JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

硬貨大の腎臓結石が有り、食後胃が張ったときや運動のおり、鈍痛のため散歩もままなりません。 当地のドクターから、

解決済みの質問:

硬貨大の腎臓結石が有り、食後胃が張ったときや運動のおり、鈍痛のため散歩もままなりません。
当地のドクターから、腎臓の腫れもなし、このままにしておいたら如何ですか?と言われ、鈍痛を解消し、ゴルフにも復帰したい、、旨言ったら他の術式では無理なので、内視鏡手術で行きましょう、となって日程を予約しました。
実は、30年前に内視鏡手術を受け、石の半分を見失い(透視時間の制約?)、45日間入院しましたが、夜になると毎日40度の高熱が出て再手術できず、結局そのまま退院したいきさつがあります。
私が2例目の手術だったそうです。
そのため不安もあり、特に内視鏡手術は(言いにくいのですが)施術の技量により様変わりする、と聞いたことが有るので尚更です。
今ではかなり普及した術法なので、かなり手慣れたドクターが多いとは思いますが、特に注意すべき点が有るでしょうか?
硬膜化下血腫、急性膵炎、白内症、の入院歴は有りますが、アレルギー無し、血圧降下薬などは服用していません。
宜しくお願いいたします。          青森市 今村
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 2 年 前.
Dr-PUK :

こんばんわ。ご相談を拝見させていただきました。

Dr-PUK :

腎結石に対する内視鏡手術ということになると、TUL(経尿道的尿路結石砕石術)を予定されているものと考えます。

Dr-PUK :

基本的に、腎結石であれば、軟性尿管鏡というやわらかい機械を腎盂まで進め、その中にホリミウムYAGレーザーという

Dr-PUK :

装置で、結石を直視下にとらえ、小さく砕いて、バスケットカテーテルで抽出するという手術です。

Dr-PUK :

基本的に、腰椎麻酔という下半身の麻酔で行い、約1-2時間程度の手術になります。

Dr-PUK :

ご指摘のように、術者の技量に左右されるため、同手術を実際に受けられる医療機関で年間何例くらいされているのか確認して、

Dr-PUK :

あまりにも少ない場合は、別の医療機関を検討してみても良いかもしれません。

Dr-PUK :

患者さん自身が、きをつけることは、やはり、水分摂取をしっかりとして、現在よりも結石が大きくならないように心がけることでしょう。

Dr-PUK :

ご参考になさってください。お大事にしてください。

Dr-PUKをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問