JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kkanaiに今すぐ質問する
kkanai
kkanai, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 13
経験:  American University Washington College of Law 卒業 LL.M. & J.D.取得。 Member of Washington D.C. Bar, ロスアンゼルスのサラ・ジュン法律事務所に在籍
64325165
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
kkanaiがオンラインで質問受付中

F-1VISAからO-1VISAに変更を考えている者です。 数年前に5年のF-1Visaでアメリカに入り、今年、諸事情でI-20が失効状態

質問者の質問

F-1VISAからO-1VISAに変更を考えている者です。

数年前に5年のF-1Visaでアメリカに入り、今年、諸事情でI-20が失効状態 ((F−1Visaは有効 またパスポートをアメリカで更新し、現在F-1Visaが付いた古いパスポートと現行のパスポートを2冊所持)) で帰国、そして留学生としての入国を断念し、新しいパスポートのみで観光という形で今年だけで入国を2回繰り返し、現在アメリカの自宅におります。(観光90日間×2回)

そしてO-1VISA取得の為に現在動いており、I-20を発行してくれている語学学校が融通の利くところなのか、滞納している学費を全額払えばI-20を再発行してくれるという形になっております。((帰国している事実は学校には伝えておりません))

自分の段取りとしてはI-20再発行から、留学生というステータスに戻し、アメリカ国内でO-1への変更を今回の90日間が満了する前に行い、、帰りのチケットを破棄し、そのまま滞在しようというのが目的です。O-1VISAに関してはアメリカでスポンサーになってくれる企業がおり、そこの弁護士も既に紹介してくれております。

この流れで何か引っかかる点などはありますでしょうか?不本意ながら複雑な事をしていると思うので少し不安です。

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  kkanai 返答済み 5 年 前.
こんにちは、

質問が何か引っかかる点があるかどうかということですので、それについてお答えします。

今回はビザウエイバーで来られたと思うのですが、かなり問題があります。

問題点1.
ビザウエイバーで入国した場合、通常アメリカ国内でのステータス変更はできません。
ですから、たとえ有効なI-20を保持していても、あなた様は観光でビザウェイバーにて入国されているでしょうから、90日の期間が過ぎる前に出国する必要があります。

問題点2.
入国目的と入国時ステータスがちがうこと。入国時に観光であるとして入り、実際は学校に戻るつもりであったとみられ、これはうそをついて入ってきたとみなされる可能性があります。

問題点3.
I-94(最近廃止になりましたが)もしくはパスポートの入国時におされたスタンプに”VW”もしくはオフィサーの手書きなどであなた様が観光で入ってきていることがわかるようになっているはずですし、コンピューター上でも そのように記録が残っているはずです。それで、ステータス変更申請をしたとしても、よほどの何か特別な理由もしくは方法がない限り却下されるでしょう。

それに、ステータス変更に必要な書類の一つがI-94です。ビザ保持者の場合、I-94をまだ記入して提出する必要があるので、ビザ保持者はI-94の半きれを持っています。ビザウエイバーの観光で入ってこられるとこのI-94を持っておられないと思います。廃止前に入国されたとしても、そのI-94の色で観光でビサウエイバーで入ってきていることは明らかだとお思います。

問題点4.
融通の利く学校ですが、それは移民局に許しを得て行っていることなのでしょうか?留学生の扱いに関しては学校のポリシーやルールによって若干ことなることがありますので、私には何とも言い難いですが、通常そのやり方が許されているとは思えません。移民法詐欺とみられる可能性が高いです。

このように嘘をついて移民法のベネフィットを受けようとすると、詐欺とみられ、最悪の時には永久にアメリカに入国できなくなる危険もあります。

そうでなくても、90日を過ぎた後もアメリカに滞在すると不法滞在となり、後々ビザを申請したり入国するときに問題が生じます。例えば不法滞在が半年から1年未満の場合、3年間の入国ができなくなり、1年以上になると10年間入国できなくなります。 ご注意ください。

あまりお聞きになりたくない答えで申し訳ありませんが、今いただいている情報をもとに判断した結果です。スポンサーになってくれる会社の弁護士とよく相談されることをお勧めします。

下記のリンクがステータス変更申込みの説明です。移民局のwebsiteからのものです。
Control+Findで”visa waiverという言葉を追いかけるとvisa waiverで入国された人はステータス変更ができないことがかかれています。ご参考までに。
http://www.uscis.gov/files/form/i-539instr.pdf
http://www.uscis.gov/files/form/i-129instr.pdf
kkanaiをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
なるほど。色々大変です。

となると、方法としては90日間以内に日本に一旦帰国し、その際学生としてもう一度アメリカで勉強したいなどとアメリカを出る時に学生ビザとして次に戻って来るとその旨を伝え、晴れて次の入国の際にはF-1VISAとして入国する事が可能なのでしょうか?
専門家:  kkanai 返答済み 5 年 前.
下記のことが重要になります:

今お持ちのまだ期限が切れていないF-1ビサが有効とみなされるかどうか。というのも、学業を終えて、このF-1 Student のステータスにいったん区切りをつけた、このtemporary absenceが5か月以内の場合は"may be readmitted for attendance at a Service-approved educational institution . . ."(8 C.F.R. 214.2 (f)(4)).この時、有効なI-20を保持している必要があります。それと、"may be admitted . . ."とありますので、100 %の保障はできません。

もし、学生のステータスが切れてから5か月以上たっている場合は、もう一度ビサを取り直す必要がでてきます。

そして、以前のI-20がなぜ切れてしまったのか?切れた後に学校側がどのような処置をとったのかも考慮に入れる必要があると思います。

下記の外務省のページに5か月のBreakに関して説明しています。
http://travel.state.gov/visa/laws/telegrams/telegrams_2780.html

やはり、お知り合いの弁護士によく相談されることをお勧めします。

アメリカの法律 についての関連する質問