JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1035
経験:  dasdasd
84237273
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

昨日、自宅に不在者通知書で書留郵便(配達記録)が届いていました。差し出し人は、警視庁運転免許本部とありました。

質問者の質問

昨日、自宅に不在者通知書で書留郵便(配達記録)が届いていました。差し出し人は、警視庁運転免許本部とありました。
私は、平成26年12月21日の深夜中央高速のオービスに撮影されて、出頭をある理由で拒否しつづけ、今年の6月28日に逮捕され翌日に釈放されています。その後しばらく音沙汰もなくすぎていましたが、9月17日に警視庁から検察官からの要請ということで、近くの警察署で当日の通行ルートを地図で明示され調書をとられました。その後、10月27日に検察庁で検察官から呼ばれて再度調書をとられました。内容はスピード違反
の速度につて130キロとの記録について、自分は105キロしか出していない旨をはっきりと伝え、検察官も両方がはっきりとするためには、裁判をするしかないと言っていてその場は終わりました。その際検察官が、警察からの処分は終わりましたかと聞かれ、いえ、その後何も連絡はありませんと答えました。その後1週間後に、配達記録郵便が警視庁運転免許本部よりきましたが、どのような内容で、受け取り拒否など可能でしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

おそらくですが,行政処分の関係なのではないでしょうか。

スピード違反では,道路交通法違反ということでの刑事事件としての処分と,

運転免許の停止や取り消しなどの行政処分とがあります。

この二つは,必ずしも連動していないので,刑事事件としての罰金は支払ったが,免許取り消しの連絡はまだ来ていない,という人もいます。

運転免許本部からの通知なので,これまでの違反点数の関係で内容はわかりませんが,免許停止の連絡であれば,講習を受けると停止期間の短縮などといった話になっていきます。

受け取り拒否をされても,行政処分手続は別の方法で通知することですすんでいきますが,仮に停止期間が短縮される可能性のある違反なら,

講習を受けるとするのか,

それともあくまで違反の内容が違うから,行政処分の取り消しを求めて争うのか,ということになります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;と、1ヶ月たらずで刑事態が事項になりますが、は普通にこの時期にこのような連絡が来た場合、時効まで引き伸ばすことは可能でしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

文章が誤植になっているようですが,刑事事件の公訴時効があと1か月足らず,ということでしょうか。

おそらく,検察官も入っているので,時効にはかからない時期に検察官が処理すると思います。

検察官の起訴処分は,こちらの意向とは関係なくできますから。

質問者: 返答済み 1 月 前.
26152;日、配達記録郵便を受け取ってきました、内容は、今回の違反点数が50キロ以上の違反で12点で前歴が1件 違反点数6点だったので、合計18点になるためか、
意見の聴取会を11月24日の午前9:00に行うとの通知でした。参加の有無と本人か代理人の参加にしるしを付けて返信する旨のはがきがありましたので、本人が参加にしるしをつけて本日郵送しました。当日は、私は、速度の50キロ以上については認めていなく処分も確定していないはずなのでどのような態度でいけばよいのでしょうか。出来れば免許取り消しは、仕事にも影響するので絶対に避けたいのですが。
あとあと、変な印象をもたれて不利な判決がでるのはさけたいのですが。ただ、制限速度60キロの高速道路で130キロで走っていたとの記録ですが、当日の自分の記憶では、オービスの所だはメーター105キロだったのを確認しています。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

不利な判決が出るのを避けたい,ということと,争っていくこととの両立がなかなか難しいところですが,

130キロの自覚はなく,105キロであることを聴取会で述べていくしかないでしょうね。

意見聴取会は,裁判のような手続ではなく,手続上,意見を聞いておく,というものです。

ですから,意見を聞かれるだけですから,こちらの言い分を述べておく,ということになります。

今後,処分が出されますが,後はこれに対して,不服申立をしていくかどうかということになりますね。

bhsy202をはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 24 日 前.
12473;ピード違反で刑事事件の起訴状がきて、裁判で争うことになりましたが、その前に行政処分の公聴会の連絡が来ています。裁判で争うむねを伝えたら、処分は保留になるのでしょうか。12点で累積点数18点になりますが。
専門家:  bhsy202 返答済み 23 日 前.

保留にはならないと思っておいていいと思います。公聴会はあくまで手続上,こちらの意見を聞く,というものなので,

こちらの意見を聞いた上でも,処分が妥当と判断すれば,行政処分は出されます。

質問者: 返答済み 23 日 前.
12354;りがとうございました。しかしこの場合もし刑事事件での裁判で勝訴して刑が取り消された場合の行政処分の方は取り消されるのでしょうか?
もし、免停期間があった場合とかはどうなりますか?
質問者: 返答済み 21 日 前.
12354;りがとございます、明日意見聴取会にいってきますが、もらった通知書の裏をみたら、運転免許証持参で当日から行政処分を実施するため、自動車は運転しないでおいでくださいとかいてありました。弁護士先生の話だと意見を聞くためのよびだしとありましたが、どうなんでしょうか。
その場で不服申し立てはできるのでしょうか?
専門家:  bhsy202 返答済み 20 日 前.

意見聴取自体は,処分のための意見を聞くものです。その後,行政処分を出すかどうかの判断をされるわけですが,先にも書きましたとおり,処分が妥当と判断すれば処分は出されますから,即日ということもありうることにはなります。

不服申し立てとしては,行政処分の取り消しを求めていくことになるので,不服審査,その間の行政処分の執行停止を裁判所に求めていくことになります。ですから,その場で不服を申し立てても,残念ながら,直ちに撤回されるというものではありません。

専門家:  bhsy202 返答済み 20 日 前.

刑事事件で勝訴したとして,行政処分が直ちに取り消されるわけではありませんが,裁判の結果をまって処分そのものが見直される,ということはありえるところです。

免停期間というのは,誤った行政処分で停止されていた免許などのことでしょうか?誤った行政処分をしていたとなると,あとは,国家賠償請求訴訟で,誤った処分で受けた不利益を賠償してもらう,ということは可能になります。

交通事故 についての関連する質問