JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医ー泌尿器科関連の救急を含む
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 4173
経験:  ER救急医、准教授
61793059
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

左側 睾丸肥大

解決済みの質問:

左側 睾丸肥大
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

左の睾丸が肥大しているという情報しかないのですが、具体的にどういうことなのか、何をお知りになりたいのか、教えてください。
いつからこうなっているのか、
泌尿器科は受診されたのか、
排尿は問題がないか、
どれくらいの肥大なのか、
持病や服用されているお薬はないのか、
などなどです。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.


1.1ヶ月位前から、左側の睾丸が右側睾丸に比較して3~4倍程度に肥大していることに気づきました。現在のところ自覚症状はありません。


 


2.泌尿器かは受診しておりません。排尿等に異常はありません。


 


3.睾丸腫瘍が心配ですが、特有の症状を教えてください。


 


4.現在服用中の薬は ウラリット ザイロック(100) オルメディック20


ノルバスク5mgの4種類です。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事をありがとうございます。

そういうことならすぐに、一日も早く泌尿器科を受診されるべきであると思います。

ふつう、精巣にできる腫瘍は肥大する以外にあまり症状は出ないです。

つい最近ですが二例の精巣ガンの患者さんを診ました。
ひとりは40代の方で右側の腎臓のあたりにひどい痛みがありました。
それで、腎臓結石を疑って腹部のCT検査を受けていただいて偶然に睾丸のガンが見つかりました。
睾丸の肥大については一言も私に言われなかったのですが(恥ずかしいので)彼には睾丸が生まれつき降りていなくて腹部にあったのに大きくなるまで睾丸を元の陰嚢の位置に戻す手術を受けなかったそうです。
そのせいでだと思うのですが、その元腹部にあった精巣がガンになっていました。
右側の痛みはガンが尿管に転移していて腎臓が腫れていたためでした。

二人目はなんと20歳の若者。
彼も精巣の肥大に気がついていましたがなかなか口に出せず、2年も放っておいて見つかったときにはもう全身転移していて。。。というケースでした。

これらの二つのケースに共通していることは睾丸の肥大が恥ずかしくてなかなか受診ができなかったこと、実に受診するような切迫した症状がまったくでなかったためなんですね。

どうか受診されて下さい。
このサイトで私にできることはあなたの背中を押すことです。

最近はどのような腫瘍でも適切な治療を受ければ治る時代になっています。
精巣腫瘍はとにかく見つけたら早くすべてを手術によって取り除いてそして細胞診にまわします。
そしてそこからどのようなものであるのかを見極めてからさらなる治療方針を固めるということになります。

超音波でだいたいのところは見当がつきます。
腫瘍マーカーも血液で検査し、胸部レントゲンも撮ります。これは転移しやすい場所なのでレントゲンを撮るのです。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
なんでも対応しますよ。

http://www.urol.or.jp/shimin/hospital.html

こういう施設なら質の高いケアが受けられると思いますよ。
参考にされて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

アドヴァイスを有難うございます。


今年5月頃、会社での健康診断を受診し血液検査で腫瘍マーカーのチェックを行っておりますが、その際には何等異常は告知されませんでした。


 


当然、睾丸腫瘍でも血液で異常チェックがされると思われますが如何でしょうか?


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
睾丸の腫瘍マーカーは特別なものです。
ふつう調べませんよ。

AFPや、βHCGや、LDHというものです。
一般の検査では含まれていないはずです。

docmmartをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問