JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

夫の海外赴任に動向してロサンゼルスで暮らしています。 どうしても夫の横暴に耐えられません。 離婚するには日本とア

解決済みの質問:

夫の海外赴任に動向してロサンゼルスで暮らしています。
どうしても夫の横暴に耐えられません。
離婚するには日本とアメリカではどちらが良いでしょうか?
結婚して5ヶ月目。
夫52歳。私48歳。子供なし。
正社員で勤務していた会社も退職してきたこともあり
多少なりとも慰謝料請求を考えています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 4 年 前.
日本でのご結婚と推察します。アメリカでの離婚協議をアメリカの裁判所に持ち込むのは難しいと思います。

日本にお帰りになって、日本の弁護士にご相談いただくことが必要になります。

アメリカでの結構の場合は、逆にアメリカでの離婚になりますが、ご主人の「横暴」には、どのような行為が含まれるのでしょうか?暴力的なこと(言葉によるも含めて)が含まれると、CA州のコード(規則)で、慰謝料も十分に期待できますが、正社員であったのを辞めて結婚したは、慰謝料の理由には成りえません。

まずは、置き手紙して、日本にぷいっと帰られては如何ですか?ご結婚5ヶ月ですので、いきなり離婚ではなく、こちらの主張をきちっと伝える方法を考えてはどうでしょうか?

奥山
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問