JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

60才男性です。2013.8.13の人間ドックにてPSA4.4(2011.7.3PSA3.9 2010.7.22PS

解決済みの質問:

60才男性です。2013.8.13の人 間ドックにてPSA4.4(2011.7.3PSA3.9 2010.7.22PSA2.7)だったことから、9月3日再検を実施。直腸診異常なし、超音波では前立腺がやや肥大(10%程度)、頻尿などの尿の異常はない。これらの事から、一応がんも疑われるので、生検を勧められ(半強制的)予約を入れました。後日、東海大医学部付属病院の60~65才PSA正常値4.5以下の見解や他の本で生検のリスクも知り、今回の生検をキャンセルしました。来年の2月頃(半年後)、再度PSA検査を実施しようと思ってますが、この様な自己判断で大丈夫でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 3 年 前.

こんにちわ。御相談を拝見させていただきました。大丈夫かどうかは何とも言えません。PSA値が徐々に上昇し、基準値とされる4.0ng/mlを超えていることから、一回は生検を試みてみられることも有用 です。一般的にPSAグレーゾーン(4-10)の間で、前立腺がんが検出される割合は約2割と報告されています。ですから、その2割を高いと判断するか、低いと判断するかは、個人の私感によります。もちろん、前立腺肥大症に伴って上昇している可能性も十分考えられますので、次回の採血結果を見てから考慮しても遅くはないと思います。ただし、癌が仮に存在しているとすると、発見が半年遅れてしまう可能性もあることを考慮して、ご検討ください。お大事になさってください。

Dr-PUKをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

「基準値とされる4.0ng/mlを超えていることから」との文面からすると、先生は東海大医学部病院の見解(60才以上のPSA正常値6.5以内)は疑わしいとの判断なのでしょうか?もう1点お尋ねですが、穎川東京慈恵医大教授はPSA数値の自然増があり、半年から1年後のPSA検査で3割アップが生検の


目安と本に書かれてました。私の場合、前回の質問時に書いてましたが、2012年と2013年では3割増加してませんが、やはり生検は必要と思われる、これについては、どうお考えでしょうか?


  

専門家:  Dr-PUK 返答済み 3 年 前.

PSA値の正常値に関して、年齢別に考慮する見解に関しては、私自身は否定的です。確かに、欧米では、PSA値のcut off値を4.0で区切ると、臨床的に問題とならないような癌(insignificant cancer)を検出する可能性が高まり、不必要な生検を増やしてしまうリスクから、PSAスクリーニング自体を疑問視する流れが御座います。また、慈恵医大の先生が執筆 されていることに対して、妥当な見解かもしれませんが、一概にPSA値だけでは何とも申しがたく、前立腺体積や、フリーPSA値との関係など、幾つかのパラメーターを総合的に判断して生検の妥当性を考慮すべきです。この問題は、現在の日本泌尿器科学会でも統一した見解は未だ定まっておらず、施設ごとに生検の基準を定めて実施されているのが現状だと思います。ですので、慈恵医大の先生が申されていることに従うということであれば、それでもいいと思いますが、あくまでも私個人の視点からは、4.0を超えている場合には、一度は生検を試みて、結果が陰性であれば、その後の上昇の程度により再生検を検討するようにしています。

泌尿器科 についての関連する質問