JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

eokuyamaに今すぐ質問する

eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

現在アメリカ在住、7年前に就労ベース(EB3)で永住権を申請しましたが、先日、長女の永住権がAge Out の理由で却下されました.

質問者の質問

現在アメリカ在住、7年前に就労ベース(EB3)で永住権を申請しましたが、先日、長女の永住権がAge Out の理由で却下されました. 娘の年齢に関しては、過去に、この弁護士と何度も確認し、大丈夫だといわれ、そのときのemailもとってあります。いまのところこの弁護士はミスを認めていません。このままではとても納得できないので、せめて長女の申請にかかった費用だけでも取り戻したいのですが、可能でしょうか?よろしくおねがいいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.

少し長くなりますが、Aging Outの問題を解決するために2002年に法制化されたChild Status Protection Actの説明を下記に添付します。

これによると、御嬢さんの申請は認められるはずなのですが。。。

特にthe general requirements to benefit from CSPA?のところを注意して読んでください。

頂戴したメールと引用した弁護士からの部分的なメールでは実際にこれに当てはまるのかが判断付きかねますので、USCISのサイトから下記を引用させて頂きました。

弁護士のMalpracticeを訴えることは時間が十分ありますので(1年から場所によっては2年半)、まずは、なぜ今更Aging Outでダメなのか?CSPAは御嬢さんには適用されないのか問いただしてください。これにきちんと答えてこないようでしたら、Malpractice訴訟を辞さないというアプローチで担当した弁護士の責任を追及しましょう。

 

<引用開始>
Questions and Answers: USCIS Issues Revised Guidance on the Applicability of the Child Status Protection Act (CSPA)

 

Introduction

The Child Status Protection Act (CSPA) amended the Immigration Nationality Act by changing how an alien is determined to be a child for purposes of immigrant classification. The Act permits an applicant for certain benefits to retain classification as a “child,” even if he or she has reached the age of 21.

Since its enactment on Aug. 6, 2002, USCIS provided several field guidance memoranda regarding the adjudication of immigration benefits in accordance with the CSPA. A memo issued April 30, 2008 made some substantive changes to how USCIS applies CSPA.

Questions & Answers

Q: What is the Child Status Protection Act (CSPA)?
A. A “child” is defined in the Act as an unmarried person under the age of 21. Prior to the enactment of the CSPA on August 6, 2002, anyone who turned 21 at any point prior to receiving permanent residence could not be considered a child for immigration purposes. This situation is described as “aging out.” Congress recognized that many people were aging out because of large backlogs and long processing times for visa petitions. CSPA is designed to protect an individual’s immigration classification as a child when the person aged out due to excessive processing times.

Q. How does CSPA work?

If you are…Immediate Relative of a Naturalized U.S. Citizen

The child’s age freezes at time the visa petition is filed (Form I-130). If a child becomes an immediate relative through the petitioner’s naturalization or the termination of the beneficiary’s marriage while the beneficiary is under 21, the child’s age freezes on the date such action occurred.

If you are…Preference Classification for Permanent Residence or Derivative

CSPA allows the time a visa petition was pending to be subtracted from an applicant for permanent residence’s biological age so that the applicant is not penalized for the time in which USCIS did not adjudicate the petition.

Q. What are the general requirements to benefit from CSPA?

A. Several requirements must be met to be eligible for CSPA age out protection:

  • The child must have been the beneficiary (principal or derivative) of a pending or approved visa petition on or after August 2, 2002.
  • The child must not have had a final decision on an application for adjustment of status or an immigrant visa before the date of enactment of the CSPA.
  • The child must “seek to acquire” permanent residence within one year of a visa becoming available. USCIS interprets “seek to acquire” as having a Form I-824, Application for Action on an Approved Application or Petition, filed on the child’s behalf or the filing of a Form I-485, Application to Register Permanent Residence or Adjust Status, or Form DS-230, Application for Immigrant Visa and Alien Registration from the Department of State. The date of visa availability means the first day of the first month a visa in the appropriate category was listed as available in the Department of State’s visa bulletin or the date the visa petition was approved (if a visa was already available in that category).

Q. Are people who did not file an application for permanent residence within one year of the visa becoming available still able to apply under CSPA?

A. Generally, no. However, because of the recent change in interpretation of the CSPA, USCIS will permit certain individuals to apply outside of this one year period.

Individuals that are eligible to apply for permanent residence under CSPA after one year of a visa becoming available include:

  • Beneficiaries (or derivatives) of a visa petition that was approved prior to August 6, 2002 AND
  • had not received a final decision on an application for permanent residence based on that visa petition prior to August 6, 2002 AND
  • the visa became available on or after August 7, 2001 AND
  • who met all of the other eligibility requirements for CSPA (see above)

Q. What can I do if I had an application for permanent residence that was denied because I aged out?

A. If you would have been eligible for CSPA protection under the revised guidance, you can file a Motion to Reopen/Reconsider with the office that denied the application with no fee if you meet the following requirements:

  • you were the beneficiary of a visa petition that was approved prior to August 6, 2002 and filed for permanent residence after August 6, 2002 AND
  • you would have been considered a child under CSPA requirements (see above) AND
  • you applied for permanent residence within one year of visa availability AND
  • your application was denied solely because you aged out

When an application is denied, the applicant receives a written decision that cites the section of law and describes why the alien is not eligible for the benefit. An application may be denied for one reason or for multiple reasons. If an application was denied for more than one reason including aging-out or for any reason other than for aging out, the alien is not eligible to file a motion to reopen under the new guidance.

Q. Is there a deadline to file under the new guidance?

A. No.

<引用終了>

 


頂戴した情報の範囲で出来る限りのお答えをさせて頂きました。

奥山 英二
NY州弁護士

eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験: NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

奥山様


早急なお返事、ありがとうございました。


このようなサービスがあるのには驚きました。


昨日、他の移民弁護士に娘のケースを聞いてみたところ、CSPAにはAge Out に関する計算があるようで、それによると昨年5月に娘はすでにAge Out になっていたということです。担当弁護士に、それらの事を知っていたのか、そして何を根拠に大丈夫だと言っていたのかを問いただしてみようと思います。その返事次第でまた考えます。ありがとうございました。

専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
いつでも、また、ご相談ください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3239
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3239
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    436
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    41
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

アメリカの法律 についての関連する質問