JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 126
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

長文となりますが、某社における個人間カーシェアリングでのトラブルについてご相談させて下さい。

質問者の質問

長文となりますが、某社における個人間カーシェアリングでのトラブルについてご相談させて下さい。
MTのドイツ製スポーツカーをお借りしたのですが、返却後四ヶ月程経過した後、オーナーより、クラッチから異音がするため修理点検を行なった とのことで連絡がありました。
グリスアップに掛かった金額を請求されており、さらに消耗が激しいためクラッチオーバーホールにかかる費用の半額を請求されています。修理点検費用は事後報告(オーナーに対するカーディーラーからの請求書を後から開示されました)です。
オーバーホールにかかる費用に至っては見積書は出てきておりませんし、グリスアップで済む修理内容から推測すると必要の無い請求の可能性があります。
ハイパワーカーで、クラッチだけで発進する必要があることを後からネットで調べて理解しましたが、借りた当日そのような説明や実演はありませんでした。
お借りした当日、クラッチが予想以上に重く、何度かエンストしてしまったり、故意でなく必要以上にエンジンが吹け上がってしまったのも事実です。
途中、焦げ臭いにおいがしていたので、心配になりオーナーに対し、その旨を報告しましたが、回転数を上げると良くある事なので気にしなくて大丈夫です、と途中返却等は求められませんでした。
会員規約、オーナーの定めた規約の他に、当該オーナーについては乗車前に誓約書への同意と記名を求められました。また返却時のチェックの際にも同様に記名を求められました。(既に必要経費を払って待ち合わせたので、半ば強制でしたが。)
その誓約書の内容では、負担をかける運転をした場合、修理必要な状態とみなし、実費精算するという内容が含まれており、ドライブレコーダーにて確認したとのことです。
また、故意でなくても同様とのことです。
ちなみに当日故障して動かなくなった訳ではありません。
そこで
1、順当な手順としては、相談があり修理見積を行い、合意の上で修理をするのが普通だと思いますが、事後報告の請求に答える義務が生じるか否か?(契約書ではなく誓約書のため法的拘束力が生じるかわかりません。)
2、未だ見積書のない費用請求内容について、見積書を出してもらい算定根拠を探るのは順当だと思いますが、有無を言わさず請求額を支払う義務は生じるか否か?
3、借りた時間は7時間程ですが、その間にトラブルが生じたという立証責任はオーナー側に生じるか否か?
4、扱い方の説明、途中での報告時に適切なアドバイスを行わなかったオーナー側に管理責任は生じるか否か?
5、以上を勘案した場合の過失割合はどのように考えれば良いか?
期限を決めたいと言われているため、急ぎではあります。
アドバイスをお願い致します。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  koutouji 返答済み 2 ヶ月 前.

車については詳しくないため、回答者としては適任ではないかもしれませんが、

1、車の操作方法について適切な助言があったかどうか。

2、車の操作は、適切であったか。

3、不具合が生じた原因は特定されているか。

4、その原因は説明不足から生じたものか、操作の誤りによって生じたものか。

5、修理箇所は、操作の誤りによって生じた範囲の箇所であるか。

6、金額は適正であるか。

そこであなたの質問に対しては

1、合意の上で修理箇所、修理の範囲を検討するのは当然

2、算定根拠の説明を求めるのは当然

3、立証責任はオーナー

4、オーナーに説明義務を怠った過失あり

5、過失割合はこれだけではわからないので上記を参考にあなたが判断

以上参考意見です。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12372;意見頂きありがとうございます。
再度クラッチオーバーホールにかかる費用の半額を請求している根拠として見積を依頼した所、見積相手方の請求に関して、クラッチ脱着、グリスアップの費用のみの請求と、突然話のすり替えが行われました。
(対話記録はメッセージとしてカーシェアリングのアプリ、サーバーには残っています)この場合、当該請求については不当請求と見なせますか。根拠として見積を依頼しただけでは合意とみなせず支払義務は生じないと存じますが、いかがでしょうか。また、クラッチ脱着、グリスアップの費用のみの請求というのは、ディーラーから相手方に対する請求なのですが、相手方から当方宛への請求書が正式にない場合、どのように扱えば宜しいのでしょうか。クラッチ脱着、グリスアップの費用に関しても、オーナー側の立証責任の範疇で、これまでに行った整備点検記録(走行距離11087km)、当方が利用(104km)してからクラッチ脱着までの利用状況において、資料を請求することは可能でしょうか。利用した104km、8:45の利用時間負荷をかけ続けたとして、そう簡単に現況のようになるとは考えにくいため。
専門家:  koutouji 返答済み 2 ヶ月 前.

1、見積もりを依頼しただけでは支払義務は生じないね。

当たり前だがね。交通事故では過剰修理がよく問題に

なるね。

2、責任の範囲を決めるために点検記録が必要なら請求

したほうがいいでしょう。

3、あなたが負担するのはあなたがあなたに責任のある

範囲ですね。

4、その範囲でお考え下さい。

5、車好きな弁護士が回答してくれるといいのですがね。

終わります。

交通事故 についての関連する質問