JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-PUKに今すぐ質問する
Dr-PUK
Dr-PUK, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 128
経験:  日本泌尿器科学会所属泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr-PUKがオンラインで質問受付中

51才男性です。 ペニスの先端部分と根本にオデキが出来ました。 二週間くらい前から、腰から性器を中心に神経過敏になり

解決済みの質問:

51才男性です。 ペニスの先端部分と根本にオデキが出来ました。 二週間くらい前から、腰から性器を中心に神経過敏になり、全体として痛みを伴っていましたが、外側に露出して来た感じです。 痛みはオデキが出来たことによってその部分に集中するようになりました。 一年前に腰に〝癰″と診断されるオデキが出来て以来、なかなか治らず苦しんで来ましたが、その関係のような気がします。 皮膚科のお医者さんには糖尿病との関連を指摘されました。 糖質を少し制限するような食事に変え、一次は癰の膿みもだいぶ収まったのですが、最近また油断 して普通に糖分を摂ってしまい、その影響かとも考えます。 また空腹時血糖値は昨年の110から今年は103にまで下がり、それも油断を招いた要因です。 食後の血糖値はまだ計測してもらったことはありません。 父親が糖尿病なので、内科医の先生からは気をつけろ、と言われ、食後すぐの血糖値を計りなさい、と言われております。 ペニスの状態は、幹部が少し腫れ、中心部分は最初三つくらいの黒い点から始まって今はそれが大きく融合するような形で赤黒く7mm程度の面積となっております。 それが根本にもあるわけです。 痒みと痛みがあります。 耐えられないものではまだありませんが、どんどん大きくなったら困ります。 どうぞご診断よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  Dr-PUK 返答済み 4 年 前.

こんにちわ。ペニス先端部と根元にオデキのようなものができているとのことですが、痛みも伴っているとのことですので、まずは性感染症を除外診断する必要があると思います。性感染症の中でも、性器ヘルペスや、梅毒感染、尖圭コンジローマといったものが除外診断になると思います。糖尿病による血流障害から、皮膚壊死をきたすことも勿論考えられますが、ほっておいては治りが遅くなってしますので、可能な限り早急に、泌尿器科へ受診をお勧めします。お大事になさってください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

アドバイス有難うございました。


 


内科、皮膚科、泌尿器科、とどこに行けば良いのか分かってませんでしたが、まずは泌尿器科に行って診断を仰ぎたいと思います。


 


日に日に悪化してゆくので、今日にも行かないと明日からの行動すらままならなくなってしまいそうです。

専門家:  Dr-PUK 返答済み 4 年 前.

そうですね。できるだけ早く、受診されて、適切な診断・治療を受けてください。

お大事にしてください。

Dr-PUKをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


早速泌尿器科に行ったところ、性病、あるいは皮膚ガンではないだろうとのことでした。


 


これでとりあえず安心してまずは皮膚科に行けます。


紹介状も書いていただきました。


 


最終的には内科になろうかと思います。


 


自分としては、血糖値関係、あるいは20年前からちょっと苦しんでいる慢性蕁麻疹との関係かな、と疑っております。


 


古い油を使って料理していたことがあり、全身くまなく蕁麻疹に襲われ死ぬ思いをしました。 特に呼吸困難気味になり、一時は右腕がパンパンにうっ血して、あまりの痛さに眠ることが出来ないほどでしたが、10回くらい深呼吸をするとサーッと血流が良くなり、真っ青に二倍にもなった右腕の色と大きさが徐々に回復して眠れました。


病院で2,3回診ていただいたのですが、「手の施しようがないから薬も出せないし、安静にするしかありません。」と言われ、自分で対応するしかなかった経験でした。


その後、身体のどこかしら末端部分に蕁麻疹が現れる傾向があります。


 


最近は症状がだいぶ治まって、足裏の皮膚ボロボロくらいの状態でしたが、ここ半年の炭水化物制限で、一時は両足ともツルツルになりビックリしました。


 


しかしながら、空腹時血糖値=103、というまずまずの数値に安心して、甘いドリンクは飲まないようにしておりますが、お菓子類は少々食べてしまっております。


ご飯類は、一日お茶碗一杯、くらいと決めております。


 


皮膚科は一年通って、あまり良くなりませんでした。


決定打に欠ける診断と処置ですね。


 


一番の改善策はやはり食生活と生活リズムなのかもしれません。


 


病は結局自分が作り出しているもの。


 


そのあたりよくよく考えて生活して参りたいと思っております。


 


まずは、大病ではなさそうなので、安心しました。


 


本当に有難うございました。

泌尿器科 についての関連する質問