JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

legalsos2011に今すぐ質問する

legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 165
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

娘が今、交換留学でインディアナ州にいます。高校2年生の17歳です。 今年の6月には帰国しないといけませんが、引き続

質問者の質問

娘が今、交換留学でインディアナ州にいます。高校2年生の17歳です。
今年の6月には帰国しないといけませんが、引き続きそこの州立高校に通いたいのですが、
その高校では、学生ビザの発行ができません。(I-20)が発行できません。

学校に確認しますと、その地域に居住できれば入学は認めるとのことでした。

今回の状況で学生ビザ以外で、アメリカに1年間滞在することができないのでしょうか?
時間もありませんので、具体的なアドバイスをいただけると助かります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

今現在はどのような滞在権(ビザ)をお嬢さんはお持ちなのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
交換留学ですので、J-1ビザになります。
専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

J-1のような研修ビザの場合、そこに書かれている学校以外の転校は無理だと思います。そこを辞めるとなると帰国しなければなりません。

 

基本的に外国人留学生の場合、特に中学高校の場合は、私立学校でないとすぐにはI-20は発行してくれません。

 

私立の高校に一年通うことはお考えになられてみましたか?公立高校は通常一年以上同じ地域に滞在したら、ローカルと認めてくれてI-20の書き換えができるはずです。どうしてもお嬢さんが日本帰国をしないで、続けてアメリカの高校に留学したいのなら、まず私立高校入学をおすすめします。

 

そちらの学校でJ-1からF-1ビザへの書き換え、またI-20の発行ができれば、滞在権を得る可能性が高いと思います。

 

もっとも、17歳ということであれば、後一年で高校卒業となるのでしょうか?でしたら、そのまま就学したいですよね。でも公立学校では難しいと思います。交換留学となると、そのスポンサー団体の方で帰国しなければダメだと通達はないのでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答いただきました内容は、インターネット上でも出ている一般的な内容ですので、私の問い合わせた内容とは、まったく異なります。今いるところに通いたいのです。
ほかの学校は、選択肢にありません。


J-1の交換留学生といたしましては、6月には帰国の予定です。

可能性として、州によってはステイタスチェンジのをほかの方からお聞きしましたので
帰国後に申請するよりは、滞在中 のほうが可能性が高いのではないかと思い、記載いたしました。
すでに現地のスポンサー団体には、日本の団体を通じて確認していますが、J-1可能性が薄そうです。

------
可能性として私のご質問をあらためて確認します。
一番聞きたいのは、以下の点です。

今回の状況で学生ビザ以外で、アメリカに1年間滞在することができないのでしょうか?

時間もありませんので、具体的なアドバイスをいただけると助かります。
専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

学生ビザ以外での滞在は不可能です。

お嬢さんは未成年ですから、スポンサーが必要な年です。

高校卒業されている、アメリカ国籍を保持されているなら、話は別ですが、日本国籍で高校就学中の身で、学生ビザ以外に滞在権はありません。

アメリカはテロ事件が多発しているので、たとえ日本人でも海外留学生に対しかなり厳しくなっています。

 

ポジティブな回答ができずに申し訳ないです。

でも、安易に滞在できるとは答えられないので、申し訳ないです。

質問者: 返答済み 4 年 前.
やはり、聞き方が悪いのでしょうか?
高校に通うには、、、 学生ということにとらわれすぎます。


現地でも20歳を過ぎた人でもこのエリアに住んでいれば通っています。



私がお尋ねしたいのは、できるかどうかは別にしてほかに住む方法がないかということです。学生以外でもかまいません。


聞き方を変更いたします。

たとえは、アメリカで起業して、最初からビザ(駐在員など)は、置けないかとおもいますが、B-1 マーケットリサーチなどで滞在することは可能でしょうか?

オペアも考えましたが、学歴が今のことろ中学卒業しかありませんので対象外でした。

また、F-1ビザが他団体が代行で発行できるビザを利用する方法はないのでしょうか?

また、ほかにも使用人ビザとかいろいろありますが、該当できそうなものはないでしょうか?



専門家:  legalsos2011 返答済み 4 年 前.

20歳以上の方はその方は未成年ではないので、その方がオペアなどのビザを使って滞在権を得ることは可能だと思います。

 

問題はお嬢さんが17歳でまだ未成年というところです。成人してないということだけではなくJuvenileというまだ保護観察が必要な年ということです。ほとんどのStatesで18歳以下の子供をさし、本人が一人で何かを行う権利がない年となっています。一人暮らしもできません。17歳の子供には権利がアメリカの社会でないとお考えください。ですから、J-1ビザしか発行されないのです。

 

使用人ビザはオペアと同じものです。18歳以上でなければ適応されません。

 

全寮制の私立の高校などに編入する以外、滞在権を確保するのは難しいと思います。

 

弁護士の方には相談されましたか?移民法を専門とされている弁護士の方を現地で雇うのが一番お母様に答えを見つけてくれると思います。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3239
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3239
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    436
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    41
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -