JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 957
経験:  dasdasd
84237273
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

初めて相談させて頂きます。

解決済みの質問:

初めて相談させて頂きます。
昨年のクリスマスに、息子(当時17歳)が、バイクでクリスマスイベントのツーリングに参加し、後方を走行していたバイクが警察の追跡を逃れる為に飛び出して来た為、衝突を避けようとしたところ転倒し、逮捕されました。現在 息子は、試験観察中で、今月審判を予定しております。
ただ、事故当時に息子が乗っていたバイクは、主催者(17歳)所有のバイクで、現在は少年院に入所している為、主催者の両親から私共が、損害賠償請求を受けています。
当初 私共は、事故前の状態に復活させるための修理費用は弁済させて頂きますが、事故前の不具合等までは賠償出来ないとお話しました。
主催者の両親は、あまりにも一方的だと激怒(誰が、事故前の状況を証明出来るのか?事故から半年近く警察の証拠品として押収放置された状態だから、事故直後とは状況が変わっている等)し、レッドバロンに見積もりを依頼した後、修理代金が高ければ、新しいバイクの購入を検討してもらうと言われました。
見積もりの結果、電話で50万3900円との事で、見積もり書を郵送後に払う様に言われました。
主人が、一年前に30万円で購入したバイクの修理代が50万はおかしいと抗議し、事故前の状態を知っている主催者(17歳)が帰って来てから、改めて話し合いをする事になりました。
しかし先日主催者の両親から、主催者(17歳)が出所する前に解決したいと電話があり困惑しています。
お聞きしたい事は、法的に、どこまで私共が損害を賠償しなければいけないのか?という事です。
① レッドバロンへの見積もり代金やバイクの輸送料(主催者の両親が勝手に依頼)
② 事故後、警察所で証拠品として押収され、放置された事で生じた不具合等
③ 事故の前からの不具合等
④ 今後 主催者(17歳)の出所が長引いた場合、バイクの保管状況によって生じた不具合等
他にも何か予想される事があれば、教えてください。
ちなみに、息子は、逮捕直後に担当刑事から、バイクのエンジンは掛かるので、エンジンには問題無いと言われたようですし、現場検証でも、バイクの何処を破損させたか確認し、鑑別所を出所後、主催者の母親からレッドバロンへ見積もりの為、輸送する際に警察所に呼ばれたので、私と行き、事故で破損した箇所の写真も撮って来ました。
息子はバイクに詳しく、自分でも修理出来るのですが、バイクの状態を見る限り、自分なら3万円位で直せると言っていました。
ただ、現在 試験観察中であり、家庭裁判所の遵守事項にバイクに乗らない、係わらない等の項目があるので、息子が修理する事出来ません。
現在 息子は、深く反省し、自分のバイクや備品等も処分すると同時に、バイクとは無縁の生活をしています。
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  bhsy202 返答済み 1 年 前.

ご心配な点が4つ書かれていますが,

まず,出発点として,こちらの不注意,過失でバイクを損傷してしまった場合,その損害額を賠償しなければなりませんが,

その際の損害額は,通常は修理費で,修理費が時価相当額を上回る場合は,時価相当額まで,です。

50万円を超える見積もりですが,1年前に30万円で購入したバイクについて,まず事故当時の時価はどれくらいだったのか,を調べる必要があります。

年式や,走行距離などの関係でのある程度の査定になるかもしれませんが,レッドバロンなどであれば算定可能でしょう。

その金額が借りに20万円だとすれば,賠償する金額は20万円までです。

見積代金やバイクの輸送料については,損害額算定にやむを得ないものは,支払わなければならないと考えておいた方がいいと思います。

勝手に頼んだとか,こちらが手配すれば無料だった,などとあるかもしれませんが,

自走できない状態であればやむを得ないことといえます。

事故前の不具合について賠償する必要はなく,そんな不具合があるなら時価評価も低くなるでしょうね。

その後に生じた不具合については,今回のツーリングというものが,警察に追われるようなものであったとすると,

いわゆる共同危険行為,集団での暴走となって,道路交通法違反で検挙されているということではないでしょうか。

これを主催していたとなれば,このような警察に追われる事態になりうること,そのようなことは分かっていた,ともいえます。

そうすると,検挙されてバイクが押収されてというのは,ある意味では主催者も覚悟していたことではないのか,

そうなると,警察で保管されるということは十分ありうることであって,

そこで何かあったとすれば,一緒に暴走したメンバーがこれを負担するというのはおかしな話であって,

仮に問題があるとしても,それは警察の保管上の問題として,国家賠償請求で処理されるべき問題です。

よって,これらを賠償する必要はなし。

現在,試験観察中なのですよね?だとすると,家裁の調査官にも面接を繰り返しているでしょうから,そこで状況を相談してみるのもひとつです。

bhsy202をはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問