JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

2008年1月(1日~4日)に(左)尿管結石を患ったのですが、我慢している間に流れてしまい、レントゲン写真確認をした

解決済みの質問:

2008年1月(1日~4日)に(左)尿管結石を患ったのですが、我慢している間に流れてしまい、レントゲン写真確認をしただけで、特に処置も薬の処方もありませんでし た。5年後の本年2013年7月中旬~8月中旬(4週間位)に掛けて、左下腹部に痛みが再発し、我慢している間に左大腿部に痺れる痛みが広がりました。水を呑む量を増やして生活する内、治まりました。今後は、蓚酸を多く含む食品を避け、カルシュームと水分を多めに取る生活をすることで、再発は回避出来るものでしょうか。やはり再度泌尿器科を訪れて検査等を受けたほうが良いのでしょうか。またもし泌尿器科に行くなら何処の病院が良いのでしょうか。5年前に掛かった病院は現在紹介状がないと受け付けてもらえません。(因みに、埼玉県越谷市在住で、大手町に通勤しています。)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 4 年 前.

こんにちわ。御相談を拝見させていただきました。以前に尿管結石をされた既往がおありのようですので、今回も左下腹部痛が、左尿管結石の再発にともなう随伴症状であった可能性は十分考えられると 思います。現在、症状は改善されたとのことですが、視覚的に排石を確認なされていないのであれば、一度、泌尿器科で精査をお勧めいたします。というのも、結石に伴う疼痛発作は、排石の有無によらず、急性期(1~2日)を過ぎれば、消失してしまうものだからです。今後の、結石再発予防に関しましては、御指摘の如く、蓚酸を多く含む食品を避け、カルシウムと水分を多めに取る生活で宜しいかと考えます。尚、私は東京都在住の医師ですので、埼玉のどの病院がベストなのかといった知識は持ち合わせておりませんが、大学病院や400床以上あるような市中病院なら、どこでも、結石の診療ガイドラインにそった正しい診断と治療を行って頂けると思いますよ。お大事になさってください。

Dr-PUKをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問