JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

63才(女性)です。ここ2年位うすく血液のまじったようなおりものが時々出ています 婦人科では子宮の老化みたいなもの

解決済みの質問:

63才(女性)です。ここ2年位うすく血液のまじったようなおりものが時々出ています
婦人科では子宮の老化みたいなもので、、仕方がないと言われました
最近、がん検診を受けた婦人科ではただれていますので、軟膏(エキサルベ)を1ヶ月くらい塗っていますが、少しは減ったような気がしますが、、、
あまり変わらないようなら、一度泌尿器科へ行って見てください。と言われました
尿道カルンケル??の場合もということでした
自分ではおりものだと思っていましたので、迷っています
泌尿器科の診察を受けたらよいですか?
ご意見いただければ、有難いです
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 2 年 前.
Dr-PUK :

こんにちわ。ご相談を拝見させていただきました。

Dr-PUK :

症状として、血液のまじったようなおりものが時々認められるとのことですが、

Dr-PUK :

これまでに、明らかな目で認識可能な赤い血尿(肉眼的血尿)または、下着に血液が局所的に付着しているといったような所見を呈したことがおありでしょうか?

Dr-PUK :

確かに、60歳代の女性で、尿道カルンクル(またはカルンケル)を認める方は増えてはきますが、

Dr-PUK :

その場合の、主訴は、上述の下着への局所的な肉眼的血尿の付着であります。

Dr-PUK :

基本的に、この疾患は、加齢に伴って生じてくるもので、尿道の6時方向に生じる良性のポリープのようなものです。

Dr-PUK :

ですので、悪性腫瘍ではございません。

Dr-PUK :

カルンクルが増大してくると、外尿道口をカルンクルが塞いでしまうことにより、排尿困難も生じてきます。

Dr-PUK :

治療法は、基本的に保存的経過観察ですが、増大傾向や出血傾向が持続する場合には、手術でカルンクルを摘出いたします。

Dr-PUK :

ですので、上記のような症状を経験した既往がないのでしたら、様子を見ていて良いのではないでしょうか。

Dr-PUK :

それでも、ご心配であれば

Dr-PUK :

婦人科Drがおっしゃるように、一度、泌尿器科で診察してもらってもよいと思います。

Dr-PUK :

ご参考になさってください。お大事にしてください。

Customer:

わかりました。

Customer:

今までは、子宮からのおりものだと思っていましたので

Customer:

大変参考になりました

Customer:

でも、ちかいうちに一度、泌尿器科へ診察にいくつもりです

Customer:

ありがとうございました

Customer:

わかりました。





5:38 PM



今までは、子宮からのおりものだと思っていましたので






5:38 PM



大変参考になりました






5:39 PM



でも、ちかいうちに一度、泌尿器科へ診察にいくつもりです






5:39 PM



ありがとうございました



Dr-PUKをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問