JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
eokuyamaに今すぐ質問する
eokuyama
eokuyama, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 161
経験:  NY州弁護士。米国公認会計士。監査法人、弁護士事務所を経て、現在、Ladas & Parry LLP(知的財産法)のOf Counsel。また、個人で、日本語で、気軽に、相談できる、アメリカ法全般、ビジネス・ロー全般を扱う事務所を経営している。
13871884
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
eokuyamaがオンラインで質問受付中

Twiteerでのプライバシー侵害・営業妨害・名誉毀損などに困っています。

解決済みの質問:

Twiteerでのプライバシー侵害・営業妨害・名誉毀損などに困っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  eokuyama 返答済み 5 年 前.
アメリカで弁護士をしております。NY州の弁護士です。

TwitterでのPrivacyの侵害や、ContentsがTwitter Ruleに反しているなどの相談を受けて、Twitterのサイトからの削除の依頼を受けたことがあります。正確には、やり方をお教えしただけで、この方の場合は解決しました。丹念にTwitterのサイトを読んでいくと全部書いてあります。多分、ご質問者の方も、同様の手立てをされたと思うのですが、犯罪行為であると確証が得られれば、警察に届ける、弁護士の申し立てで裁判所の オーダーを得て、Twitterの協力を求めて、アカウントの持ち主の特定することは可能です。

名誉棄損の件数次第の面がありますので、時間と料金は何ともここでは確定できません。Twitterはアカウントの保持者の情報を基本的に開示しませんので、一件ずつ警察や裁判所へのレポートや申し立てが必要ですので、こうした名誉棄損の事実をまとめるなどの作業が必要になりますので、どの作業を質問者様がされるのか、弁護士かアシスタントがするかで、費用は相当違ってきます。

以上、十分な回答になっていると良いのですが、詳しいお話は別途お聞きできればと思います。

奥山 英二 NY州弁護士
eokuyamaをはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問