JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

義母が10月末腸閉塞から腹膜炎を起こし入院しています。 93歳で糖尿病です。 入院してから背中の痛みと腹部の傷み

質問者の質問

義母が10月末腸閉塞から腹膜炎を起こし入院しています。
93歳で糖尿病です。
入院してから背中の痛みと腹部の傷みで随分辛そうでした。
腹部はパンパン腫れ、口から血液を吐いた りその後は胆汁?を吐き始めました。
昨日は吐き出す力がなくなってきて舌もダラ~となっています。
足もゾウのあしの様になり、昨日から酸素をを付け始ました。
このまま義母は痛みながら様子を見ることしかできないのでしょうか?
今は輸液と胃薬と抗生物質の治療中です。
このままの状態はまだまだ長引くのでしょうか?
私にはなにも出来ないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 3 年 前.

こんにちわ。御相談を拝見させていただきました。腸閉塞および腹膜炎および糖尿病ということで、泌尿器科疾患というよりも、消化器内科・外科疾患でありますが、泌尿器科医のサブカテゴリ-で質問なされておりましたので、私の専門外ではありますが、一人の医師としての見解を述べさせていただきます。まず、腸閉塞からの腹膜炎ということで、相当厳しい状況かと推察いたします。抗生剤および輸液管理、鎮痛剤といった対症療法を中心とした保存的治療

がメインとなることは、93歳という御年齢から考えても、致し方ないところかと考えます。もう少し、お若い場合には、侵襲的な外科的治療も検討の余地があるかもしれませんが、現状では困難かと拝察いたします。お大事になさってください。

泌尿器科 についての関連する質問