JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
annay-expertに今すぐ質問する
annay-expert
annay-expert, パラリーガル
カテゴリ: イギリスの法律
満足したユーザー: 0
経験:  Test
100481276
ここに イギリスの法律 に関する質問を入力してください。
annay-expertがオンラインで質問受付中

イギリス大学院進学における学費トラブルについて

質問者の質問

初めまして。この秋よりロンドン市内の大学院に進学したものです。それに先立ち7月から要求された英語の基準を満たすため、同大学が主催するプレセッショナルスクールに参加していました。8月に突然「諸事情によりコースを開催しないことになった」とメールで知らされ、コースディレクターと相談したところ、1)同じ学部の他の学科に転科、2)他の大学に転校(自分で交渉)、3)一年後に延期 の選択肢を提示されました。2)については、今のところより学費が高く、プレセッショナルの学費とそれに伴う生活費を払ってしまったため、金銭的な余裕がありませんでした(プレセッショナルからは途中で辞めるのであれば、リファンド出来ると言われましたが、それだけリファンドされても、余裕がありませんでした)。

3)については、仕事を留学を 理由に退職したため、帰国して無職で過ごすにしろ、就職するにしろ一年でまた退職となると、現実的には難しいと思い、期日が迫ったため1)を選択しました。

しかし、変更した学科は私が全く精通する分野では無く、
選択コースなども当初の予定と変更され、私の取りたかったものはなくなっていました。

英語力にも不安があったため、言われるがままここまできてしまい、
現在もう新学期が始まっていますが、大学の対応に納得出来ないことが多く、
ご相談させていただきました。

通常他の生徒の話を聞くと、オファーレターを貰った時点で、
コースが開催されない可能性があるなら言及されているのが一般的だと聞きました。



自分でももう一度コースディレクターに話を聞いてみたり、Student Unionに相談してみようとは思いますが、法的に大学に責任を追求することは出来ないでしょうか?

もっと早く 知らせて貰えば、仕事を辞めることや、プレセッショナルコースをとる必要はなく(期間が一年あれば日本で英語の試験を受け同様の基準を満たすことができます)、一年延期、もしくは最初から他の大学を選択することも出来たかと思います。

具体的にはプレセッショナルコース、学部の授業料や生活費、航空券など一切のかかった費用の返還を求めます。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答頂けましたら幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: イギリスの法律