JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 186
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

こんにちは。今回はNYで起きた出来事についての質問よろしくお願いします。 今から二年前の2010年にNYにいる友達を訪れるため観光ビザで訪れました。夜に日本人の友達とバーに飲みに

質問者の質問

こんにちは。今回はNYで起きた出来事についての質問よろしくお願いします。
今から二年前の2010年にNYにいる友達を訪れるため観光ビザで訪れました。夜に日本人の友達とバーに飲みにいくことになり、そこで閉店の2時までお酒を飲みました。ビール3杯くらいでした。私たちは帰る方向が別々だったのでバーの前で別れました。タクシーを見つけようと歩いていると女性2人が乗った車が近寄ってきました。何か英語で話しかけてくるので無視をして歩いていると私の歩いているのをさえぎって車から降りて車に乗るよう言ってきました。私はノーとしかいえず、彼女たちは私の鞄を思い切り引っぱりました。中にはパスポートなどの貴重品が入っていたので私は思わず引っぱりかえしました。すると私の頭を押さえつけ車に無理やり押し込められそうになりました。私が嫌がり車のドアの両側をつかんで嫌がっているとそこに警察がきました。二人の女性が事情を聞かれ、私は英語が話せないため警察はその女性達と話ました。話終わるとなぜか救急車が来ました。何がなんだか分からず警察が私を引っ張って救急車に乗せました。私は怖くなり救急車を出ようとするとノー!と言われ、手錠をだされ手と足をベットにくくりつけられました。そして緊急病院に連れて行かれ、またベットにくくりつけられ病室につれて行 かれました。そこで血を三回も抜かれ、私が英語が分からずにおびえてくくりつけてあるベットで手をガタガタさせていると病院の医師が注射を持ってきて私の足のかかとに注射をしました。そうすると時間がたつにつれ気分が悪くなりぐったりしていました。朝になり帰ってもいいか聞くとノーといわれ次の日のお昼過ぎやっと帰っていいとの許可が下りました。私はふらつく足でなんとか家に帰りました。精神的、肉体的にも疲れ自宅で寝ていました。するとその日の夜何か体の異変に気付き目が覚めました。目はかすんで前がよく見えず、首は激痛を伴い全く動かせませんでした。時間がたてば治ると思いじっとしていましたがだんだんその首の痛みがまして首が後ろに沿って全く前が向けない状態になりました。私は泣きながら必死に痛みをこらえようとしましたが限界を感じ、911に電話をしました。家に救急車がきてまた同じ緊急病院に連れていかれました。病院で首が痛いと言うと腕に注射をうたれました。時間がたつにつれ首がもとにもどってきました。それにつれ今度は全身の激しい震えがきました。私が震えが止まらないというと4時間もその状態を放置されやっとそれを止める点滴がうたれました。私はやっと眠ることができ次の日のお昼に帰されました。それから一週間精神的に寝付くことができませんでした。何日かして病院からの請求書が届きました。7000ドル以上でした。私は驚き、病院に問い合わせてみると病院側は支払ってもらうとのことでした。それから3週間わたしと病院側で支払いについての話し合いは続きました。そして私が日本に帰国しなければいけない1週間前に病院側が支払いをしなくてよいと私に言ってきました。念のため病院でのドクターレポートをほしいといってもらいました。最近になって日本の友人にそのドクターレポートを見せると全くうそが記載されていました。まずその女性二人が警察に言ったことは私は異常者で交差点のど真ん中にたって危なかったから助けたというものでした。警察も病院も私の話を聞かず、その2人の女性の言う事を信じていたことでした。それと、警察側は私のパスポートをみて日本人で英語が話せないと分かっているのに病院側のレポートにはprimary language母国語の所にenglishにチェックがついていました。その震えていたときにうたれた注射は薬物をしている人にうつ注射?ハラドルというものでした。私はただ飲んでいただけでどうしてここまでなったのか悔しくてたまりません。私の知人は訴訟をするべきだといいます。アドバイスよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 5 年 前.

大変な目に合われましたね。

お客様は今は日本に住んでらっしゃるのでしょうか?

私もご友人の方がおっしゃる通り、訴訟をするべきだと思います。

一つは警察を相手にちゃんとした説明を聞かずに病院に連れ行ったことに対しての賠償。

もう一つは病院を相手に説明も聞かずに抗鬱剤を打ったことに対する医療行為への賠償と慰謝料。

この二つを訴訟するべきです。

7000ドルを支払わなくてよいと言われたことは本当に良かったですが、やはりちゃんとした説明を聞かず、説明できる英語能力がないとなれば、日本語の通訳を用意するべきだったのに、それをしないのは無責任極まりないです。

この件でもしもニューヨーク州の弁護士さんが必要な場合は、日本語ができるアメリカ人の弁護士で、日本人通訳がいる法律事務所をご案内させていただきます。

まずは弁護士さんに相談されて、お客様の案件を判断していただいたほうが良いと思います。

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  legalsos2011 返答済み 5 年 前.

プラス評価本当にありがとうございました。

もし宜しかったら下記の法律事務所にご連絡されてみてください。

http://finkkatz.com/japanese/index.htm

日本語ができる弁護士さんもいますし、日本語の通訳の方はとてもベテランでもう10年もこの仕事をこの事務所でされています。

きっと良いアドバイスをしていただけると思います。

早くお気持ちがすっきりされますことを切に願っています。

アメリカの法律 についての関連する質問