JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 190
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

グリーンカードに当選しましたが、私は統合失調症です。永住権取得できますでしょうか?

質問者の質問

グリーンカードに当選しましたが、私は統合失調症です。永住権取得できますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 5 年 前.

永住権の当選おめでとうございます。

 

一応下記のような場合は永住権はく奪対象となります。

グリーンカード申請資格剥奪事項(一部)

  • 国を問わず逮捕歴のある方
  • 危険な伝染病や、身体的、精神的に障害を持っている方
  • 麻薬常習・中毒者および麻薬売買や売春に関わったことのある方
  • テロやスパイ活動に参加した経験がある方
  • 独裁政党の党員やナチス戦犯
  • 米国において生活保護者となる可能性のある方
  • 過去に非合法的に米国に入国しようとしたり、不法滞在した方
  • 米国市民権を取得する資格のない方

ですが、お客様の場合、自己申告となりますから、アメリカ大使館が指定された病院での健康診断の時、そのことをあえて言わなければ永住権取得に問題がないと推測されます。

 

ただし、アメリカは資本主義の国です。お金があれば天国のような国ですが、お金がない、仕事がない場合はとても惨めになり保証もありません。とくに国籍が日本国籍でただアメリカに滞在権があるグリーンカード保持者は、生活保護などはなくとても大変です。

 

アメリカにこられて生活できる見通しがありのでしょうか?

お客様のご病気があっても、アメリカでお仕事をしないで、経済的に余裕がある場合ならアメリカでの生活をエンジョイできると思います。

 

お客様のご病気が原因で、ここアメリカでお仕事ができない場合は、お客様のご病気ということよりも生活が続けられないということで永住権が取得できないこともありますので、是非その辺を良くお考えになられますことをおすすめします。

 

 

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

提出する書類の中に

「精神疾患・アルコール中毒・薬物中毒で治療を受けたことがありますか?」

との質問に答えなければいけない箇所があると思いますが

「いいえ」に●をした方が良いのでしょうか?

 

アメリカでの生活はアメリカに両親が所持している家があり

そこに住む予定です。

生活費はアメリカで両親が貸している

コンドミニアムの収入があり

不足分は両親が日本から送金してくれるので問題ありません。

専門家:  legalsos2011 返答済み 5 年 前.

そのご質問はかなり重度の精神疾患の場合のはずです。

なので、お客様のご病気が原因で他人に危害を加えたことなどがない場合は、「いいえ」に丸をされた方が良いと思います。

 

私の知り合いに重度のパニック症候群と躁うつ病を患ってらっしゃる方がいます。すでに18年も抗鬱剤を服用されていますし、カウンセリングも受けています。彼はアメリカに会社を持っていて、お客様のようにビザ申請をしていますが、毎回この質問は「いいえ」にしています。もちろん彼はアメリカの支社では社長をしていますので、渡米もできていますし、ビザもとおっています。彼の中では、ビザ申請に不都合になるほどの精神疾患ではないと思っているようです。ビザ申請も今まで何か不都合がおきたことはありません。

 

お客様の場合、生活費にお困りではないようですし、問題はないと存じます。

 

 

 

アメリカの法律 についての関連する質問