JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 救急医ー泌尿器科関連の救急を含む
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 4173
経験:  ER救急医、准教授
61793059
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

始めまして、30代の男性(未婚)です。 陰嚢の腫大についてご質問させていただきます。 7年前のある日(2

解決済みの質問:

始めまして、30代の男性(未婚)です。

陰嚢の腫大についてご質問させていただきます。

7年前のある日(2005年4月)を境に突然両睾丸(具体的な部位は分かりませんが)が
少しずつ腫大していく症状に見舞われています。
大きさ的には3倍くらいに大きくなっ ています。今は胡桃大くらいで柔らかさはありません。

腫大していった分、陰嚢のサイズにゆとりがなくなってしまい、寒冷問わず常時パンパンの状態に
なってしまい、陰嚢の付け根に常時圧迫痛を感じます。特に座位の場合、陰嚢にゆとりがないため、
玉の部分を上部に調整できず、常にお尻の下で体重の圧力を受けることになり苦痛があります。
また最近は陰茎が陰嚢の大きさにのみこまれ陥没気味になり、湿疹気味になりました。

この7年間、病院を回りましたが

・血液検査の結果悪性腫瘍ではない
・陰嚢水腫ではない
・見た目、触診ではどこもおかしくない
・やや腫れ気味だが大きさは正常の範囲内

以上の所見のみでなかなか解決に至らず、仕方なしに我慢している状態です。
とはいうものの最近は圧迫痛に我慢することに日常生活上の限界を感じてします。

悪性腫瘍や陰嚢水腫でもなく、一般的な触診でも判断が付かない
特殊なケースというものがあるのでしょうか?


関係があるかどうか分かりませんが参考程度7年前当時の発症に至るまでの過去一年間(2004~2005)の
経緯を挙げておきます

1・1年前より陰茎の違和感
2・4ヶ月前に陰嚢の熱感を感じる(一日で症状は治まる)
3.1ヶ月半前に仮性包茎の削除手術を受ける(その際縫い目から大量出血し翌日再手術、その後も度々出血)
4.3日前にひと月半以上行っていなかった射精を実施


長々と申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 泌尿器科
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

見た目、触診ではどこもおかしくない
やや腫れ気味だが大きさは正常の範囲内

という部分がどうもひっかかっていておそらくどの専門家からもお答えがついていないことと、私には診察や視診がまったくできませんので私自身も躊躇していました。

医師の診察とあなたの3倍くらいに大きくなっていると主張されている部分の差は大きいと思いますよ。
その点に関しましていったいどう思われますか。

最後に超音波を受けられたのはいつでしょう。
どうやら今年は触診のみで終わっているようですが。。。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。よろしくおねがいします。


 


医師には「大きくなった」と言う点をお伝えしているのですが、


 


「現時点で異常があるかどうかでしか判断できない」


「大きくなる前の状態を診ていないので大きくなったとは言えない」


「大きさには個人差がある」


 


というお話になってしまい、大きくなっている点を強調しても


押し問答になってしまい


では詳しく診てみましょうという流れにならないのです。


 


最初と最後にMRI検査を受けたのは2006年です。


2008年にもう一度同じ病院に再検査をお願いしたら


酷い喧嘩口調で何処も悪くないんだからもう来るなと言われ検査して


いただけませんでした。


 


その頃と比べてもさらに大きくなっているのですが


医師を納得させる客観的証拠になるものが無いのが痛いところです。


強いて言うならば2006年のMRI検査画像のコピーが手元にあります


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
今勤務中で、お話がゆっくりできません。
あとで書かせていただきますのでよろしくお願いいたします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それではお答えを、と言いますか私の提案を書かせていただきます。

泌尿器科医にとって睾丸の大きさはいつも何人もの睾丸を触診していますので触ってみて大きさにかなりの異常がなければ検査はしてもらえないでしょうね。

ただし、もし睾丸に痛みがあるとなれば別です。
あなたの場合、痛みは増えた大きさからと決め付けておられますが、ほんとうの理由は他にもあるのかもしれませんよ。
例えば慢性の前立腺炎などですね。
前立腺炎でも睾丸に違和感が出ます。

http://www.catvy.ne.jp/~saitouhh/sohdan/013.html

それで、受診される時のコツですが、大きさの心配のことを前面に出さずに痛みの原因を調べてもらってはいかがですか。
泌尿器科医にとって激しい睾丸の痛みは絶対に無視できない症状で、私も十中八九超音波をかけます。

今回泌尿器科を受診される時に、睾丸に激しい痛みがあり、我慢ができないと言われたらいいと思います。
そしたらきっと画像診断も含めて尿検査や前立腺の検査もしてくれるはず。
それで、大きさ等もわかりますからその時点で大きさに問題が客観的にあるようでしたらその時点で泌尿器科医が対処してくれると思います。

http://www.urol.or.jp/shimin/hospital.html

このサイトにある施設なら質の高いケアが受けられますよ。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

アドバイスありがとうございます。


 


痛みを前面に出せば検査もしてくれる可能性が高いとということですね。


よくわかりました。


 


その上で診察時の話の切り出し方について


もう少し詳しく伺ってもよろしいでしょうか。


 


 


自分で理解している痛みの原因は


睾丸が大きくなったことによる陰嚢への圧迫感、重厚感からくる


構造上の痛みだと思っているのですが(分かりにくくて申し訳有りません)、


 


その詳細は敢えて医師に説明せず


「痛い」と言う方が調べていただける可能性が高いということでしょうか。


 


文章でなく図などで構造的に示せば何故痛いのかは理屈として


説明できるのですがそのような説明はしないほうがよろしいでしょうか?


医師の方々は私が説明しようとすると「まず診せてください」と仰るので・・・


 


そして触診では医師の「どこが痛いのですか?」という質問に対して


いい切り返しの返答ができません。


睾丸そのものが痛いわけではないので、


場所を示すことができません。


大抵はここで話が終わってしまうのです。


 


 


「圧迫痛」、「牽引痛」という言い方をしたことがありますが、


そうではなくストレートに「睾丸(全体)が痛くてたまらない」と


訴えたほうがよいのでしょうか?


 


「どの部分が痛いのか触って示してください」という


医師もいらっしゃいますが


圧迫された陰嚢の付け根を示すのではなく、


敢えて漠然と睾丸全体を示すべきなのでしょうか。


 


触診時に「(ある部位を触って)ここが痛いですか?」の質問に対して


私はそこから痛みが発生しているように感じないので「痛くない」と


答えてしまうことがあります。そして「そこが痛くないなら問題ない」と


いうことになってしまうのです。


 


何度もすみませんが診察の際の受け答え方について


もうすこし詳しくアドバイスをいただきたいと思います


 


よろしくお願いいたします

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事をありがとうございます。

痛みがあるのは事実ですので、睾丸が腫れるような感じで痛んでしょうがないとおっしゃればいいです。
まんざら嘘ではないでしょう。

それでどこが?
と聞かれれば全体とお答えになればいいでしょう。

そうすればちゃんといろいろ見てくれるはずですよ。
docmmartをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

親切にアドバイスいただきありがとうございました。


 


今は事情によりすぐに診察に行く時間が作れないのですが


教えていただいたことを参考に話してみようと思います。


 


また質問させていただくこともあるかもしれませんが


その際はよろしくお願いいたします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
もちろんです。

いつでもご指名くださいね。

こちらこそありがとうございました。
docmmartをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問