JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右下の袋,睾丸が椅子,車に乗るとあたり痛くて動けない 泌尿器科,外科,整形外科,肛門にてMRI,レントゲン,エコー

解決済みの質問:

右下の袋,睾丸が椅子,車に乗るとあたり痛くて動けない
泌尿器科,外科,整形外科,肛門にてMRI,レントゲン,エコーで検査しても異常無い
腰部脊柱管狭窄症では無いと整形外科にて
毎日,腰に痛み止めのヒップ,ハイペンと言う痛み止めを服用し何とか動いております
痛いしましし立てなくなり、歩行が大変です
たまに尿漏れもあります少々,頻尿,尿が出ずらい
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
睾丸の感覚障害が起きていることは間違いなさそうですが……
少し補足情報を下さい。
①睾丸そのものに問題が無いことは、泌尿器科で確認されたのだと理解してよろしいですか?
②MRIは、整形外科で、仙椎・下部腰椎を撮影するために行われたのでしょうか。
③ご記載の症状はいつ頃から自覚されるようになりましたか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
1,そのとうりです
2, // //
3,3~4年前くらいから
平成20年8月にパーキンソン病にて現在も治療中です
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
睾丸の感覚は腸骨鼠径神経という神経によって司られています。
http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/okiraku/images/2015/02/05/innbudaitai.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑
この神経は、一般に、上部腰椎の間から伸びる腰髄神経の枝で、鼠径管を通って睾丸へと伸びます。
圧迫を受けるとすれば背骨か鼠径管(鼠径ヘルニア等)なのですが、整形外科、外科をそれぞれ受診されていますから、腸骨鼠径神経の圧迫を示唆するような所見は認められなかったのだと考えます。
実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんし、現実世界の複数の診療科を受診されても診断が付いていませんから、原因の解明は難しいと判断せざるをえません。
ペインクリニックを受診されてみてはと思います。
ペインクリニックは、
1. 原因不明の痛み
2. 原因はわかっているがその原因を取り除けない痛み
の治療に有用な診療科です。
相談者様の場合、「1. 原因不明の痛み」として受診されるということになります。
神経ブロック注射などが有効であることは期待できます。
下記のサイトから、ペインクリニックを検索することができますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。
【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pain.ne.jp/
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問