JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

教えてください。 2年前に日本で式を挙げ、グリーンカードホルダーと結婚するためにnyにF1ビザで入国しました。

解決済みの質問:

教えてください。
2年前に日本で式を挙げ、グリーンカードホルダーと結婚するためにnyにF1ビザで入国しました。
今年の3月にアメリカで入籍し、日本大使館にも届出を提出。9月に主人はアメリカ人(シティズン)になりました。
まだグリーンカード申請していません。
グリーンカード申請前にアメリカを出たいのですが、再入国のさい入国拒否されるのでしょうか。
まだパスポートの名義変更は一切していません。i20も旧姓のままです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
お答えする前に確認することがいくつかあります。
1.「グリーンカードホルダーと結婚するためにnyにF1ビザで入国しました」ということですが、I-20を発行してもらった学校には全く通っていないのですか?
2.2年間アメリカを出国されていないのですね?
3.Green Cardは婚姻ベースのということでよろしいですね。
4.「今年の3月にアメリカで入籍し」とありますが、NYの総領事館に在留届と婚姻届を出したという理解でよろしいですね。
お答えをお待ちしております。

奥山 英二
NY州弁護士
質問者: 返答済み 4 年 前.
1、学校には毎日通い、学校で無給で働いています。週18時間以上の在籍をしています。
2、籍を入れるまで去年は日本へ2回、カンクンへ3回行っています
今年に入ってからは一度も出ていません。
3、アメリカ人と婚姻によるグリーンカード
4、婚姻届を出しました。在留届は出していません。
学生を維持したかったので。

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

1、学校には毎日通い、学校で無給で働いています。週18時間以上の在籍をしています。
2、籍を入れるまで去年は日本へ2回、カンクンへ3回行っています
今年に入ってからは一度も出ていません。
3、アメリカ人と婚姻によるグリーンカード
4、婚姻届を出しました。在留届は出していません。
学生を維持したかったので。

よろしくお願いします。

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
なるほど、ご主人がすでにアメリカ人(市民権)であれば、そして、アメリカに滞在中に結婚して、現在もその婚姻関係が継続していれば、万が一のことがあっても、Visa Waiver(現在のESTAの仕組み)で入国ができるはずです。

ご存知のようにESTAは米国が特定の二国間とVisa Waiver Programを発展的に前進させたものですので、日本人である以上どなたにも(アメリカが入国を拒絶する条件に当てはまらない限り)有効ですので、貴方様にも有効です。ESTAで入国は出来ます。

さて、ESTAを申請をする際に開始画面にこのように書いてあります。

警告: 入国地で米国への入国の申請に際して、米国税関国境警備局審査官によりビザ免除プログラム(VWP)に基づき入国が認められた場合、ビザ免除プログラムに基づく訪問中に不正な雇用を受け入れたり、通学したり、外国情報メディアを代表してはいけません。以下を申請することはできません。1) 非移民資格の変更、2) 滞在延長、または 3) 米国移民国籍法第245条(c)(4)に基づき資格がある場合を除き、 一時居住者または永住者への資格変更。これらの条項に違反すると強制出国させられることになります。

「3) 米国移民国籍法第245条(c)(4)に基づき資格がある場合を除き」とありますので、どのような方かと調べて見ますと、

INA: ACT 245 - ADJUSTMENT OF STATUS OF NONIMMIGRANT TO THAT OF PERSON ADMITTED FOR PERMANENT RESIDENCE


Sec. 245. [8 U.S.C. 1255]

(c) 1/ Other than an alien having an approved petition for classification as a VAWA self-petitioner, 1aa/ subsection (a) shall not be applicable to

(1) an alien crewman;

(2) 1/ subject to subsection (k), an alien (other than an immediate relative as defined in section 201(b) or a special immigrant described in section 101(a)(27)(H) , (I) , (J) , or (K) ) who hereafter continues in or accepts unauthorized employment prior to filing an application for adjustment of status or who is in unlawful immigration status on the date of filing the application for adjustment of status or who has failed (other than through no fault of his own or for technical reasons) to maintain continuously a lawful status since entry into the United States;

(3) any alien admitted in transit without visa under section 212(d)(4)(C) ;

(4) an alien (other than an immediate relative as defined in section 201(b) ) who was admitted as a nonimmigrant visitor without a visa under section 212(l) or section 217 ;

(5) an alien who was admitted as a nonimmigrant described in section 101(a)(15)(S) ;

(6) an alien who is deportable under section 237(a)(4)(B) ; 1a/

(7) 2/ any alien who seeks adjustment of status to that of an immigrant under section 203(b) and is not in a lawful nonimmigrant status; or

(8) any alien who was employed while the alien was an unauthorized alien, as defined in section 274A(h)(3) , or who has otherwise violated the terms of a nonimmigrant visa.

ということで、201(b)を見てみますと、

(2)(A) (i) Immediate relatives. - For purposes of this subsection, the term "immediate relatives" means the children, spouses, and parents of a citizen of the United States...

となっております。

ですので、ESTAで入国してアメリカ人との婚姻関係をベースにした永住権にApplyすることが出来ます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ESTA での入国はアメリカ人配偶者がいる事で


移住目的であり短期滞在ではないので入国拒否される可能性が大きいと聞いています。


そしてF1で2年間滞在してからのESTAはどうしても質問事項がおおくなりひっかっかりやすいと聞いています。


 


私が聞きたいのは、私はパスポートも旧姓、I20も旧姓であり


イミグレーションが私が結婚してるとわかる可能性はあるんですか?


日本で籍はいれていますが、パスポートの記載変更していない限り、わからないと思うのですが。(もちろん質問されたら答えなければ行けないと思いますが)


婚姻前のようにF1とI20と学校のDSOのサインがあればただの生徒として出入国できると思うのですがどうなのですか?


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ESTA での入国はアメリカ人配偶者がいる事で


 


移住目的であり短期滞在ではないので入国拒否される可能性が大きいと聞いています。


 


そしてF1で2年間滞在してからのESTAはどうしても質問事項がおおくなりひっかっかりやすいと聞いています。


 


 


 


私が聞きたいのは、私はパスポートも旧姓、I20も旧姓であり


 


イミグレーションが私が結婚してるとわかる可能性はあるんですか?


 


日本で籍はいれていますが、パスポートの記載変更していない限り、わからないと思うのですが。(もちろん質問されたら答えなければ行けないと思いますが)


 


婚姻前のようにF1とI20と学校のDSOのサインがあればただの生徒として出入国できると思うのですがどうなのですか?

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
是非、アメリカを出国される前に、Marriage Certficateを取得してください。アメリカ人(アメリカ市民権を持つ旦那様はアメリカ人です!)と結婚していれば、私が引用した条項が適用されて、最悪ESTAでも入国ができると申し上げたかったので、F-1で普通に入国することはもちろん、トライをしてください。

日本で籍を入れているということですので、ご心配でしたら、日本の戸籍謄本をとって、パスポートの再発行をアメリカの日本領事館で出来ます。

F-1で2年いたから、ESTAで入れないではなく、F-1での入国が断られた時にはESTAでも入れますという意味の先日の私の答えでした。

F-1、I-20が有効であれば、もちろん、生徒として出入国が出来ます。
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3322
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3322
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    443
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問