JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

92歳の父が 前立腺がんと尿閉による排尿障害になっていて、ぼうこうに尿が500ミリリットルがたまった状態ですが、すて

質問者の質問

92歳の父が 前立腺がんと尿閉による排尿障害になっていて、ぼうこうに尿が500ミリリットルがたまった状態ですが、すてんとを入れる手術でよくなるでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 3 年 前.

こんにちわ。御相談を拝 見させていただきました。御指摘のステント留置術とは、お父様のように御高齢で、できるだけ体に侵襲をかけたくない時に行われることが多い手術です。一般に、前立腺部の尿道に、メモカスというコイル状の形状記憶製品を留置します。そうすることで、前立腺部尿道が物理的に広がり、排尿困難を解消するというものです。尿漏れに関する括約筋は、外尿道括約筋と言って、前立腺部の遠位側(尖端部)に存在し、そこにはメモカスが来ない様に留置するので、失禁しっぱなしということにはなりませんが、場合によっては、血尿や尿道炎を惹起したり、メモカスが膀胱内へ落ち込んだり、変形したりと欠点も御座いますので、その点も含めて主治医の先生によく相談されることをお勧めいたします。

泌尿器科 についての関連する質問