JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 724
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

教えてください。 62歳で子供が生まれ、5歳の男の子がいます。

解決済みの質問:

教えてください。
62歳で子供が生まれ、5歳の男の子がいます。
私も高齢で出産したため、二人で力を合わせて子供を育てています。
主人が「T1/Ta」の「腎盂がん」と診断されました。
ただ、20歳の頃結核で腎臓を片方摘出しています。
担当医師は「摘出して透析」をすすめてきましたが、
透析には二の足を踏んでいます。
担当医師は重粒子治療や「焼く」という治療はやったことが
ないのでわからないとのことでした。
何か他の治療法はないのでしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 3 ヶ月 前.

大変な状況ですね。でもあきらめないでください。まず、尿管のどの部位に腫瘍ができているのか、それによって術式が異なりますので、相談者さんに当てはまるかどうかはわかりませんが、尿管鏡(にょうかんきょう)下あるいは経皮的腎温存手術(けいひてきじんおんぞんしゅじゅつ)は小さな腫瘍でT1/aであれば施行されていることが多いです。比較的良好な治療成績が報告されており、熟練した医師であれば腎温存も可能性としてあるとは思います。

まず今の担当医師は重粒子線治療などに対してもよく知らないなど少し頼りない印象は受けますので、下記で手術件数の多い病院でまずは相談することを強くお勧めします。

https://caloo.jp/dpc/disease/904

Dr.なかむらをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問