JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

40代前半の女性です。時々、急な尿意があります。トイレに行きたいと少しでも感じてから我慢できそうにないくらいの尿意を感じ

解決済みの質問:

40代前半の女性です。時々、急な尿意があります。トイレに行きたいと少しでも感じてから我慢できそうにないくらいの尿意を感じるまでの時間がとても短く、時にちびることもあります。でもそれが、家に居るときの方がそうなることが多く、旅行中8時間くらいトイレに行けなかったときは我慢ができたので、気持ちの問題なのかどうか疑問なところです。水分を飲んだ後など、明らかに尿がたまっているときは我慢できないほどの尿意がありますが、それ以外の時はそうでもないのかもしれません。それから、時期的に毎日のように、毎回この急な尿意に困ることがあったのですが、1か月ほど後には自然になくなったという経験が5~6年ほど前から何度か訪れます。治療を受ける必要があるのか、自分でなにか改善できる方法があるのか教えていただきたいです。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  猫山司 返答済み 10 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。

①夜間も尿意で目が覚めることはありますか? あるとすれば何回くらいあるでしょう。

②排尿痛はないでしょうか。

③以下のサイトの質問票にお答いただき、総得点と問3の得点が何点になるかを教えていただけますか?

http://gogochiken.jp/urination-trouble/check/

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
9312;時々あります。あっても一回です。毎日ではありません。
②急な尿意がひどくてとても我慢した後からしばらくは、排尿痛がありました。ここ2週間ほどは平常です。
③ひどい尿意がある期間(1か月くらい)は総得点が13、問3の得点も5点です。一方、この状態がおさまると(2週間ほど前から現在に至るまで)は総得点が3点以下、問3の得点も0か1です。参考までに、私は毎日水分を意識して取るようにしています(1.5~2リットルくらい)。一度にコップ2杯ほど飲んだ後はたいていトイレに行きたくなり、時々このような状態になります。水分を特に飲んだ後ではなく、通常の尿意がある時は我慢できないほどでもありません。
専門家:  猫山司 返答済み 10 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

排尿は、脊髄⇒自律神経によって半ば自動的にコントロールされています(自分で排尿を我慢できるのは、最後の尿道括約筋のコントロールだけは随意的にできるからです)。

精神状態が自律神経に影響を及ぼすため、心因性の頻尿や失禁が起こることがありますが、一般的にこれは夜間睡眠時には症状が消失することで器質的疾患と区別されます(つまり、100%心因性の排尿障害の場合、夜間睡眠中は頻尿や失禁が起きないということです)。

相談者様の場合は、夜間の排尿のための覚醒が「あっても一回」とのことですから、心因性の頻尿の可能性は否定できません

また、インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 過活動膀胱チェック(OABSS)シートの結果は、「ひどい尿意がある期間」に関しては、過活動性膀胱を強く示唆するものです(問3の質問が2点以上でなおかつ全体の合計点数が3点以上であれば 過活動膀胱の疑いがあります)。

断続的に起こる過活動性膀胱、という考え方が、この場合はもっとも馴染むかもしれません

自律神経疾患である過活動性膀胱は精神的なストレスにもその病状が左右されますので、何らかの誘因があった場合に過活動性膀胱の症状が表面化するという可能性も考えられます。

尿失禁の場合、他の原因としては、男性では前立腺肥大症、女性では骨盤底筋群の緩みによる腹圧性尿失禁が大半です。

しかし相談者様の場合、腹圧がかかる状況で尿失禁が起こるわけではありませんので(「家に居るときの方がそうなる」)、これは否定的であると考えます。

下記のサイトから、過活動膀胱の治療を行っている医療機関が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、総合的な診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【~過活動膀胱[OAB]解決サイト~ 相談できる病院検索】

http://www.oab-info.com/search/

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問