働いており、カリフォルニアの裁判所へは
気軽に 行けない状態で、非常に困っております。

インターネット・アメリカ人に質問する等して、色々調べたのですが
スピード違反では特に出廷する必要はなく、オンラインで罰金さえ
支払えば問題ないとの回答を得たのですが超過マイルかなり高いので
どうだろうねとの事でした。

専門の方のご意見・どう対処するのが最善かをお聞かせ頂ければと思います。
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
大分スピードが出ていましたね。

CA州もそうですが、多くの州では、26マイル以上のSpeedingは反則金扱いではなく、罰金刑や収監の可能性もある軽犯罪にあたります。

「後日裁判所から通知が来るので。。。」とありますから、実際に簡単ではありますが、裁判が行われるわけです。

この「APPEAR」は、本人でも弁護士でもOKです。軽犯罪でも身柄を拘束される場合があります(Arrestされる場合)が、本件は、チケットというよりSubpoena(召喚状)を受け取っただけで、その場は行ってよろしいという場合もあるわけです。

罰金は、38マイルともなると、多分500ドル以上でしょう。1000ドル近くになる可能性もあります。
詳しくは、このLinkをご覧ください。

さて、対応策ですが、
1.違反切符(Courtに来なさいは、実質的には召喚状)の38マイルが正しいならば、欠席裁判で負けを認め、罰金の通知を受ける。状況を説明する手紙を裁判日までに送って、なぜAppear出来ないか、なぜ、38マイルは多すぎるか、などなど、自分の信じるところを説明する手紙を書かれると少しはプラスになります。
2.代理人に行ってもらう。弁護士である必要があります。
3.自分で出廷する。

2.と3.のOptionの良いところは、検事側の唯一の証人、貴方様を捕まえた警察官本人が出廷しない可能性があり、逆に被告側に有利な欠席裁判になる可能性があることです。

私も、昔は、飛ばしておりまして、2度ほど法廷に行かなければならない事案が出来ました。2度とも、無罪とかなり低い反則金にすることが出来たのは、相手の警察官が来なかったからです。

Traffic LawyerのサイトでFree Consultationとあります。罰金がいくらぐらいになるかだけでも、把握されては如何でしょうか?弁護士本人は多分言わないと思いますが、相手の警察官が出てこないと無罪もある?と、お聞きになられては如何でしょうか?

十分なお答えになっていれば良いのですが。。。

追加の質問がおありでしたら、お気軽にお寄せください。

奥山
質問者: 返答済み 4 年 前.


奥山様


 


非常に早く、丁寧なご回答誠にありがとうございます。


 


つまり、現在の立場としては違反者というより被告人となるという事ですね。


 


どうするかは、わかりませんが弁護士に代理出廷して頂くのが


一番良いに思います。


 


再度、質問させて下さい。


 


弁護士にコンタクトしたいのですが、ご紹介頂くことは出来ますでしょうか?


その際の費用はどれくらいが相場でしょうか?


 


また、この年末日本へ一時帰国する予定なのですが


出入国に関して問題ありますでしょうか?


 


お知らせ頂いたサイトを確認したのですが、うまく表示されず


どれくらいの罰金なるか、確認する事が出来ませんでした。


明日、改めて確認致しますが、罰金刑のみで済む案件でしょうか?


 


この、案件によるデメリットはどのような事が考えられますでしょうか?


(保険の掛け金、クレジットヒストリーなど)


 


重ねての質問になりますが、よろしくお願い致します。


 

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
デスバレーでの違反ということですが、Countyはどこ?となっていますか?

Countyによっては、支払いもCredit Cardで出来たり、積極的に手紙による情状説明(CA州には観光で行った。仕事は東海岸で、簡単には抜けられない。。。などなど)を受け付けるCountyもあるようです。Countyの情報が分からない場合は、出廷するように言われているCourt Houseの住所を教えてください。

その情報を頂いたうえで考えましょう。

日本への一時帰国に何ら支障はありません。

自動車保険は値上がりするかもしれません。これまでのDriving Historyとの兼ね合いですねこれは!

もし、切符そのものをSCANして添付していただけるのでしたら、ここは、Public Forumですので、私の署名から、メールアドレスを探して、そちらにお送りください。

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


 奥山様


 


 再度、ご回答ありがとうございます。


 


 この件に関しまして、会社の弁護士の方に相談する事になりました。


 


 奥山様から回答により、事の重大さを認識させて頂きました。


 


 現在の立場、対処方法など暗中模索の中、光明を得た思いでした。


 


 米国生活は数年続く予定です。


 また、困った事があれば相談させて下さい。


 


 お手数をお掛け致しました。


 本当にありがとうございました。

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
お役にたてて、良かったです。

CA州ポーションのDeath Valleyは多分、Inyo Countyにあると思われますので、下記に、Inyo County Courtでの、「手紙による主張」の手続きを説明している部分を引用します。

速度違反は、是非、20マイルくらいにしておいてくださいね。

<引用開始>

Trial by Declaration(これが手紙による裁判。。。うーん、裁判ではないのですが。。。)

Vehicle Code Section 40902 allows a defendant to contest citations in writing, without having to make a personal court appearance. This procedure is called a “trial by declaration.” Trials by written declaration are available in cases involving infraction violations of the Vehicle Code or of local ordinances adopted under the Vehicle Code only. The following must be met to qualify for a trial by declaration: Full bail must be paid, violation(s) must be infractions only and no failure to appear or failure to pay fine(s) on the case.

To request a “trial by declaration” read TR-200 INSTRUCTIONS TO DEFENDANT (Trial by Written Declaration). Prepare a Judicial Council Form TR-205 REQUEST FOR TRIAL BY WRITTEN DECLARATION (Trial by Written Declaration-Traffic) and submit the completed form to the Court at the address shown below. You must include the full bail amount when submitting your TR-205 form to the Court for consideration. You must submit the bail amount and TR-205 to the Court no later than thirty (30) days from the date of this correspondence.

Page two (2) of the TR-205 form provides your opportunity to explain the facts of your case and tell the Judge why you believe you are not guilty.

The law enforcement officer issuing the citation will be notified to prepare a declaration as to the facts of the case.

The TR-205 form and declarations will be submitted to the Judge for ruling. You will be notified of the Judge’s decision by mail.

To obtain a fillable copy of the TR-200 and TR-205 form go to the California Courts Online Self-Help Center www.legalselfhelp.ca.gov and click on the forms tab, select traffic, select the forms you need to complete, or www.courts.ca.gov and scroll down to traffic, choose the forms related to your case.

IF YOU PAY FOR YOUR WRITTEN TRIAL BY DECLARATION BY CREDIT CARD, YOU MUST CHOOSE THE TRIAL BY DECLARATION OPTION AT THE TIME YOUR PAYMENT IS MADE. IF YOU DO NOT SPECIFY THIS PAYMENT IS FOR A WRITTEN TRIAL BY DECLARATION YOUR MONEY WILL BE FORFEITED AND A CONVICTION REPORTED TO DMV. Attach a copy of your receipt from Official Payments with your written declaration, when filing with the court.

Credit card or E-check payments for court fines and fees may be made through Official Payments:
https://www.officialpayments.com Official Payments Corporation charges a convenience fee to use this
service to make the payment. This charge is payable to Official Payments and is separate from the primary obligation you will pay the court.

<引用終了>

サイトは、こちらです。http://www.inyocourt.ca.gov/traffic.html

いつでも、お気軽に、ご相談ください。

奥山

アメリカの法律 についての関連する質問