JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

17年前に直腸癌の手術を受けました。2年後再発とされ再手術を受けました。人工肛門になりました 残尿対策として自己導

解決済みの質問:

17年前に直腸癌の手術を受けました。2年後再発とされ再手術を受けました。人工肛門になりました
残尿対策として自己導尿を指導されました。勃 起不全となりました。7年後再再発、仙骨前に癌の再発とされました。手術をすると歩行に支障が出る、大手術になるとのことで、ラジオ波照射をしました。
結果として癌は退治したようでct検査でも再発の診断は出ていません。しかしラジオ波での照射により膀胱に損傷を致しました。最近になり排尿時に血液が混じり導尿の器具も挿入困難となりました。
どのような治療をしたらよいのか質問を致します。ごしどうをよろしくおねがいします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 4 年 前.

こんばんわ。御相談を拝見させていただきました。御指摘の経過から考慮して、現在、放射線性出血性膀胱炎を生じている可能性が考えられます。もし、私の判断が正しいとすれば、かなり難治性な合併症ですので、止血剤や「きゅうききょうがいとう」という漢方薬の内服加療をお勧めいたします。お大事になさってください。

Dr-PUKをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問