JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

現在投資ビザ(E 2)を申請中です 投資規模と投資先の状況などふまえてリスクの高い申請中です 上記の事も含めてまた早急に渡米しなければならない状況もあり 学生ビザの申請(F)

解決済みの質問:

現在投資ビザ(E 2)を申請中です
投資規模と投資先の状況などふまえてリスクの高い申請中です
上記の事も含めてまた早急に渡米しなければならない状況もあり
学生ビザの申請(F)で渡米することも考えています
*Eビザ申請中にFビザ申請することは可能でしょうか?
*可能であればF ビザで渡米しその後Eビザが取れるようになった場合
ステータス変更はできますか?
*変更の手続きはアメリカでデキマスカ?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
chibominakoさま

お問い合わせ、ありがとうございます。

学生ビザですが、I-20を発行してもらう母体となる学校は?やはり、語学学校か何かですか?

ストーリーとして、「事業を始めるにあたって、やはり英語力を上げなければならないと考えたので、まず、英語学校に入って英語のBrushUpを図ろうと思って、F-1で入国した、その後、投資家として一定のリスクマネーをアメリカに投じ、現地雇用もして、事業をはじめる計画を立てている。当初、E-2から申請したが、方向性は変えないものの、準備として英語を習得することが大切と考えるに至った。」という形になるのでしょうかね。

私は筋が通っていると思います。ここで、大学に行くとかMBAを取るとか、時間のかかる学校が入ってくると、話がこんがらがってしまうような気がします。

Chibominakoさまの言う「リスクの高い申請中」の申請は、いつごろされたものでしょうか?そろそろ結果が出るのでしたら、待ってからでも良いと思いますし、すぐにI-20を英語学校から取得して、F-1をとっても良いです。

さて、ひとたびアメリカに入国すると、Statusの変更をかけることが可能ですが、Statusを変更しても、E-2Visaは大使館Visaですので、最終的な判断は大使館に委ねられています。そこで、USCIS(移民局)でE-2へのStatusチェンジが認められても、実際に大使館に行ってVisaのStampをもらう段階になると拒絶をされることがあります。

E-2へのStatusチェンジを果たしても、アメリカ国内に留まれるのは2年間が最長ですので、2年以内に日本に帰国して、大使館でStampをもらわなければなりません。

もちろん、アメリカ国内で変更手続きをすることが出来ます。今、出しておられるE-2Applicationに似たレベルの詳しい申請書類が必要になります。

ご質問への十分なお答えになっていると良いのですが。。。

奥山
質問者: 返答済み 4 年 前.

kaitou arigatougozaimasu


e2visa shinseicyuno f1shinseiha tokuni mondaiha


nainodesune?f1shinseishitakotoniyotte e2ga


mukouninattarisurukotohanaidesuka?


e2nokekkaha 9gatsukoroni shinseishitanode sorosorokitemoiijikinanodesuga


risukunotakaishinseinanode tsuikasyoruino saiteisyutsunadono kanouseimoari itsukekkagaderuka wakarimasen


 

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
Customersama

nihongoga yomenai kankyounanodeshouka? roma-ji de goshitsumonwo itadakimashitanode roma-ji de okaeshiitashimasu.

F-1wo atokara shinseishitemo e-2 gaga, jidoutekini mukouniha narimasenga mensetsunotokini mondaini narukamoshiremasen.

sonotokiha E-2 no
mensetsuga hayakereba F-1no shinseiwo torisageru, F-1no mensetsuga sekideareba, E-2wo torisageru kotoninarimasu.

izurenishitmo saishoni ohanashishitayouni naze F-1mo shinseishitaka? wo setsumeidekiru kotoga daijinawakedesu.

okuyama
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速の回答ありがとうございます


最初の質問の際E2申請中でF1申請はストーリー的にはOKということでしたが回答内容を見るとFを申請すると言うことはEを取り下げてということでしょうか?同時に申請をして(現状ではFを後から申請)FがおりたあとEがおりた場合Eへのステータス変更はできるのでしょうか?


そもそもそのような申請はできないのでしょうか?


最初の質問と2度目の質問の回答のニュアンスが少し違っていると感じましたので教えていただければさいわいです

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
Customersama

あー良かった。ローマ字は、しんどいです。

Fが下りた後、アメリカにFで入国されるのですよね?Eがどうなるかを待ってから、Fで入国することをお考えでしたら、今回Eが考慮されることはないとは言えませんが可能性が低くなります。これは、大使館に、そうか、Eをあきらめて、「今回は、今回に限っては」Fで入国すると決めたのか!?と思われてしまうからです。決して、2つのVisaタイプを同時に申請してはいけないということはないので、あくまでも自動的に取り下げになるということではありません。

ですから、あくまでも提出したEの結果を待つことを最優先にするのか、いえ、アメリカへの入国を最優先にするか(Fをファイルする)のかを、日本の大使館への申請というステージでは選ぶ必要があります。

すなわち、Eを待って、もしダメならFを第一案とするなら、Fで入国するのを第2案としましょう。

先日申し上げたのは、Fで入国していたら、EにStatus Changeをすることは可能ですというお話です。ですから、これは、第2パターンの派生型、第2B案的なものになります。

こんがらがっているのですが、整理がつきましたでしょうか?

貴方様の場合、現状のE2の結果を待っても良いですし、急ぐようなら、F-1でも入国できますし、私はE-2を待っている方には、Bを取ることをお勧めしています。F-1もBもアメリカに居ながらE-2にStatus Change出来ますので。

ご理解を頂けましたでしょうか?

奥山
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます


何度もしつこくて申しわけありません


ということは現状のE2は結果待ちをいかしたまま


これからB1を申請し(理由は投資会社の運営に対する市場調査を


するためにビザを申請する)というストーリーでB1を取得し


アメリカに入りその後E2の結果が出てビザがおりたら


アメリカでBからEへのステータス変更ができるということですか?


上記のストーリーであればEの結果を待ちながら早急にBを取得しアメリカに入るという両方の希望がかなうのでしょうか?


ちなみにBの申請から取得まではおおよそどのくらいの期間がかかりますか?

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
いえいえ、どうぞ、じっくり質問してください。

はい、お申し越し通りに出来ますが、一つだけ、ひとたびBで入国した場合は、EへのStatus Changeの申請先は、アメリカに居る場合は大使館ではなく、USCIS(移民局)になります。ある意味でEの申請は、無駄になります。

Bを貰っていても、Eの結果を日本で待つ場合は先日お話しした第一案と同じことになります。F-1の代わりにB-1というだけになります。

この際、Bの申請に添付する手紙には、貴方様がどうして、アメリカ入国を急いでいるのか、E-2を待っていると逃してしまうかもしれないビジネスチャンスは何かなど、「どうして?E-2を申請中にBをさらに申請するのか」を説明する文言が必要になると思います。

Bの申請は簡単です。DS-160を提出して、お申し越しの理由(投資会社の運営に対する市場調査をするためにビザを申請する)を手紙にしたため、一緒に提出すれば面接後1週間で結果が出ます。基本的には、面接時にOKかどうかが分かります。

奥山

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
先日お答えした中で、現在のE-2申請を無駄にしない唯一の方法は、B-1でアメリカに入国後、E-2の面接に来てくださいという連絡が来た段階で日本に帰国して大使館で面接を受けるという方法があります。

仮にアメリカにとどまってUSCISへのStatus Changeを申請するにしても、E-2の申請に用意された(大使館に提出した)書類は、そのまま使えますので、無駄にはなりません。

日本に居られる間に、アメリカの会社設立とか、事務所の契約とか、銀行口座の開設、アメリカ法人への出資などなど、手続きをされたと思うのですが、同じ会社が受け皿になっている限りは、B-1からE-2へのStatus Changeはそれほど大きな障害では無いと思います。

奥山
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
Customersama

上記のお答えをさせていただいてから、しばらく時間が空いておりますが、お答えを見ていただきましたでしょうか?

是非、何かほかにご質問があればしていただき、これ以上の質問がない場合、お役に立ったようでしたら、回答の承諾を頂ければ幸いです。

奥山
質問者: 返答済み 4 年 前.

sumimasen


pc gaak


e

質問者: 返答済み 4 年 前.

sumimasen


pc ga akerarenakute


evizawo onegaishiteiru


bengoshini soudanshitara


syoriga fukuzatsuninarunode


bvizawa yametahougayoitoiwaremahita


gutaitekini naniga fukuzatsuninarunodesyouka?


nihongode henshinshite ok desu

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
Customersama

どちらをお信じになるかは貴方次第ですが、B-1からE-2などほかのVisaへのStatus Changeはむしろ推奨されています。

E-2の会社を日本に居ながら設立し、いきなり日本から乗り込んで運営を始めるというより、B-1で滞在して、会社が動き出す、多くの必要な書類、会社の実態を証明するもの、顧客との契約、売り上げ(会社の)、従業員を雇うなどなどが、積み重なって、「あーこの会社は本当に動いているのだ。E-Visaを上げても大丈夫なんだ」と分かってもらいやすいのです。

いきなり危険性の高いE-2に賭ける。。。。Chinominako-sanは、それが心配でF-1と思い始めたのではなかったでしたか?

「処理が複雑」?

どこがどう複雑になるのか?私に聞く質問ではないと思いますが如何でしょうか?これまで、使っていらした弁護士さんにお聞きください。

「なんで、B-1で入国して、Statsu ChangeしてE-2にしてから、十分な実績を残して、日本でE-2の会社登録をして、E-2Stampを貰うのは、そんなに大変なのですか?」と、、、、。

私には、複雑な処理などとは全く思いませんが。。。。

奥山
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3409
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3409
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問