JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

legalsos2011に今すぐ質問する

legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 165
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

観光でアメリカにきています。アメリカに居れるのは観光ヴィザで90日間ですよね。でも手違いで帰国日が91日目になってい

質問者の質問

観光でアメリカにきています。アメリカに居れるのは観光ヴィザで90日間ですよね。でも手違いで帰国日が91日目になっていて、法律上違法になりますよね?このまま帰国日を変えずに91日目で出国するとなると、再度アメリカに入国するとき入国できないのかな?と心配です。ちなみに、入国した日は、4月17日で、帰国日が7月16日になってます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

アメリカは実際は去る者は追わず!のところがあり、日本のように出国審査はありません。

今だとESTAを使って入出国管理をされていると思います。帰りの手続きは航空会社のカウンターでします。

 

1日帰国が遅れたからと言って違法になることはないはずです。

滞在中風邪を引きどうしても飛行機に乗れなかったなど、色々な理由があります。

違法性だと認められるのは、不法滞在をして大体が仕事をされていた場合、処罰対象になります。

 

もちろん、一日でも長くいるとまともに税関の方に言ったら、大変なことになると必ず言うとと思います。政府のお役人ですので・・・でも、実際に何度も数日遅れて帰られた方がいますが、再入国はできています。

 

でも、万が一何か言われることを懸念されているのであれば、帰りの飛行機を今から変更された方が良いと思いますが、それはどうしてもできないのですか?7月の飛行機でしたらまだ変更が可能かと思いますが・・・いかがでしょうか?

legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 165
経験: Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先日は回答をありがとうございました。似た様な状況の質問なのですが、まだ間にあうでしょうか?

でも実際に何度も数日遅れて帰られた方が居ますが、再入国はできています。

のくだりで、理由があり数日ではなく3週間さらに伸ばしたとしても再入国は大丈夫でしょうか?こちら子供がいてその関係で延長するかどうするか悩んでいます。

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

ケースバイケースなのと、その時の運もあります。

アメリカは去る者は追わず・・・というところがありますので、出国検査がありません。

出国時の手続きは各エアラインが管理しますが、確実にアメリカから出ていくものを役人でないエアラインのグランドの職員が咎めることはしません。

3週間オーバーステイしたことはパスポートに記載はされませんし、エアラインのカウンターでESTAと連動して記録を残しているとははまだ聞いていません。

ですので、3週間オーバーステイした後、次回入国したとき、入国係官次第で止められる可能性があるかもしれませんし、ラッキーにもすんなり入国できる可能性があるかもしれないし・・・本当に何とも言えないです。

だた、90日間のビザなしのアメリカ滞在は、みなさん一度出国したらまたアメリカに入国して90日の滞在がもらえると思っていらっしゃいますが、それは一年間で90日であって、原則毎回出国することで与えられるものではないのです。

それを繰り返せばほぼ一年間滞在をしてしまうことになり、本来ならば膨大な手続きと申請料金を支払ってビザを得なければならないのですから、それを入管は取り締まる立場にあります。

お客様が何等かの理由でアメリカを往復なさっているのであれば、3週間のオーバーステイはなさらない方が賢明です。

先日もやはりアメリカを行き来されている方からご相談がありました。その方は必ず85日でアメリカを出国し、1週間日本に帰国、またアメリカに再入国を繰り返していたのですが、数回それを繰り返した後にはやはり入管でストップをかけられ、入国を拒否されてしまいました。

理由はアメリカに入国しすぎているとのことです。

お客様がこの方と似たようなケースで、アメリカと日本を頻繁に行き来されているのであれば、3週間のオーバーステイはお勧めしません。

次回の再入国の際、ストップがかかる可能性が出てきます。

どうかお気をつけなさってください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答をありがとうございました。やはりオーバーステイはまずいですね。

正直に言って毎回入国するたびにどきどきで、簡単な質問であっけなく入れるときもあれば色々質問されるときもありました。

税関では正直(?)に話ます。こちらに、子供の父親と子供が居て私が子供に会いに来たこと、もう一人子供が居るのでその子供は父親に会いにきたこと。父親はアメリカ人かときかれるので、はいといいます。(アメリカ人ではありません)

なぜ結婚しないの?と聞かれるので、2011年の震災で私の家族に不幸がありその関係で色々な手続きやらでこの往復状況が続いていること、その後結婚することなど。

過去の入国は、2011年8月30日から11月23日、2012年1月23日から3月6日、2012年4月17日から7月15日です。なお2011年7月まで学生ヴィザを持ってました。

さてここからが私の質問なのですが、入国拒否をされたら記録に残りますか?拒否後、再入国はどのくらいの期間待てば入国できますか?

今回は考えてませんが、再入国したら180日未満アメリカに居ることを考えているのですが、この場合はやはり違法になりますか?再入国はこの場合どのくらい待つことになります?過去の例などあれば教えてください。

思うのですが、パスポートを新しいのに変更したとしてこの場合過去のデータはアメリカの税関では追えない(分からない)ですよね?

またESTAの期間は2年間で、これもまた新しいESTAにした場合データは抹消されますよね?(指紋の件は疑問ですが)

再度宜しくお願いします。

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

お客様の場合、入国管理局はなぜフィアンセビザを取らないのか?不思議に思っているのです。お子様は二人いらっしゃるのですよね?

お子様のお父様はアメリカ国籍は持ってらっしゃらないのですか?

アメリカ人でなくてもアメリカ国籍を保持されているのであれば、フィアンセビザが申請できるのですが・・・

180日の滞在はやはり危険です。

オーバーステイで逮捕された場合、10年間は入国できないケースもあります。お子様に愛に来られている場合、やはり逮捕された後のことが心配です。

パスポートを新しくしたらまたデータは新しくなります。

しかし何度も同じことはできません。

お子様はアメリカで出産されたのですか?

お子様を通してグリーンカードを申請できることも可能だと思います。

あまり不法なことは考えず、是非法律に順守した方法を見つけられますことをおすすめします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

先日は回答をありがとうございました。

全くおっしゃる通りで法律にふれない方法をとりたいです。何度も同じこともしたくないし、当の私自身が今の状況でひしひしとそう感じております。

子供は2人でアメリカ国籍を持っています。私のパートナーは、アメリカ国籍を持ってません。

なぜそれではお金をかけてまで質問しているのかと言うと、今妊娠中で、3人目の子供にもアメリカ国籍を持たせてあげたいからです。

また今進行中なのですが、相続である金額が私に相続されます。金額は今はおおよそのことしか分かりません。その金額をアメリカのあるプロジェクト(EB-5というアメリカにある投資家向けプロジェクト)に投資しようか迷っています。この関連で質問が今後出てくるのですが、それらは後に質問するとします。

さて最初の質問内容に戻ります。前回の質問ですが、入国された場合記録に残るのですか?また、拒否されてからどのくらいの期間を待って再入国できるのでしょうか?

また子供を通じてグリーンカードを申請できるのでしょうか?子供は、4歳と1歳半なのですが。過去には子供が20歳未満でも申請できたと聞いたのですが今でも出来るのでしょうか?

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

おめでたなのですね。

おめでとうございます。

お子さんたちのお父様は永住権保持者ですが、アメリカ国籍を取るおつもりはないのでしょうか?

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=d84d6811264a3210VgnVCM100000b92ca60aRCRD&vgnextchannel=d84d6811264a3210VgnVCM100000b92ca60aRCRD

一番は国籍をおとりになって、お母さんとご結婚され、お母さんの永住権を申請するのが一番なのですが・・・

1)入国の記録は残ります。

2)拒否されても逮捕され起訴されなければ再入国は可能です。でも入管のブラックリストにのるでしょうから、また入国時に止められて別室行となり、取り調べのあげく次の飛行機で日本に帰れと言われる可能性が高いです。もしも入管で逮捕され強制送還をされたり、オーバーステイで強制送還をされた場合は、最高10年間入国できない可能性が高いです。

3)残念ながらお子様たちが21歳にならないとお母さんの永住権は申請できないですね。まれに20歳以下でもできるようですが・・・難しいと思います。本当に残念です。

Parent (if the U.S. citizen is over the age of 21)

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=9c8aa6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=9c8aa6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD

しかしながら・・・

家族は一緒であるべき観点から、永住権保 持者が家族の永住権を申請することが可能と書いてあります。これは時間がかかるかもしれませんが、申請してみるべきだと思います。ただし、パートナーの方(子供たちのお父さん)と結婚する必要があります。永住権保持者であっても、たとえば私の友人はお子さんがなく旦那さんがアメリカで仕事をするために永住権を申請し、奥さんである友人の申請を配偶者として申請をして、アメリカで夫婦とも永住権保持者として暮らしています。彼女たちも二年ほど日本で待たされたと聞いていますが、10年も20年も待たされるわけではありません。お客様の場合、お子様が3人いて、パートナーの方がすでにアメリカで永住権保持者として仕事をされているのですから、これが一番確実だと思います。

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=be1ea6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD&vgnextchannel=be1ea6c515083210VgnVCM100000082ca60aRCRD

ただし、やはりパートナーの方と結婚をしなければなりません。もしもそれが難しい場合は、EB-5を使うのも良い手かもしれません。

EB-5は5千万~1億円の投資をしなければなりません。

しかもそのお金は数年間動かすことができません。

投資は移民局が指定する不動産投資となります。

http://www.uscis.gov/portal/site/uscis/menuitem.eb1d4c2a3e5b9ac89243c6a7543f6d1a/?vgnextoid=facb83453d4a3210VgnVCM100000b92ca60aRCRD&vgnextchannel=facb83453d4a3210VgnVCM100000b92ca60aRCRD

でも最近なかなか取りにくいと聞いています。

お母様が学生ビザを取るわけにはいかないのでしょうか?

少なくとも5年間は滞在することができます。

色々ご事情があって悩まれているのだと思いますが、お子さんと離れたり、家族が一緒に暮らせないのはつらいと思います。

一番取りやすい方法でまずアメリカ滞在権を取るのが最良かと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧な回答をありがとうございます。

正直申しますと、パートナーはグリーンカードも、働けるヴィザも持ってませんが、11年くらいこの国で働いてます 。つまり違法ということになります。彼自身も好きな仕事をしているのでそれに関しては満足はしている様ですが、心のどこかで違法のうしろめたさやプレシャー、何かを隠しながらの状況はいやだと思っています。ましてや、私の今回の不幸な出来事や学生ヴィザが切れたことで何度も日本とアメリカを行き来し家族が離れて暮らし子供と暮らせずまた日々の成長が共に見れないこの状況がいやだといってます。私もこの状況が本当につらいのです。

1)彼は違法で働き、私は今のところは違法ではないが、行ったりきたりしているこの状況で子供の永住権(市民権?)を使いグリーンカードを申請できる権利はあるのでしょうか?

2)また、彼がこのようなバックグランドを持ち一度この国を出国したらどのくらいの間アメリカに再入国できませんか?やはり10年でしょうか?

3)彼が、例えば、私と子供達と何年間か日本で暮らし、結婚もし、EB-5の投資家の夫として再入国の選択をした場合、再入国はすぐにできますか?EB-5の投資家は1年位で、グリーンカードがもらえると聞きましたが。彼も同様でしょうか?

4)話は少しカナダの話になりますが、カナダの永住権保持者は、アメリカで合法的にヴィザが無く働けるのでしょうか?私の友人で、両親が日本人でカナダ育ちの(生まれはカナダかどうかは分かりませんが)友人がいます。彼女は、普通にアメリカで暮らし働いてます。もしアメリカのクリーンカードではなくカナダのグリーンカードを申請し、2年で永住権を得てカンダに住んだ場合、彼はカナダのグリーンカード保持者としてアメリカに再入国や仕事が出来ますか?もしカナダの事をご存知なら伺いたいのですが。

5)EB-5の投資金は数年動かせないとのことですが、数年後はうごかせるのでしょうか?動かせる金額はどのくらいなのか、詳しいことをご存知なら教えてください。

6》学生ヴィザをもう一度申請しようと、申請書を取り寄せ書き込み、家族の欄でパートナーのことを書かなければなりませんでした。彼のこの国のステータスを聞いている欄でうそを書くのか本当に事を書くのか迷い結局申請しませんでした。(彼のステータスだけの理由ではなく、私自身のJunior Collegeにいて4年生大学にトランスファーせずに、家庭の事情でヴィザが切れてしまったなど、色々なり優雅ありますが)

このような状況でまた申請し学生ヴィザはもらえますか?

宜しくお願いします。

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

外出していまして、今これを見ました。

明日、こちらの時間で朝回答させていただきますね。

よろしくお願いいたします。

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

期限切れとなっているので、これを読んでいただけるかどうかわからないのですが・・・

一応書きますね。

お辛いと思いますが、11年間の不法滞在は悪質とみなされます。入国管理法違反だけでなく、パートナーの方はここで不法に仕事をして税金を支払ってないことになっていますから、脱税も課せられます。万が一逮捕された場合、ただ国外退去を求められるだけでなく、刑務所に入れられる可能性も高いです。

即刻、日本に帰国されることをお勧めします。

前にも書きましたが、アメリカは去る者は追わず。。。というところがあります。

逮捕・起訴前であれば、そのまま飛行機に乗って日本に帰国することが可能です。

次に日本サイドです。

11年間も所在不明ということとなると、パートナーの方の戸籍も宙ぶらりんになっているはずです。住民登録が抹消され、納税もしてないので、戸籍の附表の回復が必要となります。多分、日本に入国するときも、入管の方に11年も帰国してなかったのですか?と聞かれると思います。それだけで、アメリカのように別室行などがあるわけではないと思いますが・・・

<質 問1>それは無理です。パートナーの方は90日のビザなしの滞在権がとっくに切れている状態なので、アメリカに滞在したまま永住権の申請は無理です。日本に帰国されて、日本でアメリカ永住権の申請をしなければなりません。でも、もしも永住権申請の前に逮捕・起訴された場合、永住権の申請はかなり難しいと思います。申請はできても、バックグラントチェックを受け、逮捕・起訴履歴を確認され、申請は却下されます。今、不法市民への取り締まりがとても厳しくなっています。逮捕されればパートナーの方は犯罪者となることをどうか念頭に入れておいてください。

<質問2>今現在、パートナーの方は逮捕されていませんから、今日本に帰国したらまた入国できます。10年間入国ができない・・・何年間入国ができないというのは、逮捕・起訴されそういう判決が下りた方に課せられた処分です。まだパートナーの方は捕まっているわけではないので、今日本に帰国したら犯罪歴が残りません。

<質問3>犯罪歴がご家族みなさん全員にない場合、EB-5だけでなくどのビザも一緒に申請することができ、ビザの発給は一緒にいただけます。でも必ず申請時点で、パートナーの方はお客様と結婚をして、配偶者となっていなければなりません。配偶者でない限り申請は無理です。

<質問4>カナダのことはわからないのですが、カナダ国籍の場合はアメリカの永住権が取りやすいと聞いています。友人で日本で生まれ育ち、カナダに移住して永住権取得後国籍を取り、今アメリカの永住権をもってアメリカで仕事をされているかたがいます。でも必ずカナダ国籍を取得しなければなりません。

<質問5>このEB-5のビザは州ごとに規定が違いますし、投資されるものによっても違いますので、一律に何年待てばどのくらい動かせるかということが言えないのです。一番有名なのはワシントン州の不動産投資で5千万円からです。

<質問6>色々な事情があると思いますが、ビザが下りる下りないは、ビザ申請者が犯罪履歴があるかないか、ビザ申請者が犯罪を犯す可能性がありアメリカの国益を損なう可能性があるかないかによります。お客様自身が日本、アメリカ、またその他の国で犯罪歴がない場合はまた学生ビザの申請はできると思います。家庭の事情でCompleteできなかったので今回は卒業したいので再度アメリカで勉強したいと言えると思います。

皆さんが犯罪歴のない状態で、再度アメリカに入国できますことを強く願っています。

とにかくパートナーの方を説得されて、経歴に傷がつかない前に帰国されることをお勧めします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

いつも丁寧な回答をありがとうございます。

期限切れになっているので。。うんぬんと書いてありましたが、月払い何度でも質問できるのコースで再支払い致しておりますので、最新の回答を読んだ後またメール質問させてください。宜しくお願いします。

ちなみになんですが、彼は税金を支払っております(月2回のチェックから税金分はsuch as Federal w/h, Social Sec., Medicare, Stateなど 引き落とされております)また、彼はいわゆる日本でいうと還付金を受け取っております。

では最新の回答を何度も読んだ後、疑問に思ったことなど質問させえて下さい。忙しいところ、ありがとうございます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

いつも丁寧な回答をありがとうございます。

期限切れになっているので。。うんぬんと書いてありましたが、月払い何度でも質問できるのコースで再支払い致しておりますので、最新の回答を読んだ後またメール質問させてください。宜しくお願いします。

ちなみになんですが、彼は税金を支払っております(月2回のチェックから税金分はsuch as Federal w/h, Social Sec., Medicare, Stateなど 引き落とされております)また、彼はいわゆる日本でいうと還付金を受け取っております。

では最新の回答を何度も読んだ後、疑問に思ったことなど質問させえて下さい。忙しいところ、ありがとうございます。

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

税金を支払っているのであれば、一度SSNのオフィスに行き、パートナーの方のSSNのStatusがどのようになっているのかを聞いてみたほうが良いと思います。聞いたからといって、その場で何か起こるとか逮捕されるとかそういうことはありません。SSNがActiveになっている=なんらかのビザか永住権があるのではありませんか?

一度SSNのオフィスでご自身のSSNのStatusの確認をされたほうが良いと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

毎回丁寧な回答をありがとうございます。

SSNの件は了解いたしました。また私も彼も子供達も犯罪暦はありません。

子供の永住権(市民権?)を使いグリーンカードを申請できる権利はあるのでしょうか?の質問に対して、それは無理です。パートナーの方は90日のビザなしの滞在権がとっくに切れている状態なので、アメリカに滞在したまま永住権の申請は無理です。日本に帰国されて、日本でアメリカ永住権の申請をしなければなりません。と回答を頂きましたが、少し混乱しています。

まず、子供がまだ21歳以下なので申請はできない、がひとつ。グリーンカード申請はこの国で滞在権がないとできないということでしょうか?

というの は、私の頭の中で、私がEB-5でグリーンカードを持ってこの国に1年後に入り、彼はそのままこの国に居てもらいアメリカで彼のグリーンカードを申請するというパターンでは?!と考えていたものですから。 このところを少し詳しく説明していただけますでしょうか? 逆にいうと、こういうことでしょうか?私も同じで、この国に居ながら日本に帰国せずにこの国に投資し、グリーンカードを取得出来ないということでしょうか?(今はご存知観光ヴィザで、学生ヴィザもありません)また何らかのヴィザをもっていれば、たとえそれが学生ヴィザで申請できると解釈する!でしょうか?

宜しくおねがいします。

専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

私もいろいろと調べています。

やはりご家族の皆さんが離れ離れなのは大変ですから・・・

その中でこのようなサイトを見つけましたけど、ご存知ですか?

http://www.investmentvisa.jp/us/eb5_outline.html

EB-5は期限付きのプログラムで今年10月で終了する可能性があるそうです。

原則としてどのビザもアメリカ国籍保持者が申請するビザ(アメリカ国籍の方との結婚など)でない限り、お客様の本国でビザ発給まで待機をしなければなりません。

もちろん、学生ビザ、就労ビザをすでに取っていて、アメリカに住んでいる場合は、アメリカ国内でそのビザから永住権に移行ができます。

アメリカ人と日本で結婚した場合も、奥さんとなられた方は日本に留まり、永住権の申請が下りるのをまたなければなりません。またその永住権申請中にアメリカに渡米することも原則禁止されています。法律的には申請中にアメリカに渡米してはいけないという法律はないのですが、入国時に不法滞在をそのままするのではないか?と懸念され、入国拒否をされる場合が多いそうです。

こちらのサイトがすごく役に立つかもしれませんので、添付しますね。

http://www.usavisa.jp/faq/visatrouble/index.html

こちらにも書いてありますが

ビザ無しで入国し、アメリカでビザ(永住権)取得をしたいと考えているのですが可能でしょうか?

  • いいえ、ビザ無しでは米国内において如何なるビザも取得できません。
    アメリカビザ・永住権の申請をする場合は、自国のアメリカ大使館で行ってください。
  • 要するにどのビザもアメリカ国内で申請することは無理なのです。

    日本のアメリカ大使館・領事館で申請をして、日本で待機、ビザ発給後に渡米ができる仕組みになっています。

    どうかEB-5のプログラムに関して、再度ご検討なさってください。

    このプログラムが今年10月に終了した場合、色々な面でまたお客様のプランが変わってくると思います。

    また、私はこのJustAnswerでは、弁護士さんを雇う前に色々知識を得る場所だと考えています。そのために私たちのような専門家がいるのだと思っています。

    お客様の場合お子様が3人になり、パートナーの方の色々な諸問題がありますから、是非色々な情報を得たのち、移民専門の弁護士さんにご相談されるのが一番だと私は考えています。

    質問者: 返答済み 4 年 前.
    毎回丁寧な回答をありがとうございます。

    一番最初の質問で、91日のオーバーステイの件ですが、アルビスジャパンのHPのよくある質問によると,1日でもオーバーステイの場合は、最悪入国が出来なくなるまたは、次回からヴィザが必要になる等)書いていますが、180度違う回答(再入国は大丈夫、大丈夫ではない!!??)にとまどっています。

    どう判断すればよいでしょうか?

    今自分自身で4月17日の朝アメリカに到着から7月16日の月曜日出発の日まで日数を数えたのですが、到着したその日が1日目との数えでいいのですよね?それとも、次の日の朝が1日と数えるのでしょうか?
    専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

    オーバーステイが見つかったら、次の再入国時に入国は拒否されます。

    このサイトはもちろん弁護士さんのサイトなので、1日でもオーバーステイの場合はNGと書いてありますが、実際に私にくる相談者の中で毎回オーバーステイしている方、何回も入出国をされているかた、はたまた日本で実刑判決を受けているにも関わらず2年間日米を行き来して入国拒否にあってない方もいます。

    これは実際にそういう方々から相談を受け、実際にその体験をお客様のようにやり取りで教えてもらっています。

    本当に入管のオフィサー次第のところもあって、これだ!というマニュアルがないのです。

    ただ、もしも入国拒否にあった場合、もしも入管で違法があったとみなされて逮捕された場合、オーバーステイ中にアメリカ国内で逮捕された場合など、最悪のケースを考えたとき、どの弁護士さんもそして私もアドバイスできることは、できるだけ法に触れるようなことはなさらない方が身のためです!としか言えないのです。

    運任せのところがあります。

    私も数えましたが、7月16日が90日目ですよ。1週間後の16日が出発日になると思います。一日目は次の日17日です。

    私が心配しているのは一日だけのオーバーステイよりも、次回入国時に止められないか?という心配の方が大きいです。すでに4月~7月まで滞在して原則一年90日間のビザなしの日数を使い果たしていますので、次の入国が心配です。

    必ず、日本に帰国するという証明を何か作っておいた方が良いと思います。日本で就労していることが証明されると一番良いのですが・・・妊婦さんが良く入国時に止められることがありますが、ちゃんと日本で雇用されていて、私は帰国して仕事に戻らないとダメなのです!という証明があると、入国時にスムーズに行くのですが・・・上司の方に英語で一筆書いていただき、サインをしてもらう、そういう手紙でも効果があります。

    入管で止められない方法の一つとして、カナダから入国するケースもあります。

    カナダ、バンクーバーまで行き、先にカナダの入管をストップオーバーとして通過、そのあと同じ建物内のアメリカの入管を通過すると結構簡単に行く場合があります。それも100%確実とは言えませんが、ロスで入国、サンフランで入国するよりも楽な場合があります。

    また、カナダ・バンクーバーで入国、そこでレンタカーをして、国境を超えることは、かなり空港の入管よりも厳しくないのは確かです。

    会いたい人がアメリカにいて、何度も何度も往復をしなくてはならない人はお客様だけではなく、色々皆さん考えているのです。でもどれも危ない橋なので、弁護士さんは絶対にNGと回答ですると思いますが・・・

    質問者: 返答済み 4 年 前.

    本当に親切な回答をありがとうございます。

    日数の件ですが、やはり16日が90日になりますよね。オーバーステイではないということですよね。でも、入国時にパスポートにスタンプを押されますよね。そのスタンプには、入国時の日付(APR172012)と帰国時の日付が押されており、出国の日は、JUL152012となっております。つまり、2012年の7月15日が出国日という意味ですよね。これはどう解釈すればいいのでしょうか?

    丁寧な回答をじっくり読ませてください。また質問や疑問がありましたらメール致したいと思いますので宜しくお願いします。

    専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

    そうなると・・・7月15日が出国日です。

    私も入管の日数の数え方がどうなっているのかはわかりませんが、スタンプの日数がすべてですので、残念ながら15日が帰国日となります。

    これでいくと、入国した日を一日と数えているのですね。

    15日に帰国日を変更するわけにはいかないのでしょうか・・・

    質問者: 返答済み 4 年 前.

    結局15日の出国日に変更しました。通常手数料及び変更料などかかるのですが、今回は向こう航空会社の時間とスケジュールの変更なども重なり支払いは請求されませんでした。

    さて、私の心配は次回の再入国という件にしぼられます。アドバイス通り何か手紙など持参しようと考えてます。仕事はしてませんので、上司に掛け合うのは難しいですが、以前仕事をしていた上司に頼むのも、いざとなったらの場合ですが、思案中です。

    手紙ですが、姉 妹にお願いするというのはありでしょうか?あまり説得力はないですかね。?例えば今考えているのが遺産分割の件を理由に妹に一筆書いてもらうと思っていますがこれはどうでしょうか?(実際今その話しあい最中で、私もこちらに居たりするので話し合いが進ままない、銀行の調査、回答待ちしているのも事実です)でも兄弟だと家族になるので、説得力はないでしょうか?また手紙などもっていて不自然ではないでしょうか?まるで事前に止められるのを分かっていたのか!みたいな感じもうけなくもなですが。。。。。。、そう感じるのは私だけでしょうか?

    カナダの入管をストップオーバーとして入国、その後同じ建物内のアメリカの入管を通過するという件ですが、それは同じ日にそれをいっきに行えるということでしょうか?同じ建物の中にカナダとアメリカの入管があるのですか?具体的に皆さんが取った手段がわかれば教えてください。

    また、次回再入国時で、”あまりにもアメリカに入国しすぎる”と言われたと仮定して、私の場合今回息子も娘もに日本に行くので一緒に再入国するのですが、息子娘は帰れとは言われませんよね?そうなった場合、私だけ帰国ということでしょうか?

    なお、アメリカの投資するのは9月末までというのは知っておりました。でもそれに投資したとして、私がアメリカに住めたとしてもパートナーにもグリーンカードが渡せない(彼は自分の国に帰らなければならないなどの理由で)なら急いで投資したとしても意味があるのかな?と感じております。

    専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

    帰りの飛行機を変更されて良かったと思います。変更手数料もかからず良かったです。

    1)手紙の件

    手紙は家族のも のでは説得はありません。第三者からもらわないとダメです。手紙の所持の理由は「妊婦は入国を拒否をされると聞いたから」と言えば良いと思います。でもこの手紙は向こうが入局拒否をしそうになったら見せればよいのであって、入国時に何も言われないのに見せる必要性はないです。あくまで入国の理由は観光なのですから。私の友人がカナダの本社で会議があり、アメリカシカゴ経由で入国するとき、やはり止められたそうですが、彼女は会社の名刺を提示して、妊娠8か月目でしたけどすんなり入国できました。私も主人に会いにアメリカに行き来するとき、上司からここの社員であること、自分の部下であり、いつから仕事をしていて、休暇が終わったらまた仕事をすることなどをかいてもらいましたが、入管で何も言われたなかったので使いませんでした。

    お客様の場合、日本で産婦人科の先生に書いていただくのはどうでしょうか?または財産分与の件で司法書士さんか弁護士さんをお雇いになっているのであれば、その方たちに今財産分与の件で協議中であり、本人は帰国しなくてはならないことを書いてもらうのも一つの手です。必ず英語で書いてもらってください。

    2)カナダの入管

    これは私も実際に経験しました。エアーカナダでバンクーバー経由でアメリカに入国。最初カナダの入国審査。そのあと、Transferの人は、アメリカ行きのConnecting Flightのターミナルの手前でアメリカの入国審査をします。通路のようなところでの入国審査となります。

    3)お子さんたち

    お子さんたちとお母さんはセットなので、お母さんが入国拒否の場合、お子さんたちも入国は拒否される可能性が高いです。特に1歳のお子さんは親と離れ離れにはしませんので、入国拒否をされるか、お母さんが嘆願した場合親子3人で入国がOKとなり、お母さんの滞在期間が90日ではなく30日や60日になる可能性が高いです。つまり、家族三人で30日後には出国してくれということになります。

    4)EB-5

    再度申し上げますが、アメリカ滞在権がない場合は、どのビザを取得するにしても、パートナーの方は日本に帰らなくてはならないです。でも、ここのところは是非移民法に強い弁護士さんと相談された方が良いと思います。もちろんお金はかかりますが、お客様の場合、EB-5で53万ドルの投資を考えてらっしゃたのですから、弁護士さんに相談をして、パートナーの方がSSNも持っていてTax Returnもされていて、どうやってアメリカ滞在をしながら永住権が取得できるのかを相談されることをおすすめします。もしかしたら、良い方法を見つけてくれる可能性が高いと思います。

    毎回入国時にドキドキされて、大変な思いをされていると思いますが、なるべく平静を保ち、向こうが何か聞いてたらそれに回答するようにして余分なことは言わないようにされた方が良いです。何の目的?と聞かれたら観光と答え、たとえば、ディズニーランドに行くとか・・・泊まらなくてもディズニーランド近くのホテルを予約してその予約表を見せるとか・・・滞在先の住所をホテルにして、ESTAの中の住所を変更するなど・・・工夫してみてください。それで、入国を拒否された場合は、残念ながらあきらめるしかないと思います。

    JustAnswer メディア掲載:

     
     
     
    Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
    10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
    justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
    法律に関する確実な回答が得られる。
    過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
    グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
    専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
     
     
     

    ユーザーの声:

     
     
     
    • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
    < 前へ | 次へ >
    • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
    • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
    • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
    • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
    • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
    • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
     
     
     

    専門家の紹介:

     
     
     
    • supertonton

      supertonton

      行政書士

      満足した利用者:

      3239
      中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
    • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

      supertonton

      行政書士

      満足した利用者:

      3239
      中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
    • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

      houmu

      行政書士

      満足した利用者:

      436
      行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
    • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

      rikonnsouzoku

      行政書士

      満足した利用者:

      181
      弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
    • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

      srlee

      社会保険労務士

      満足した利用者:

      41
      早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
    • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

      eokuyama

      弁護士

      満足した利用者:

      27
      University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
    • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

      hakase425

      弁理士

      満足した利用者:

      0
      -
     
     
     

    アメリカの法律 についての関連する質問