JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 699
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

転倒顔面強打して「顎骨骨折」の手術を受けました。この時全身麻酔での手術でしたが「オシッコの管」が入りました。手術の翌日こ

質問者の質問

転倒顔面強打して「顎骨骨折」の手術を受けました。この時全身麻酔での手術でしたが「オシッコの管」が入りました。手術の翌日この「管」を抜いたあとオシッコがうまく行かず、手術が金曜日でしたが
翌週の月曜日の朝に泌尿器科の診察を受けまして、再度オシッコの管を入れまして「タムシロシン」という薬が出て、月火水と薬を飲み、木曜日に診察を受けました。この時オシッコでたのですが出した後
まだ「500cc」ほど膀胱にあると言われ再々度管を入れました。その日の午後主治医の先生から「自己導尿」しないと言われまして頭がマッサラのショックでした。どうにか他の方法はないものでしょうか
どうか宜しくお願い申し上げます。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 11 ヶ月 前.

質問させていただきます。

排尿障害(おしっこがでない)の中で、尿がでない原因が何かという事が大事だと思います。

現在泌尿器科医から言われている診断はなんでしょうか?

また前立腺の検査などもされましたでしょうか?

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
21069;立腺は肥大していない・・・と言うことを話していました。
泌尿器科の診断ですがまだキチント診断書を受け取っていない状況です。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 11 ヶ月 前.

ありがとうございます。顔面を強打した際に頸椎(けいつい)という首の骨などの損傷はありませんでしたでしょうか?整形外科などで、頸椎のレントゲンなど撮影され、診察をされましたでしょうか?
一般的に頸椎の損傷があれば手が痺れたり、力が入りにくい、足のふらつき、などが生じます。
排尿障害の原因となる可能性がお聞きさせていただきました。

専門家:  Dr.なかむら 返答済み 11 ヶ月 前.

最後文章が変になり、申し訳ございません。排尿障害の原因となる可能性がありお聞きしました。
まず排尿障害の原因として、今考えられるのは前立腺に問題がないという事であれば、神経因性膀胱などが考えられます。

原因が何であるかは重要であり、まず頸髄損傷(けいずいそんしょう)などが合併していないかはチェックしておきたいところです。
膀胱内に尿がたまると腎臓などに負担が来て、腎臓障害などが起こりますので、今現在は残尿があり、自力排尿ができない以上は残念ながら導尿などで対応するしかありません。
しかし、原因を取り除く事で排尿障害は改善する可能性もありますので、その点原因をしっかりと診断する必要はあります。

また排尿訓練も重要です。
自己導尿を行う傍ら、自力で排尿ができるように訓練することで、導尿が不要となるケースもあります。
具体的には腹圧式排尿や用手排尿がありますが、尿が完全にできらない場合もあり、これは泌尿器科にて残尿をチェックしてもらいながら訓練していくなどの必要があります。

こちらの質問サイトでは診断ができない以上、例としてあげることしかできませんが、頸髄損傷による神経因性膀胱であれば、徐々に炎症が治まり、落ち着いた頃に自力排尿ができるようになり、回復した患者さんを経験したことがあります。
まずは原因が何であるか、そして自己導尿の重要性、排尿訓練に関する指導などを担当の泌尿器科医に相談していただくようにしましょう。

泌尿器科 についての関連する質問