JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1035
経験:  dasdasd
84237273
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

交通事故の被害者、夫が他界し遺族年金受給中、自宅で個人事業を営んでいるが確定申告はしていない、仕事のないときをえらんで通

解決済みの質問:

交通事故の被害者、夫が他界し遺族年金受給中、自宅で個人事業を営んでいるが確定申告はしていない、仕事のないときをえらんで通院しているので休業はない、自宅で成人した娘と生活、このケースで自賠責の家事従事者としての休業損害は認められるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

はじめまして。

申告はしていないということですが,役所の所得証明も,所得なし,非課税ということででるのですよね?

生活をどうやって営んでいるか,そういうことにも関わってきますが,

家事従事者であるとすると,その旨の申告書を作成する必要があります

書式はありますので,それに記入するだけです。

家事従事者を前提とすると,通院しているときには家事を休んでいることになるので,家事従事者としての休業損害の対象にはなってきます。

もっとも,自賠責だと,日額は決まっていますので,それほど高額になるわけではありませんが。

おそらくは,申告はしていないものの個人事業としての売上を何らか証明して,休業損害を計算するのと,主婦としての休業損害を算定するのとで,

どちらが高額となるか,変わらないのなら主婦として考えた方が出しやすい,そういう判断になってくるかと思います。

bhsy202をはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問