JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

高速道路で80キロ制限の道で109キロ29キロオーバーと言われ、止められました。私にそんなに出ている、気がしなかった

解決済みの質問:

高速道路で80キロ制限の道で109キロ29キロオーバーと言われ、止められました。私にそんなに出ている、気がしなかったので、認めず、反則切符にも、制限速度の、印字された、用紙にもサインせずに、振り込み用紙のみを、受け取ってきました。なお供ジツ調書にはサインしております。(供ジツ調書作成時警察官は、3文字程度文字をカッコ使って挿入しましたが、そのことは、調書には、かかれていませんでしたたとえば3文字挿入とか)この場合、このままいけば、どのようになるのでしょうか。
私は、身体障害者の父(一級)母を載せており、父が、トイレに行きたいといっても、40分以上その場にとどまり、もうすぐですからと、言いながら、時間をかけておりました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
違反について否認はされながらも、反則切符自体は受領されたということですね。この場合、受領された仮納付書で支払いをされれば、通常の違反を認めた場合と結果的に同じです。納付をせず、放置した場合は、郵送で通告書と納付書が送付されてきます。
本来であれば、2回目に送付されてきた納付書の期限内に納付がなければ、次は警察と検察から呼び出しがあり、起訴されるか不起訴となるかの判断がなされることになるのですが、実務上はその後も何度も納付書が送られてきたり、納付するよう催促の手紙が届くのが一般的です。その後、最終的には警察・検察に出頭するように呼び出しがきますが、この回数や期間に決まりはありません。今回の場合ですと、否認で調書をとられていますので、いきなり呼び出しが来るかもしれません。
この場合、警察から呼び出しがありもう一度調書をとられたあと、次に検察で調書をとられます。地域や違反の内容によっては、一度の呼び出しで、同じ日に続けて聴取が行われる場合もあれば、別々に呼び出されることもあります。
最終的にご質問者様の主張が認められれば、不起訴処分となり、そのまま何の呼び出しも連絡もなく、事件処理は終了となります。主張が認められなければ、後日裁判所からの呼び出しがあります。
なお、実務上不起訴になった場合でも交通違反点数の抹消はされません。また、単に点数が付いたことを争う手続きはないため、これの抹消を求めるためには、不起訴処分となった後に県警に行って交渉を行うことが考えられるほか、法律上の手続きとしては、実際に免許停止処分や、免許の更新時にゴールド免許でなくなったなどの、具体的な不利益が発生して、初めて異議申し立ての手続きが可能になります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
反則切符も受けとていませんが、納付書のみ受け取りました。
今回の場合、私の主張が、認められる可能性は、高いのでしょうか、低いのでしょうか。
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
違反を否認された際に、青切符をいらないといったり、受け取りを拒否されましたか?
拒否されたのであれば仮納付書の交付はあやまりです。また、先の説明にありました、納付書が届いたり、督促がきたりということもありません。直接調書を取るので出頭してくださいから始まります。
こちら側が、トラックのように走行速度を記録していれば、反論材料になりますが、現実としては、警察が測定した結果があるだけで、こちらに有利な証拠は何もない状態です。
従って、起訴されてしまいますとほぼ確実に有罪となるでしょう。
有罪となった場合には、反則金と同額程度の罰金刑となるのが一般的です。
現実問題として交通違反の否認事件をすべて起訴していると、警察や検察も処理しきれないという実情もあります。そのため、警察は反則金を支払わせようとしますし、検察も略式手続きという簡単な裁判をすすめてきます。(但し、略式手続きは書面審査で行われる裁判で、こちらに有利な証拠はありませんから、事実上有罪しかない裁判です。)
呼び出しに応じないなどの不誠実な対応をしていれば、在宅起訴や最悪逮捕という可能性もありますが、きちんと対応して争われるということであれば、半日×2-3回は出頭される覚悟で望まれる必要はあるものの、不起訴になる可能性は経験上半分以上はあるように考えます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい青切符はもらっていません。もちろん署名もしておりません。
今回私は、愛媛県在住、違反場所は、大阪府ですが、出頭は、大阪府になるのでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
車のある場所は、遠いのですぐには確認できませんが、ドライブレコーダーに、画像等は、あると思います。
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
出頭は、違反地を管轄する警察署、検察庁などになります。
ドライブレコーダーの画像があるのであれば、それは反論材料として利用できる可能性がありますが、画像からの速度解析をどのような方法で行うかが問題になりますね。(主に費用面)
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問