JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

18年前に定期検診で前立腺癌psa5.精密検査の結果発病注射と投薬5年間psa0・008お維持以後間歇療法5年後2.

解決済みの質問:

18年前に定期検診で前立腺癌psa5.精密検査の結果発病注射と投薬5年間psa0・008お維持以後間歇療法5年後2.0で再治療飲み薬お始め直ぐに以前に戻り現在数値1・0位以後抗がん剤治療になるとのことですが副作用が多いので飲み薬の新薬が発病にん成ったということですがこの様な経過でも使えるのかお聞きしたいなお抗がん剤わまだ使用してません
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに 返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さ い】

こんにちは。猫山と申します。

相談者様が仰られている「新薬」とは、エンザルタミド(商品名:イクスタンジ)、アビラテロン(同:ザイティガ)、(同:ジェブタナ)のことだと推察いたします。
https://www.carenet.com/news/general/carenet/38648
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ただしこれらも抗がん剤です。

前立腺や、そこから発生する前立腺がん細胞は、男性ホルモンによって成長する特徴があるため、前立腺がんに対しては、男性ホルモンを抑えるためのホルモン治療がまず行われます。
カソデックスやリュープリンはそのためのお薬です。男性ホルモンを抑えるため、これらの薬物による治療を「化学的去勢」と呼ぶことがあります。
日本ではあまり行われませんが、睾丸を摘出する本当の去勢が、前立腺がんの治療として行われることもあります。

昨年発売された新薬は、そうした、去勢治療によっても抑えきれなくなってきた前立腺がん(CRPC)に対する治療薬です。

現状、CRPCになりますと、抗がん剤による治療は避けられません。

相談者様はカソデックスやリュープリンによる去勢治療によって一度は改善し、しかしまた再発してきた、まさにCRPCですので、新薬の処方対象となりえます(相談者様のような患者様のために開発されたお薬であるとさえ言えます)。

従来の化学療法(抗がん剤による治療)を受けておられなくとも使用できる新薬もありますので、主治医とその使用可能性を相談されてみることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

※相談者様が仰っている「新薬」が上述のもの以外であれば別途検討させていただきますので、お手数ですが、返信機能にてお知らせ下さい。

猫山司をはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問