JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 123
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

約2年前の交通事故で私(妻)が運転、夫が同乗、交差点で対応の右折車と衝突、双方が怪我、当方は2人とも怪我、責任割合でもめ

質問者の質問

約2年前の交通事故で私(妻)が運転、夫が同乗、交差点で対応の右折車と衝突、双方が怪我、当方は2人とも怪我、責任割合でもめたので弁護士に依頼し、裁判の結果当方30:相手70の責任割合が確定し、対物の賠償は終結、私の怪我は当初から人身傷害保険で対応し示談は完了済、相手自賠責(JA共済)への求償も終了している。同乗の夫も当初から人身傷害保険で対応し、本年3月にようやく示談が完了、JA共済には、昨年9月に自賠責120万円の限度オーバーの求償及び今年2月に後遺障害事前認定を申請しているが、処理が多はばに遅れています。JA側は、夫に先天的な脊柱管狭窄症があるとの理由で怪我と事故との因果関係に疑義があるとの理由で求償の振替も後遺障害事前認定もされていない状態です。事故で仕事を失い、現在は年金のみで生活、夫は現在も健康保険で通院中であり、生活に困窮しています。夫の主治医は明らかに後遺障害だと言っています。保険会社も困っており、対応を弁護士に依頼し、被害者請求によりJAに請求するといっています。弁護士特約は付保があるので問題はないと思いますし、対物でお世話になったときの弁護士さんが対応していただけるとのことでひとまず安心はしていますが、この先どうなるか、また本当に生活に困窮しているのでなるべく早く後遺障害部分の賠償を得たいと考えています。今後の対応をご教授下さい。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  koutouji 返答済み 1 月 前.

弁護士さんのほうで今後交渉するでしょう。

また、示談あっせん仲裁機関が、ありますので

調べてもらうといいでしょう。

それでも折り合いがつかない場合は裁判に

なりますが、主治医の意見書がものを

言うと思いますので、比較的早期に決着

が図られると思いますね。

交通事故 についての関連する質問